シェルパのロゴストームルーフラック
取扱説明書

ハードウェアのチェックリスト

正確なハードウェアの色数は、チェックアウト時に選択したオプションによって異なる場合があります。 SHERPA The Storm ルーフラック fig 1SHERPA The Storm ルーフラック fig 2

あなたが始める前に

このラックを取り付けるには、屋根にドリルで穴を開ける必要があります。 これに慣れていない場合は、評判の良いインストーラーに連絡してください。

TNUTS の使用

SHERPA The Storm ルーフラック fig 4

SHERPA The Storm ルーフラック fig 5

フェアリングアセンブリ

必要なコンポーネント:
6×1/4インチ~20×1/2インチ
6x 1/4 インチ平ワッシャー
6x トゥナッツ
クロスメンバーのスロットに 6 個のナットを落とし、フェアリングの穴に合わせます。 1 個の 4/20 インチ -1 x 2/XNUMX インチのソケット ボタン ボルトとワッシャーで固定します。SHERPA The Storm ルーフラック fig 6

マウント アセンブリ 01

必要なコンポーネント:
8x M8 x 16 六角ボルト
8x M8 フラット ワッシャー
2x リベットスペーサー – 輪郭
2x リベットスペーサー – フラット
付属の M8 六角ボルトと M8 平ワッシャーを使用して、付属のリベット スペーサーをマウント ブラケットの下部 (長い方) のフランジに緩く固定します。 コンター スペーサーはフロント マウンティング ブラケットに、フラット スペーサーはリア マウンティング ブラケットに取り付けます。 ブラケットは、それぞれ「F」と「R」で指定されます。SHERPA The Storm ルーフラック fig 7SHERPA The Storm ルーフラック fig 8

マウント アセンブリ 02

必要なコンポーネント:
8×1/4インチ~20×9/16インチ
8x 1/4 インチ平ワッシャー
8x 1/4 インチ T ナット
付属の T ナット、9/16 インチの六角ボルト、平ワッシャーを使用して、取り付けブラケット ペアの上部をクロス メンバーの広い面に固定します。
マウントをクロスバーに取り付ける金具は緩めたままにしておきます。 これにより、後でトラックにラックを配置するときに簡単になります。
後で、クロスメンバーの端から車両の両側の取り付けブラケットの内側の端までの距離を測定することにより、ラックをルーフの中心に配置できます。SHERPA The Storm ルーフラック fig 9

サイドプレート

必要なコンポーネント:
8x 1/4”-20 x 1” ソケットボタン
8x 1/4 インチ平ワッシャー
指定された取り付けスロットに付属の 1 インチ ソケット ボタンとフラット ワッシャーを使用して、サイドプレートを XNUMX つの取り付け脚クロス メンバーの端に固定します。 使用するスロットの詳細については、次のページを参照してください。SHERPA The Storm ルーフラック fig 10SHERPA The Storm ルーフラック fig 11

TEMPLATE

組み立てたラックを車両のルーフに配置します。 リベット スペーサーがルーフのガターの中央に配置されるように、取り付けブラケットをクロス メンバーに沿って移動します。
クロスメンバーの長さに沿ってブラケットを調整し、リベット スペーサーが平らに収まり、ガターの中央に配置されるようにします。 同様に、サイドプレートの下端は、約 1/2 インチの一貫したギャップで車両の曲率に沿ってうまくフィットする必要があります。
そうでない場合は、ラックが中央に配置され、適切に配置されているように見えるまで、ラック (またはスロット内のクロス メンバー) を移動します。
適切に配置されたラックは、穴あけテンプレートとして機能します。 次の手順に従って、ラックが最適に取り付けられるようにします。SHERPA The Storm ルーフラック fig 12SHERPA The Storm ルーフラック fig 13

ウインドフェアリング

必要なコンポーネント:
4×1/4インチ~20×1インチ
4x 1/4 インチ平ワッシャー
ラックの前面にある斜めのスロットに合わせてウィンド フェアリングを配置します。 フェアリングの下部をルーフ ラックの先端に合わせ、1 つの 1 インチ ソケット ボタンとワッシャーを使用して固定します。 ウィンド フェアリングは車両のルーフに設置することを意図していないことに注意してください。8/1 ~ 4/XNUMX インチの小さな隙間が理想的です。
ウィンド フェアリングを取り付けると、ラックが車両の中心に正しく配置されるようになります。
次の手順は重要であり、エキスパート レベルのインストールと見なされます。 掘削に慣れていない場合は、お近くのショップでラックを取り付けてください。SHERPA The Storm ルーフラック fig 14SHERPA The Storm ルーフラック fig 15SHERPA The Storm ルーフラック fig 16

ドリリング

必要なツール:
1x センターパンチ
1x 3/16” ドリルビット
ラックをトラックに乗せて、パンチを使用して各リベット スペーサーの位置をマークし、穴あけの開始点を作成します。 パイロット穴をあけている間、ドリルビットが逃げようとするので、これは重要です。 これらの穴の位置は、ラックが車両に正しく適合することを確認する上で重要です。 3回測って4回確認。 エアバッグにドリルで穴を開けないように細心の注意を払ってください。ドリル ビットにドリルストップを使用すると、ドリル ビットの移動が制限され、これを防ぐことができます。
穴に印を付けた状態で、ラックをルーフから取り外すことができます。 マークを付けたり、取り外したり、穴を開けたりする前に、ラックが最終的な構成になっていることを再確認する価値があります。 リベット スペーサーは、ラックの取り付けブラケットから取り外すこともできるため、次の手順に役立ちます。
穴あけポイントにパンチで印を付けたら、3/16 インチのドリル ビットを使用して穴を開けます。 1/8 インチや 5/32 インチなどの小さなドリル ビットを使用して下穴を最初に開けることができます。 穴を開けた後、ドリルビットを突っ込ませないでください。 ヘッドライナーは、屋根の表面から少し下にあるだけです。 穴あけ中は、ドリルビットをできるだけまっすぐに保つようにしてください。
繰り返しますが、穴をあけた後、ドリル ビットを急落させないでください。 リベットがリベットスペーサーとドリル穴を通過することを確認します。 車両とラックの間の接続を強固にするために、きついフィットが好ましいです。

リベット

必要なコンポーネント:
8x 3/16” リベット
1x リベットツール
次に、ドリルで開けた穴を使用してリベット スペーサーを固定します。 リベットで留める前に、スペーサーが屋根に密着し、破片がないことが重要です。 リベット スペーサーとリベットの周囲に少量のシリコンを塗布して、ルーフの穴を塞ぎます。 リベット ツールを使用して、clamp リベットをできるだけ頭に近づけます。 リベットのマンドレルは、取り付けると剥がれ、ヘッドと面一になるはずです。
残りの手順のために、ラック全体をルーフに戻すことをお勧めします。 画像は、説明目的で側面なしで表示されています。SHERPA The Storm ルーフラック fig 17SHERPA The Storm ルーフラック fig 18SHERPA The Storm ルーフラック fig 19

MOUNTS

必要なコンポーネント:
12x M8 ボルト
12x M8 フラット ワッシャー
次に、組み立てたラックをルーフに再度取り付け、取り付けブラケットをリベットの脚に載せます。 これらが一致しない場合は、取り付けを固定しているハードウェアを緩めます
クロスメンバーにブラケットを取り付け、必要に応じて調整します。 M8 x 16 六角ボルトとワッシャーを使用して取り付けブラケットをリベット スペーサーに固定し、ラックに付属のボルト スレッドに青いネジロック剤を一滴垂らします。
ラックが車両にどのように収まるか満足したら、クロス メンバーと取り付けブラケットの間のすべてのハードウェアを締めます。 この手順の後、ラックを調整する必要はありません。SHERPA The Storm ルーフラック fig 20

クロスメンバー

必要なコンポーネント:
20x 1/4”-20 x 1” ソケットボタン
20x 1/4 インチ平ワッシャー
5x 56 インチ クロス メンバー
サイドプレートの空いているスロットにある 1 インチのソケット ボタンとワッシャーを使用して、残りのすべてのクロス メンバーをラック システムに固定します。 負荷要件に従って配置します。 ハーフフェアリングの用途では、フロントマウントブラケットクロスメンバーとウィンドフェアリングの間に追加のスロットが追加され、ライトバー用のクロスメンバーと対応するシェルパライトバーブラケットに対応します。SHERPA The Storm ルーフラック fig 21SHERPA The Storm ルーフラック fig 22

Sherpa Equipment Company によって製造および設計されたすべての製品は、オフロードでの使用を目的としており、Sherpa Equipment Company の推奨事項に従って組み立て、設置、および使用する必要があります。 Sherpa Equipment Companies の製品は、他者や周囲に対して適切な判断を下して安全に使用する必要があります。
Sherpa Equipment Companies の製品を車両に取り付けることにより、すべての責任を負うことになります。 Sherpa Equipment Company は、その製品の設置または使用に関連する損害または損失に対して責任を負いません。 ルーフ ラックは、取り付けから最初の 100 マイル以内、その後は 500 マイルごとに点検することをお勧めします。
シェルパのロゴ

ドキュメント/リソース

SHERPA The Storm ルーフラック [pdf]取扱説明書
ストーム ルーフ ラック、ルーフ ラック、ストーム ラック、ラック、ストーム

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *