ハニーウェルToxiRAE3クイックスタートガイド

Honeywell ToxiRAE 3RAEシステムユーザーガイド-

Honeywell ToxiRAE 3RAEシステムユーザーガイド-ロゴハネウェルによるRAEシステム1349モフェットパークドライブサニーベール、カリフォルニア94089米国
Phone 408-952-8200
FAX: 408-952-8480
メールアドレス: customerserv@raesystems.com
Web Site: www.raesystems.com

警告
操作前にお読みください
ユーザーガイドは、この製品の使用、保守、またはサービスを行う、または行う責任があるすべての個人が注意深く読む必要があります。 製品は、製造元の指示に従って使用、保守、および保守された場合にのみ、設計どおりに機能します。
注意!
カバーを外した状態でモニターを操作しないでください。 モニターカバーとバッテリーは、危険がないことがわかっている場所でのみ取り外してください。

ユーザーインターフェース
ToxiRAE 3のユーザーインターフェイスは、ディスプレイ、LED、アラームブザー、および[MODE]と[Y / +]のXNUMXつのキーで構成されています。 LCDディスプレイは、キャリブレーションまたはバンプ要求、センサーモード、およびバッテリー状態を含む視覚的なフィードバックを提供します。

Honeywell ToxiRAE 3RAEシステムユーザーガイド-ユーザーインターフェースToxiRAE3をオンにする

[モード]を押し続けます。 ディスプレイに「オン」とセンサータイプが表示され、アラームとセンサーがテストされます。
注: センサーが消耗しているか、チェックアウトが不十分な場合は、ディスプレイに「E01」のエラーメッセージが点滅します。 ToxiRAE3は使用しないでください。 (カウントダウンが表示され、ディスプレイに「oFF」と表示されるまで[MODE]を押し続けて、ToxiRAE 3をシャットオフします)。
カウントダウンが完了すると、バッテリーの状態を示すバッテリーアイコンが表示されます。 バッテリーアイコンの下に「OK」が表示され、読み取り値も表示されます(例:ample 0 ppm)。 ToxiRAE 3は通常モードになり、使用できるようになりました。

ToxiRAE3をオフにする

[モード]を押し続けます。 2秒で、シャットオフまでの5秒のカウントダウンが始まります。 シャットオフプロセス全体で、キーを指で押さえる必要があります。 カウントダウン中にキーから指を離すと、シャットオフ操作がキャンセルされ、ToxiRAE3は通常の操作を続行します。
「oFF」が表示されたら、[MODE]キーから指を離します。 ToxiRAE3はオフになりました。

バッテリ低下の警告

  • バッテリーの充電量が少ない場合、バッテリーの記号はXNUMX秒にXNUMX回点滅し、「bAt」はXNUMX分にXNUMX回点滅します。 ブザーとバイブレーターのアラームはXNUMX分にXNUMX回です。
  • バッテリーの充電量が非常に少なくなると、バッテリーの記号がXNUMX秒にXNUMX回点滅し、「bAt」がXNUMX分にXNUMX回点滅し、さらにブザーがXNUMX分にXNUMX回鳴ります。
  • バッテリーがなくなると、最後のXNUMX分間はXNUMX秒にXNUMX回ブザーが鳴り、その後停止します。 ディスプレイに「oFF」と表示されます。

重要な! バッテリーを交換するまで、ToxiRAE3を再度操作しないでください。
警告!
危険な雰囲気の発火のリスクを減らすために、危険でないことがわかっている場所でのみバッテリーを交換してください。 バッテリーの交換手順については、ユーザーガイドを参照してください。
プログラミングモード
AutoRAE Liteを使用しない限り、キャリブレーションを実行するには、ToxiRAE3がプログラミングモードになっている必要があります。
ToxiRAE 3をオンにします。起動が完了したら、プログラミングモードに入ります。
注: これはカウントダウンモードでは使用できません。

  1. パスワード画面「000」が表示されるまで、[MODE]と[Y / +]の両方を押し続けます。
  2. [Y / +]を押して数字を増やし、[MODE]を押して111桁目に進むことにより、パスワード(デフォルトは1)を入力します。 「XNUMX」がXNUMXつになるまで、この手順に従います。
  3. 「ZeroCal?」が表示されるまで[MODE]を押し続けます。 画面。

ゼロ(フレッシュエア)キャリブレーション

ToxiRAE 3をオンにしてプログラミングモードで、次の手順に従います。

  1. [Y / +]を押します。 カウントダウンが始まり、「CAL」が点滅します。 これは、ゼロ校正が行われていることを示しています。
  2.  カウントダウンが「0」に達すると、表示は「0」と「dn」(「完了」の場合)の間で切り替わります。 ゼロ校正が完了すると、ToxiRAE3は自動的にスパン校正メニューに進みます。

注意::いずれかのキーを押して、カウントダウン中にゼロ校正を中断します。 そうすると、ディスプレイに「いいえ」と表示されます。
スパン校正
ガスボンベ、流量調整器、校正アダプターをToxiRAE 3に接続し、ガスの流れを開始します。 ToxiRAE 3がオンでプログラミングモードで、SpanCalメニュー画面が次のように表示されている場合。

  1.  [Y / +]を押します。 カウントダウンが始まり、「CAL」が点滅します。 これは、スパン校正が行われていることを示しています。
  2. カウントダウンが「0」に達すると、ディスプレイはppm単位の濃度と「dn」(「完了」の場合)を交互に表示します。

注: いずれかのキーを押して、カウントダウン中にスパン校正を中断します。 そうすると、ディスプレイに「いいえ」と表示されます。
バンプテスト
RAE Systemsは、定期的なバンプテストを推奨しています。

  1. 通常モードでToxiRAE3をオンにします。
  2. 校正ガスボンベ、流量調整器、校正アダプターをToxiRAE 3に接続し、ガスの流れを開始します。
  3.  ディスプレイに「バンプ」が点滅するまで、[モード]を繰り返し押します。
  4.  バンプガス濃度がガスボンベの濃度と同じであることを確認してください。
  5.  [Y / +]を押してバンプテストを開始します。
  6.  バンプテストが成功すると、画面は通常モードに戻り、画面上の今日のアイコンが原因でバンプがリセットされます。

通常モード画面

[MODE]を押して、STEL、TWA、Peak、およびAlarmsを表示する画面をステップスルーします。 [MODE]を押して、STEL、TWA、Peak、およびAlarmsを表示する画面をステップスルーします。
ピーク、STEL、またはTWAの値をクリアするには、[Y / +]を押すと、「CLr」が点滅し、「?」が点滅します。

  • [Y / +]を押して値をクリアします。
  • [MODE]を押して、値を変更しないでください
  • 次の画面に進みます。

ピークで、[Y / +]をXNUMX回押して、ピークをクリアします。

AutoRAELiteでの使用

AutoRAE Liteを使用してバンプテストとキャリブレーションを実行するには:

  1. ToxiRAE 3を起動し、「Ir」が表示されるまで[Y / +]を押します。
  2.  AutoRAE Liteの指示に従って、ガスボンベを取り付けて電源を入れます。
  3.  ToxiRAE3をAutoRAELiteのドックに配置します。
  4.  「バンプ」または「カロリー」を押します。 AutoRAELiteで。
  5.  テストが完了したら、ToxiRAE3を取り外します。これでサービスの準備が整いました。

G01-4004-000 Rev C 201409

ドキュメント/リソース

Honeywell ToxiRAE 3RAEシステム [pdf]ユーザーガイド
Honeywell、ToxiRAE 3、RAE Systems

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *