SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-ロゴ

SAMSUNG SSD データ移行ソフトウェア

SAMSUNG-SSD-Data-Migration-Software-PRODUCT

Copyright © 2020

サムスン電子株式会社
このユーザー マニュアルは、Samsung Electronics が著作権を所有しています。 この資料またはその一部を無断で複製、使用、または開示することは固く禁じられており、著作権法に違反します。 Samsung Electronics は、製品、情報、および仕様を予告なしに変更する権利を留保します。
本書に記載されている資料および情報は、発行時点で正確かつ信頼できるものと見なされますが、Samsung Electronicsは、本書に記載されている資料または情報について、明示または黙示を問わず、正確性、完全性、または信頼性を保証しません。
商標およびサービスマーク
SamsungロゴはSamsungElectronicsの商標です。 AdobeおよびAdobeAcrobatは、Adobe SystemsIncorporatedの登録商標です。 他のすべての会社名および製品名は、それらが関連付けられているそれぞれの会社の商標である可能性があります。

序言

Samsung Data Migrationソフトウェアは、すべてのデータを既存のストレージデバイス(HDDなど)から新しいSamsungSSDにすばやく簡単かつ安全に移行できるように設計されています。
Samsung Migrationソフトウェアを使用すると、現在のオペレーティングシステム、アプリケーションソフトウェア、およびユーザーデータを新しいSamsungSSDに簡単に移行できます。
Samsung Data Migrationソフトウェアは、Samsung Solid State Drive(SSD)の所有者専用にClonix Co.、Ltd。によって開発および配布されています。

注意事項

  1. このソフトウェアを使用してソースドライブ(HDDなど)のコンテンツのクローンを作成すると、ターゲットドライブ(Samsung SSD)のすべてのデータが削除され、復元できなくなります。 したがって、ターゲットドライブに保持したいデータを保存している場合は、事前にバックアップしてください。
  2. サムスン電子は、このソフトウェアの使用中にターゲットドライブで発生する可能性のあるデータの損失について責任を負わず、データ回復サービスに対して責任を負いません。 クローン作成が失敗しても、ソースドライブに保存されているデータは影響を受けません。
  3. このソフトウェアを使用してソースドライブをターゲットドライブ(Samsung NVMe SSD)に複製する場合は、必ず最初にSamsungNVMeドライバーをインストールしてください。

旧モデルからの改善

  1. 新しいモデルのサポート
  2. クローンの互換性の改善

システム要件

成分 最小要件
オペレーティングシステム Windows 7 SP1(32/64ビット)
Windows 8(32/64ビット)
Windows 8.1(32/64ビット)
Windows 10(32/64ビット)
PCメモリ(RAM) 1 GB以上
に必要なドライブスペース

インストール

100MB以上
サポートされているパーティションタイプ MBR、GPT
サポートされている言語 英語
最小分解能 1600x900
ソースドライブ サポートされているオペレーティングシステムを搭載したHDDまたはSSD

インストール

ターゲットドライブ(Samsung SSD) Samsung SSD 980シリーズ
サムスンSSD980PROシリーズ
サムスンSSD970PROシリーズ
サムスンSSD970EVOシリーズ
サムスンSSD970 EVOPlusシリーズ
サムスンSSD960PROシリーズ
サムスンSSD960EVOシリーズ
サムスンSSD950PROシリーズ
サムスンSSD870EVOシリーズ
サムスンSSD870QVOシリーズ
サムスンSSD860EVOシリーズ
サムスンSSD860PROシリーズ
サムスンSSD860QVOシリーズ
サムスンSSD850EVOシリーズ
サムスンSSD850PROシリーズ
サムスンSSD840EVOシリーズ
Samsung SSD 840シリーズ
サムスンSSD840PROシリーズ
Samsung SSD 830シリーズ
Samsung SSD 470シリーズ

制限事項

  1. このソフトウェアは、ユーザーマニュアルに記載されているWindowsオペレーティングシステムのみをサポートします。
  2. このソフトウェアは、ユーザーマニュアルに記載されているSamsungSSDのみをサポートします。 コンピュータメーカーから提供された、または別のチャネルから提供されたOEMストレージデバイスはサポートされていません。
  3. このソフトウェアは、オペレーティングシステムがインストールされているソースドライブのクローンを作成することしかできません。 オペレーティングシステムがインストールされていないドライブのクローンを作成することはできません。
  4. ソースドライブにXNUMXつ以上のボリュームがある場合(たとえば、C:、D:、E:などのドライブ文字が割り当てられているボリューム)、このソフトウェアは、オペレーティングシステムがインストールされているC:ボリュームとXNUMXつのボリュームのクローンを作成できます。より多くのボリューム。 Windowsのインストール中に自動的に作成されるシステム予約済みパーティションは、自動的に複製されます。
  5. 工場出荷時にコンピューターの製造元によって作成されたOEMパーティションは、複製されません。 ただし、コンピューターの製造元がSamsungであり、SRS(Samsung Recovery Solution)5、SRS 6、またはSRS 7がインストールされている場合は、自動的に複製されます。 (SRS 5より前のバージョンはサポートされていません。)
  6. ソースドライブをターゲットドライブに複製した後、それらのデータサイズは数ギガバイト異なる場合があります。 これは正常です。 クローン作成中、ソフトウェアは仮想メモリをコピーしません(ページ files、休止状態 filesなど)オペレーティングシステムによって自動的に作成および管理されます。
  7. このソフトウェアは、暗号化されたドライブのクローンを作成できません。 暗号化されたドライブのクローンを作成するには、最初にそのパスワードを削除する必要があります。
  8. マザーボードのチップセットドライバがクローン作成時に最新でない場合、このソフトウェアは正しく機能しない可能性があります。
  9. コンピューターに複数のオペレーティングシステムがインストールされている場合(たとえば、Windows 7がC:ボリュームにインストールされ、Windows 8がD:ボリュームにインストールされている場合)、クローンドライブが正しく機能しない場合があります。
  10. ソースドライブが破損している場合(たとえば、不良セクタがある場合)、クローンされたドライブが正しく機能しない可能性があります。
  11. このソフトウェアを使用してドライブのクローンを作成する前に、開いているすべてのプログラムを閉じて、最初に十分なメモリを割り当てることをお勧めします。
  12. コンピュータにインスタントリカバリソフトウェアがインストールされている場合、このソフトウェアは正しく機能しない可能性があります。
  13. ソースドライブがダイナミックディスクに変換されている場合、ソフトウェアが正しく機能しない可能性があります。
  14. プログラム Files、Windows、およびごみ箱フォルダは、スキャン時に表示されません file■クローン作成から除外します。
  15. ターゲットドライブがSamsungNVMe SSDであり、Samsung NVMeドライバーがインストールされていない場合、このソフトウェアは正しく機能しない可能性があります。
  16. クローン作成のためにポータブルデバイス(外部USBデバイスなど)がターゲットドライブに接続されている場合、USBアダプターが原因でこのソフトウェアが正しく機能しない可能性があります。
  17. 元のドライブにインストールされているOSバージョンがGPTパーティションをサポートしておらず、2TBを超えるドライブに複製された場合、MBRパーティションタイプが複製されたドライブに適用されます。 MBRは大型ドライブをサポートしていないため、2TBを超えるスペースは未割り当てのままになります。

ユーザーガイド

  1. ソースドライブに保存されているデータの量がターゲットドライブの容量よりも少ない場合
  • ステップ1.移行を開始しますSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-1
  • ステップ2.ターゲットドライブを接続して選択しますSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-2
  1. ターゲットドライブを接続します。
  2. ターゲットドライブを認識できるように、[更新]ボタンをクリックします。 ターゲットドライブが正常に接続されると、画面でターゲットドライブを選択できます。
  3. ターゲットドライブを選択します。
  • mSATA SSDを接続する場合、追加のmSATA / SATAコンバーター(コネクター)またはmSATA / USBコンバーター(コネクター)が必要になる場合があります。
  • NVMeまたはM.2SSDを接続する場合、追加のM.2 PCIe / USBコンバーター(コネクター)が必要になる場合があります。
  • ステップ3。 ソースドライブにC:ボリューム以外のボリュームが4つ以下あり、それらの追加ボリュームをターゲットドライブに複製する場合は、ステップXNUMXに進みます。SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-3
  • ソース ドライブに C: ボリューム以外に 5 つ以上のボリュームがあり、それらの追加のボリュームをターゲット ドライブにクローンする場合は、STEP XNUMX に進みます。
  • ソースドライブC:ボリュームのみをターゲットドライブに複製する場合は、ステップ6に進みます。
  • ステップ4。 クローンを作成するボリュームを選択します(ソースドライブにC:ボリューム以外のボリュームがXNUMXつ以下あり、それらの追加ボリュームもターゲットドライブにクローンを作成する場合)。SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-4
  1. マウスを使用して、[ソースドライブ]ペインから追加でクローンを作成するすべてのボリュームを選択します。
  • C: を含めて最大 XNUMX つのボリュームを選択できます。 ボリューム。
  • スライドバーを使用して、[ターゲットドライブ]ペインの各ボリュームの容量を調整します。
  • 追加したボリュームのいずれかを削除する場合は、[ターゲットドライブ]ペインで関連するボリュームの[X]アイコンをクリックします。
  • ボリュームを追加する場合、追加される最小容量は20GB以上です。
  • ステップ5。 クローンを作成するボリュームを選択します(ソースドライブにC:ボリューム以外にXNUMXつ以上のボリュームがあり、それらの追加ボリュームもターゲットドライブにクローンを作成する場合)。SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-5
  • ソースドライブコンボボックスから追加でクローンを作成するすべてのボリュームを選択し、[+]ボタンをクリックします。
  • C:ボリュームを含めて最大XNUMXつのボリュームを選択できます。SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-5
  • スライドバーを使用して、[ターゲットドライブ]ペインの各ボリュームの容量を調整します。
  • 追加したボリュームのいずれかを削除する場合は、[ターゲットドライブ]ペインで関連するボリュームの[X]アイコンをクリックします。
  • ボリュームを追加する場合、追加される最小容量は20GB以上です。

ステップ6.クローン作成を開始しますSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-6

ステップ7.クローン作成が進行中SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-8

  • クローン作成の速度は、コンピューターの仕様や操作環境によって異なる場合があります。
  • クローン作成プロセスが完了すると、コンピューターは20秒以内に自動的にシャットダウンします。
  • ソースドライブに保存されているデータの量がターゲットドライブの容量よりも多い場合

ステップ1.移行を開始しますSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-9

  • ステップ2.ターゲットドライブを接続して選択しますSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-9
  • ターゲットドライブを接続します。
  • ターゲットドライブを認識できるように、[更新]ボタンをクリックします。 ターゲットドライブが正常に接続されると、画面でターゲットドライブを選択できます。
  • ターゲットドライブを選択します。
  • mSATA SSDを接続する場合、追加のmSATA / SATAコンバーター(コネクター)またはmSATA / USBコンバーター(コネクター)が必要になる場合があります。
  • NVMeまたはM.2SSDを接続する場合、追加のM.2 PCIe / USBコンバーター(コネクター)が必要になる場合があります。

STEP 3. スキャンするフォルダを選択 filesクローン作成から除外するSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-10

  • [除外データの選択]ボタンをクリックします。SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-11
  • [スキャンするフォルダを設定]ボタンをクリックしてください。SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-12
  • スキャンするフォルダーを選択します file■クローン作成から除外します。
  • [検索]ボタンをクリックしてください。
  • ステップ4。 [除外データの選択]画面に除外されたリストが表示された場合 fileSTEP5へ進みます。
  • [除外データの選択] 画面に除外対象のリストが表示されない場合 file■次に、ステップ3に戻り、スキャンするフォルダーを選択します。 file■再度クローン作成から除外します。

ステップ5.選択 filesクローン作成から除外するSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-13

  • 次の項目を選択します。: files合計サイズが、shorで指定された量と等しくなるまで、それらをクローン作成から除外します。tag右上隅に表示されるメッセージ。

STEP 6. 除外対象をどうするか選択 filesSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-14

  • 除外せずにドライブのクローンを作成するには files、[選択したもの以外のすべてのクローンを作成します file(s)]オプション。
  • 除外したものを削除するには filesソースドライブからクローン作成を続行し、[選択したものを削除する]を選択します。 file(s)およびクローン作成を続行]オプション。
  • 除外されたものを保存するには files別のストレージデバイスに移動してからクローン作成を続行し、[選択したものを保存する]を選択します。 file(s)別のストレージデバイスに移動してクローンを続行する]オプションを選択し、除外したストレージデバイスを保存するストレージデバイスを選択します files.
  • [適用]ボタンをクリックしてください。
  • ステップ7.クローン作成を開始しますSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-15
  • ステップ8.クローン作成が進行中SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-16
  • クローン作成の速度は、コンピューターの仕様や操作環境によって異なる場合があります。
  • クローン作成プロセスが完了すると、コンピューターは20秒以内に自動的にシャットダウンします。
  • 3.クローンされたターゲットドライブから起動します
ターゲットドライブがUSB経由で接続されている場合
  • STEP 1. ターゲット ドライブをコンピュータに内部的に接続する
  • USBケーブルをターゲットドライブから外します。
  • 複製されたターゲットドライブを接続します。
  • コンピューター内に接続可能なドライブがXNUMXつしかない場合は、ソースドライブを取り外してから、クローンされたターゲットドライブを接続します。
  • ステップ2.ブート優先度をクローンドライブに変更しますSAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-17
  • コンピュータの電源を入れ、BIOSアクセスキーを使用してBIOS画面に入ります。
  • ブートメニューを開きます。SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-18
  • ターゲットドライブをソースドライブの上に配置して、クローンドライブの起動優先度を高くします。
  • F10キーを押して、変更を保存します。
  • ESCキーを押してBIOS画面を終了します。
  • BIOSアクセスキーと起動優先順位の変更方法は、コンピューターの製造元またはマザーボードの仕様によって異なる場合があります。

STEP 3. ターゲットドライブから起動

  • オペレーティングシステムがターゲットドライブから起動するかどうかを確認します。

ターゲットドライブがSATA経由で接続されている場合

  • ステップ1.ブート優先度をクローンドライブに変更します
  • コンピュータの電源を入れ、BIOSアクセスキーを使用してBIOS画面に入ります。
  • ブートメニューを開きます。SAMSUNG-SSD-データ移行-ソフトウェア-FIG-18
  • ターゲットドライブをソースドライブの上に配置して、クローンドライブの起動優先度を高くします。
  • F10キーを押して、変更を保存します。
  • ESCキーを押してBIOS画面を終了します。

STEP 2. ターゲットドライブから起動

  • オペレーティングシステムがターゲットドライブから起動するかどうかを確認します。
  • BIOSアクセスキーと起動優先順位の変更方法は、コンピューターの製造元またはマザーボードの仕様によって異なる場合があります。

FAQ

製品の使用
  1. ソフトウェアを実行しましたが、[ターゲット ドライブ] 選択コンボ ボックスが無効になっています。 → ターゲット ドライブ選択コンボ ボックスが無効になっている場合は、ターゲット ドライブが正しく接続されていないか、存在しないことを意味します。 → 以下の手順に従って、ターゲット ドライブが正しく接続されているかどうかを確認できます。
    ターゲットドライブの接続を確認する方法
  2. NS。 ハードウェアインターフェイスの接続を確認してください
    USB アダプタまたは SATA ケーブルがターゲットに正しく接続されているかどうかを確認します
    ドライブ。
    b. Windowsのディスク管理からターゲットドライブを確認します
    [ファイル名を指定して実行] ボックスに「diskmgmt.msc」コマンドを入力し、Enter キーを押して [ディスクの管理] を開きます。 次に、ターゲット ドライブがリストにあるかどうかを確認します。
    c. ソフトウェアを更新する → ソフトウェアのメイン画面の右下隅にある [更新] アイコンをクリックして、ドライブの情報を更新します。
  3. 「選択したドライブはこの機能をサポートしていません。」 ソフトウェアを実行すると、メッセージが表示されました。 → ターゲット ドライブが正常に接続されているが、サポートされているドライブではない場合、「選択したドライブはこの機能をサポートしていません」と表示されます。 メッセージ。 → サポートされているドライブのリストについては、このドキュメントの「システム要件」を参照してください。
  4. ソフトウェアを実行しましたが、[ターゲット ドライブ] 選択コンボ ボックスが無効になっています。 → ターゲット ドライブ選択コンボ ボックスが無効になっている場合は、ターゲット ドライブが正しく接続されていないか、存在しないことを意味します。 → 以下の手順に従って、ターゲット ドライブが正しく接続されているかどうかを確認できます。
    ターゲットドライブの接続を確認する方法
    a. ハードウェア インターフェイスの接続を確認します→ USB アダプタまたは SATA ケーブルがターゲットに正しく接続されているかどうかを確認します

ドライブ。
b. Windowsのディスクの管理からターゲットドライブを確認→実行ボックスに「diskmgmt.msc」コマンドを入力し、Enterキーを押してディスクの管理を開きます。 次に、ターゲット ドライブがリストにあるかどうかを確認します。
c. ソフトウェアを更新する → ソフトウェアのメイン画面の右下隅にある [更新] アイコンをクリックして、ドライブの情報を更新します。

  1. 「選択したドライブはこの機能をサポートしていません。」 ソフトウェアを実行すると、メッセージが表示されました。 → ターゲット ドライブが正常に接続されているが、サポートされているドライブではない場合、「選択したドライブはこの機能をサポートしていません。」と表示されます。 メッセージ。
    →サポートされているドライブのリストについては、このドキュメントの「システム要件」を参照してください。
  2. ソースドライブがRAIDグループまたはストレージプールにある場合、この製品を使用できますか?
    →このソフトウェアはRAID構成をサポートしていません。
    →ドライブがWindowsでサポートされているストレージプールにある場合、ソフトウェアは単一のソースドライブしかサポートできないため、ストレージスペースを削除してからストレージプールを削除する必要があります。 (ストレージプール構成を削除すると、ストレージスペースのデータがフォーマットされることに注意してください。)
  3.  このソフトウェアを実行する前にチェックを実行する必要がありますか?
    →ソースドライブの状態によってはクローンが失敗する可能性があるため、クローンを作成する前にソースドライブでチェックを実行することをお勧めします。
    ソースドライブでチェックを実行する方法
  4. a. chkdsk /f を実行してドライブを確認します → 管理者として実行ボックスに「cmd」コマンドを入力し、Enter キーを押します。 「chkdsk /f」と入力し、Enter キーを押します。 次に、再起動して、ドライブに問題がないかどうかを確認します。
    b. sfc /scannow を実行してシステムをチェックします → 管理者として実行ボックスに「cmd」コマンドを入力し、Enter キーを押します。 「sfc /scannow」と入力し、Enter キーを押します。 次に、Windows システムに問題があるかどうかを確認します。 file秒。 → Windows システムの問題でドライブを復元できない場合、クローン作成に失敗する可能性があります files.
  5. ソースドライブのリカバリパーティションも複製されますか?
  6. →このソフトウェアはRAID構成をサポートしていません。
  7. → ドライブが Windows でサポートされているストレージ プールにある場合、ストレージ スペースを削除してからストレージ プールを削除する必要があります。これは、ソフトウェアが XNUMX つのソースしかサポートできないためです。
  8. ドライブ。 (ストレージプール構成を削除すると、ストレージスペースのデータがフォーマットされることに注意してください。)
    このソフトウェアを実行する前にチェックを実行する必要がありますか?
    →ソースドライブの状態によってはクローンが失敗する可能性があるため、クローンを作成する前にソースドライブでチェックを実行することをお勧めします。
    ソースドライブでチェックを実行する方法
    a. chkdsk /f を実行してドライブを確認します → 管理者として実行ボックスに「cmd」コマンドを入力し、Enter キーを押します。 「chkdsk /f」と入力し、Enter キーを押します。 次に、再起動して、ドライブに問題がないかどうかを確認します。
    b. sfc/scannowを実行してシステムを確認します
    →管理者として[ファイル名を指定して実行]ボックスに「cmd」コマンドを入力し、Enterキーを押します。 「sfc / scannow」と入力して、Enterキーを押します。 次に、Windowsシステムに問題がないか確認します file秒。 → Windows システムの問題でドライブを復元できない場合、クローン作成に失敗する可能性があります files.
  9. ソースドライブのリカバリパーティションも複製されますか?
  • 工場出荷時にコンピューターの製造元によって作成されたOEMパーティションは複製されません。 ただし、コンピューターの製造元がSamsungであり、SRS(Samsung Recovery Solution)5、SRS 6、またはSRS 7がインストールされている場合は、自動的に複製されます。 (SRS 5より前のバージョンはサポートされていません。)
クローン作成の失敗
  1. 「仮想メモリページングなし」に変更します file" オプション。 → [コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [システム] > [システムの詳細設定] に移動します。 [詳細設定] タブを開き、[パフォーマンス] の [設定] をクリックし、[パフォーマンス オプション] ダイアログの [詳細設定] タブを開き、[仮想メモリ] の [変更] をクリックします。 「ページングを自動的に管理する」の選択を解除します file [すべてのドライブのサイズ]チェックボックスで、[ページングなし]を選択します file」ラジオボタンをクリックし、[OK]をクリックして、コンピュータを再起動します。
  2. ドライブを確認し、システムを確認し、ドライブを最適化してから、ドライブを最適化します。
    →ドライブとシステムの確認方法については、「よくある質問」をご覧ください。 1-2-4。」
    →ドライブを最適化および最適化する方法については、以下を参照してください。
    *ドライブを最適化して最適化する方法
    a-1。 検索バーに「デフラグとドライブの最適化」と入力し、Enterキーを押します。
    a-2. [この PC] をクリックし、[ローカル ディスク (C:)] を右クリックして [プロパティ] を選択し、[ツール] タブを開き、[ドライブの最適化と最適化] の [最適化] をクリックします。
    a-3. [ファイル名を指定して実行] ボックスに「dfrgui」または「dfrgui.exe」と入力し、Enter キーを押します。
    b. Windowsがインストールされているボリュームを選択し、[分析]をクリックしてから[閉じる]をクリックします。
    c. Windowsがインストールされているボリュームを選択し、[最適化]をクリックして、[閉じる]をクリックします。
  3. システムの復元ポイントを無効にする files.
    →[コントロールパネル]>[システムとセキュリティ]>[システム]に移動し、[システム保護]タブを選択し、[構成]をクリックし、[システム保護を無効にする]ラジオボタンを選択して、[OK]をクリックします。
  4. コンピュータを再起動し、C:ドライブのボリュームを拡大または縮小します。
    →[ファイル名を指定して実行]ボックスに「diskmgmt.msc」と入力し、Enterキーを押してディスクの管理を開きます。 それで、
    WindowsがインストールされているC:ドライブボリュームを縮小または拡張します。
    →コンピュータを再起動し、ターゲットドライブを接続してから、ソースドライブのクローンを作成します。
  5. WindowsセキュリティプログラムであるBitLockerをオフにします。
    →次の場合に、BitLockerがオンになっているかどうかを確認してください。
    →プロセスが0%でスタックしています。
    →「不明な理由でデータ移行が停止しました」というエラーメッセージが表示されます。
    次の場合、BitLockerは自動的にオンになります。
    a. オペレーティング システムは、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、または Windows 10 です。
    (一部の Windows エディションでは使用できない場合があります。)
    b. TPMが有効になっています(つまり、BIOSのTPMオプションがオンになっています)。
    c. UEFIセキュアブートが有効になっている(つまり、BIOSのTPMオプションがオンになっている)。
    d. Microsoftアカウントでサインインしました。
    BitLockerをオフにする方法
    a. [コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [BitLocker ドライブ暗号化] に移動し、[BitLocker をオフにする] をクリックします。 20
    b. ドライブが復号化されると、BitLockerはオフになります。 (大量のデータが含まれる場合、復号化プロセスに時間がかかる場合があります。)
    c. BitLockerが正常にオフになると、南京錠のアイコンがオペレーティングシステムドライブから消えます。
    ドライブの状態を「アクティブ化を待機しているBitLocker」から変更する方法
    a. Windows 10 Proなどの一部のオペレーティングシステムでは、BitLockerはデフォルトで常にアクティブ化を待機しています。
    b. BitLockerがオンになっていて、ロック解除された南京錠のアイコンが表示されている場合は、アイコンをクリックします。 これにより、アイコンがロックされた南京錠アイコンに変わりますが、BitLockerは引き続きオンになります。 次に、アイコンをもう一度クリックして、ドライブの暗号化をオフにします。
    c. BitLockerが正常にオフになると、南京錠のアイコンがオペレーティングシステムドライブから消えます。
    セキュリティプログラムをオフにします。
    →現在実行中のすべてのセキュリティおよび復元プログラムを停止または閉じてから、クローン作成を開始します。
    →タスクマネージャの[プロセス]タブに「Nasca」で始まるプロセスが表示された場合は、
    これはセキュリティプログラムの一種であるため、クローン作成を開始する前にアンインストールしてください。
    →MBR保護を提供するプログラムの場合は、「MBR保護」オプションをオフにします。

製品のアンインストール

プログラムをアンインストールするにはどうすればよいですか?

  • →[コントロールパネル]> [プログラムのアンインストール]に移動し、リストから[Samsung DataMigration]を選択してプログラムをアンインストールします。
  • → または、[設定] > [アプリと機能] に移動し、[Samsung Data] を選択します。
  • 移行」を選択して、プログラムをアンインストールします。
  • 2020年XNUMX月
  • www.samsung.com/ssd
  • www.samsung.com/samsungssd
  • すべてのブランド名および製品名は、それぞれの会社の商標です。
  • このマニュアルのデザインと内容は、予告なしに変更される場合があります。
  • ©2020SamsungElectronics、Co.、Ltd。無断複写・転載を禁じます。

ドキュメント/リソース

SAMSUNG SSD データ移行ソフトウェア [pdf]ユーザーマニュアル
SSD データ移行ソフトウェア、移行ソフトウェア、SSD データ移行、SSD データ ソフトウェア、ソフトウェア

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *