パイオニアのロゴPIONEER TS-G1620F 2ウェイ コアキシャル スピーカー 

PIONEER-TS-G1620F-2-Way-Coaxial-Speaker-製品

はじめに

本スピーカーを設置する前に、必ずこの取扱説明書をお読みください。

警告

あなたの耳の安全はあなたの手の中にあります
安全なレベルで再生することにより、機器を最大限に活用できます。これは、耳障りな騒音や歪みがなく、最も重要なこととして、敏感な聴覚に影響を与えることなく、音がクリアに聞こえるレベルです。
音は欺くことができます。 時間が経つにつれて、聴覚の「快適レベル」はより大きな音量に適応するため、「通常の」音は実際には大きくなり、聴覚に有害になる可能性があります. 聴覚が順応する前に、機器を安全なレベルに設定して、これを防ぎます。

安全なレベルを確立する

  • 音量コントロールを低い設定に設定します。
  • 音が歪むことなく快適にはっきりと聞こえるまで、ゆっくりと音量を上げます。
  • 快適な音量レベルを設定したら、ダイヤルを設定してそのままにしてください。

以下のガイドラインを必ず守ってください

  • 周囲の音が聞こえないほど音量を上げないでください。
  • 潜在的に危険な状況では、注意を払うか、一時的に使用を中止してください。
  • 自動車の運転中はヘッドホンを使用しないでください。 ヘッドフォンの使用は交通の危険を引き起こす可能性があり、多くの地域で違法です。

注意

  1. スピーカーのフレキシブルワイヤーに触れないでください A.
  2. スピーカー端子アセンブリの方向を変えないでください B.
  3. リード線とスピーカーの端子が金属に接触していないことを確認してください。
  4. 接続する際は、使用するカーステレオの取扱説明書も参照してください。

含まれる部品PIONEER-TS-G1620F-2-Way-Coaxial-Speaker-FIG-2

DIMENSIONPIONEER-TS-G1620F-2-Way-Coaxial-Speaker-FIG-3

特性PIONEER-TS-G1620F-2-Way-Coaxial-Speaker-FIG-4

出力音圧周波数特性 Input Voltag2V

仕様PIONEER-TS-G1620F-2-Way-Coaxial-Speaker-FIG-5

インストールする方法

注意: コーンの振動と金属板の突起(図のピンク色部分)が干渉しないように注意してください。PIONEER-TS-G1620F-2-Way-Coaxial-Speaker-FIG-6

よくある質問

何アドバンtages PIONEER TS-G1620F 2-Way スピーカーは提供していますか?

2 ウェイ スピーカーの主な利点は、スピーカー ボックスに統合されたパッシブ クロスオーバーであり、スピーカーを可能な限り効果的に動作させることができます。 信号が高周波数と低周波数にのみ分割されている場合、通常、音質は向上します。

パイオニアの双方向同軸スピーカー TS-G1620F にはクロスオーバーが必要ですか?

車のオーディオ システムが同軸スピーカーを採用している場合、通常、XNUMX 番目のクロスオーバーは必要ありません。 フルレンジ スピーカーに見られるパッシブ クロスオーバーは、各ドライバーに到達する前に周波数をフィルタリングします。 追加しても ampリファイアー、内蔵スピーカーのクロスオーバーは十分すぎるはずです。

PIONEER TS-G1620F 同軸スピーカーの用途は?

プロフェッショナル オーディオの同軸ラウドスピーカーは、XNUMX つのドライバーからのサウンドを XNUMX つのソースから実現します。 この特性により、物理的に分離されたドライバーを備えたラウドスピーカー エンクロージャーよりも、スピーカー ドライバーの同期された合計に対してより大きな聴力が提供されます。

双方向同軸パイオニア TS-G1620F スピーカーは何をしますか?

同軸スピーカーは、互いに巻き付けられたスピーカーです。 典型的な XNUMX ウェイ同軸スピーカーは、中央にウーファーとツイーターがあります。 ウーファーは低域を処理し、ツイーターは高域を処理します。

フルレンジ同軸スピーカー PIONEER TS-G1620F?

同軸スピーカーは、単一のスピーカーからより広い範囲のオーディオ周波数を再生できるため、「フルレンジ」スピーカーと呼ばれることがよくあります。 これらのスピーカーのドライバーは、コンポーネント スピーカーのドライバーと同じですが、スペースとコストを節約するために組み合わされています。

PIONEER TS-G1620F ツーウェイスピーカーです amplified?

を取得する amp 実際には必要ではありませんが、これらを強くお勧めします。 運転中に素晴らしいサウンドを楽しむだけではありません。

コアキシャルスピーカー PIONEER TS-G1620F の効果は?

同軸スピーカーは、ミッドレンジ スピーカーの優れたオプションです。 彼らはより優れた音質を提供するという事実にもかかわらず、それは最高ではありません. さらに、それはより高度なものよりも手頃な価格です。 ただし、バイクで素晴らしいサウンドを奏でるすばらしいフルレンジ スピーカーを購入することはできます。

PIONEER TS-G1620F コアキシャルスピーカーに慣らしは必要ですか?

スピーカーのサスペンションが時間の経過とともに緩むのは事実ですが、これを助けたり緩和したりするために、半分のパワーまたは小さな音量で長時間再生する必要はありません.

低音のPIONEER TS-G1620F 2ウェイスピーカーをお持ちですか?

XNUMX ウェイ スピーカーは、専用のウーファーを備えているため、低音に適しています。 ウーファーは低域を処理しますが、低音のトーンとリスニング体験を改善したい場合は、サブウーファーを追加することができます。

Pioneer TS-G1620F 2 ウェイ スピーカーにはサブウーファーが必要ですか?

スピーカーのセットにサブウーファーを追加することはほとんどの場合意味がありますが、特に小型のブックシェルフ スピーカーの場合は、スピーカーが機能するためにサブウーファーは必要ありません。

必要 ampPIONEER TS-G1620F 同軸スピーカー用リファイヤ?

カー ラジオは、電源を使用せずに同軸およびコンポーネント スピーカーに電力を供給する場合があります。 ampリファイアー。 スピーカーを最大限に活用するには、 amp 歪みのないクリーンなサウンド、より大きな音量、サブウーファーのパワーを得ることができます。

PIONEER TS-G1620F 同軸スピーカーにツイーターは必要ですか?

同軸スピーカーは、手頃な価格でコンパクトにするためにいくつかの機能を犠牲にしています。 通常、-6dB/オクターブのクロスオーバーを持つツイーターを使用することをお勧めします。 ただし、大多数のメーカーは、より安価なツイーター素材を使用しています。

パイオニア TS-G1620F 同軸スピーカーを家庭で使用することはできますか?

同軸をスピーカーケーブルとして使用する場合は、コネクタを交換する必要があります。 お使いのスピーカーで使用するには、標準の F コネクタを RCA コネクタに変更する必要があります。 たくさんの問題がありますが、理論的には、ほとんどの種類のスピーカーとサブウーファーで動作する可能性があります.

PIONEER TS-G1620F 同軸スピーカーはどこに設置すればよいですか?

同軸スピーカーは、一般的に車両の後部に見られます。

VIDEO

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *