TCP スマート暖房自動化手順
TCP スマート暖房オートメーション

  1. ホームページからSMARTメニューへ
  2. 右上の + アイコンを使用してスマート オートメーションを開始する
    ヒーターオートメーション
  3. リストからデバイスの状態が変化したときを選択します
  4. ヒーターを選択してください
    ヒーターオートメーション
  5. 機能メニューからCURRENT TEMPERATUREを選択します
  6. より小さいアイコンが選択されていることを確認し、目的の最低温度を選択します
    ヒーターオートメーション
  7. スマート オートメーション リストから RUN THE DEVICE を選択します
  8. ヒーターを選択してください
    ヒーターオートメーション
  9. 機能リストからSWITCHを選択してヒーターをオンにします
  10. オンが選択されていることを確認します
    ヒーターオートメーション
  11. 機能一覧からMODEを選択
  12. HIGH HEATモードを選ぶ
    ヒーターオートメーション
  13. 目標温度を設定するには、機能リストから TARGET TEMPERATURE を選択します
  14. ヒーターがオフになる目標温度を設定します
    ヒーターオートメーション
  15. 機能リストから OSCILLATION を選択すると、ヒーターを回転させるための Oscillation 設定を選択できます。
  16. メニューからヒーターを振動させるかどうかを選択します
    ヒーターオートメーション
  17. [次へ]をクリックします
  18. スマート オートメーションは、特定の時間に動作するように設定できます。 これを行うには、有効期間を選択します
    ヒーターオートメーション
  19. カスタムを選択して特定の時間を設定します
  20. 自動化の開始時間と終了時間を設定する
    ヒーターオートメーション
  21. リストから REPEAT を選択します
  22. 自動化が機能する日を選択してください
    ヒーターオートメーション
  23. 必要に応じてオートメーションの名前を変更し、保存して終了することができます
  24. 自動化タブにヒーターの自動化が表示されます。 オンになっていることを確認してください
    ヒーターオートメーション

ドキュメント/リソース

TCP スマート暖房オートメーション [pdf]手順
暖房の自動化、アプリによる暖房の自動化

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *