HONEYWELL-ロゴ

HONEYWELL CS10XE 屋内用気化式空気冷却器

HONEYWELL-CS10XE-Evaporative-Air-Cooler-for-PRODUCT-IMAGE

部品の説明

HONEYWELL-CS10XE-Evaporative-Air-Cooler-for-Indoor-01

  1. 画面を表示
  2. コントロールパネル
  3. 水位インジケーター
  4. 取り外し可能な水タンク ラッチ
  5. ルーバー
  6. フロントグリル
  7. ハンドル
  8. ハニカム冷却メディア
  9. リアグリル
  10. ウォーターフィルトレイ
  11. 水槽
  12. キャスター
  13. Remote Control
  14. カーボンダストフィルター
  15. 電源コードとプラグ
  16. ドレン栓

警告 —この製品を使用する前に、エアクーラーの安全とメンテナンスガイドおよびユーザーマニュアルを読んで保存してください。 これらの指示に従わなかった場合、その操作が損傷および/または損なわれ、保証が無効になる可能性があります。 この資料の内容の英語版とその他の言語版の間に矛盾または矛盾がある場合は、英語版が優先するものとします。

使用と操作

コントロールパネル

HONEYWELL-CS10XE-Evaporative-Air-Cooler-for-Indoor-2

*スリープ機能を備えたモデルにのみ適用されます。

機能ボタン

電源
POWERボタンを押して本機の電源を入れます。 クーラーは中速で自動的に始動します。 数秒後、速度が低速に切り替わります。 ユニットの電源をオフにするには、ボタンをもう一度押します。

SPEED
SPEEDボタンを繰り返し押して、速度をH – M – L –S*の間で変更します。

SLEEPモードを選択すると、ファンはXNUMX時間は高、次にXNUMX時間は中、XNUMX時間目以降はユニットの電源を切るまで低速で動作します。

タイマー
希望の時間設定が選択されるまで、タイマーボタンを押します。 設定時間が経過すると、ユニットは自動的にオフになります(電源コードがコンセントから抜かれるまで、ユニットはスタンバイモードのままになります)。 タイマー機能を使用すると、最大7.5時間使用できるようにユニットをプログラムできます。

SWING
ディスプレイに が点灯するまで SWING ボタンを押します。
ルーバーは自動的に左から右に動き始めます。

  • 垂直方向の空気の流れ – ルーバーを手動で調整して、垂直方向の空気の流れを変更できます。

HONEYWELL-CS10XE-屋内用蒸発空気冷却器-.03COOL
ディスプレイ画面に が点灯するまで COOL ボタンを押します。 これにより気化冷却が作動します。 ハニカム クーリング メディアが完全に濡れると、ウォーター ポンプが作動し、冷たい空気が感じられます。

警告: 水タンクに十分な水があることを確認してください。そうしないと、低水アラームが聞こえ、クーラーは蒸発冷却なしでファンのみのモードで起動します。

REMOTE CONTROL

HONEYWELL-CS10XE-Evaporative-Air-Cooler-for-04*スリープ機能を備えたモデルにのみ適用されます。

注意:

  • リモコンの交換には、CR2025(1 x 3V)コイン型または同等の電池が必要です。 リモコンの背面にある電池コンパートメントを開き、電池を中に挿入します。 バッテリーコンパートメント内に示されている正しい極性(+ / –)のマークに従って、バッテリーを挿入するように注意する必要があります。
  • 操作するときは、必ずリモコン信号送信機を本機に向けてください。 信号経路が遮られていないことを確認してください。
  • 長期間使用しない場合は、電池を取り外してください。
  • リモコンを落とさないでください。
  • アルカリ電池、炭素亜鉛電池、充電式電池など、さまざまな種類の電池を混ぜないでください。 古い電池と新しい電池を混ぜないでください。
  • バッテリーを充電しないでください。
  • 消耗したバッテリーは製品から取り外し、地域の規制に従って安全に廃棄する必要があります。
  • バッテリーを火中に投じないでください。 電池が爆発したり、漏れたりすることがあります。
  • この製品には、リチウムボタン/コイン電池が含まれています。 新品または使用済みのリチウム ボタン/コイン型電池を飲み込んだり、体内に入ったりすると、深刻な内部火傷を引き起こし、わずか 2 時間で死亡する可能性があります。 バッテリーコンパートメントは常に完全に固定してください。 電池収納部がしっかりと閉まらない場合は、使用を中止して電池を取り出し、
  • 子供の手の届かないところに保管してください。 電池を飲み込んだり、体内に入れたりした可能性があると思われる場合は、直ちに医師の診察を受けてください。
  • バッテリーは、子供から遠ざけることを含め、適切に廃棄する必要があります。
  • 使用済みの電池でもけがの原因になります。
  • 警告: 化学火傷の危険。 電池を子供から遠ざけてください。

涼しい場所
製品をセットアップして使用を開始する前に、エアクーラーを正しく配置してください。 別冊の安全および保守ガイドの「クーラーの場所」セクションを参照してください。

水で満たす

注意:
水タンクを空にするか補充する前に、ユニットを電源コンセントから抜いてください。
ユニットの背面にある給水トレイを開きます。 水位インジケータは、ユニットの側面にあります。 水量が少なくなったら、水タンクに補充してください。 「上限」以上に水を入れないでください。 ルーバーに水滴が溜まらないように水位マークを付けます。 COOL 機能を実行する前に、タンク内の水位を確認してください。 タンク内の水が最低水位マークを超えていることを確認してください。 不十分な水でユニットを COOL モードで運転すると、ポンプが故障する可能性があります。

注意: 水容量とは、エアクーラーの水タンクと配水システムに収容できる水の総量を指します。 「最大」でのタンク内の水容量。 インジケーターレベルは、エアクーラーの実際の水容量よりも低い場合があります。

警告: 水タンクに汚れた水や塩水を入れないでください。 これにより、ユニットとハニカムメディアが損傷する可能性があります。

低水警報*
ユニットには低水位センサーが装備されています。 冷却モードでは、タンク内の水が最小レベルを下回ると、ビープ音が鳴り、が継続的に点滅します。 ユニットは自動的に蒸発冷却を一時停止します。

水タンクを補充して、冷却モードでアラームを非アクティブにします。 まず、ユニットの電源を切り、電源コンセントからプラグを抜きます。 水タンクに最低水位マークを超える水を入れます。 プラグを差し込んで、もう一度オンにします。

アラームを無効にして、ユニットをファンとして使用し続けるには(蒸発冷却なしで)、ユニットの電源をオフにしてから再度オンにします。 低水位アラームは、ファンのみのモードではアクティブになりません。 水タンクが空の状態でCOOL機能が作動すると、低水位アラームが再び鳴ります。

*低水位アラーム機能を備えたモデルにのみ適用されます。

水タンクの洗浄と排水

以下は、エアクーラーを清掃および保守する方法の説明です。 クーラーを長期間使用しない場合は、別冊の安全および保守ガイドにある保管および保守ガイドラインを参照してください。

警告:
ユニットを掃除する前に、ユニットの電源を切り、コンセントから外してください。

  • 水を抜くことができる場所にユニットを移動します。 ユニットの下部にあるドレンプラグからキャップを取り外します。 タンクを空にします。
  • ユニットの両側にある取り外し可能な水タンクラッチのロックを解除して、水タンクを取り外します。 クーラーを持ち上げてベースから離し、床に注意深く垂直に置きます。 本体をタンクから取り外したときに、ユニットの底からぶら下がるウォーターポンプチューブやその他の部品を曲げないように注意してください。
  • 水タンクにきれいな水を補充し、完全に排水します。 水タンクを食器用洗剤または広告で掃除するamp 布でよくすすいでください。
  • 水タンクにきれいな水を最大レベルまで補充します。
  • エアクーラーの上部を慎重にタンクに戻し、サイドラッチをロックします。 これで、エアクーラーを使用する準備が整いました。
  • 広告を使用するamp ユニットの表面から汚れやほこりを取り除くための布。 この製品の洗浄に腐食性の要素や化学薬品を使用しないでください。
  • 使用しないときは、直射日光の当たらない乾燥した場所に保管してください。

カーボンダストフィルター*とハニカム冷却媒体の洗浄

  • アプライアンスには、カーボンダストフィルター*とハニカム冷却メディアが付属しています。
  • カーボン ダスト フィルター* とハニカム クーリング メディアは、リア グリルの内側にあります。 クリーニングとメンテナンスのためにユニットからそれらを取り外す方法については、図 1 を参照してください。 タンク内の水が古くなった状態でユニットを COOL モードで作動させないでください。 特にタンクが長期間洗浄されていない場合は、水タンクを空にして新しい水を補充する必要があります。
  • ハニカム メディアのクリーニング頻度は、地域の空気と水の状態によって異なります。 水のミネラル含有量が高い地域では、ミネラル沈着物が水面に蓄積することがあります。
  • ハニカム冷却媒体と空気の流れを制限します。 水タンクを空にし、少なくとも週に XNUMX 回真水を補充すると、ミネラル沈着を減らすのに役立ちます。 ハニカム クーリング メディアにミネラルの堆積物が残っている場合は、メディアを取り出して真水で洗浄する必要があります。 メディアは、必要に応じて、XNUMX か月ごとまたはそれより早くクリーニングする必要があります。
  • 最良の結果を得るには、ユニットの電源を切る15分前に冷却機能をオフにして、使用するたびにハニカム冷却メディアを乾燥させてください。

カーボンダストフィルターの取り外し*/ハニカム冷却媒体:

  1. エアクーラーのリアグリルからすべてのネジを外します。
  2. リアグリルをクーラーから慎重に引き抜きます。 カーボン ダスト フィルター* を引き出し、水で洗浄します。
  3. Honeycomb Mediaを解放するには、Honeycomb Frameのネジを外し、HoneycombFrameをユニットから引き出します。
  4. ハニカムフレームのベースにあるネジを外し、ハニカム冷却メディアを引き出します。 メディアを水と広告に置き換えるか、きれいにしますamp 必要に応じて布。

HONEYWELL-CS10XE-Evaporative-Air-Cooler-for-05警告:
リアグリルがエアクーラーから取り外されている場合、またはリアグリルが緩んでいる場合は、エアクーラーを操作しないでください。 重傷を負ったり、危険な感電を引き起こす可能性があります。

*カーボンダストフィルター付きモデルにのみ適用されます。

中国製
©2022JMATEKLimited。 全著作権所有。
Honeywell Trademarkは、Honeywell InternationalInc。からのライセンスに基づいて使用されています。
Honeywell International Inc.は、この製品に関していかなる表明も保証も行いません。
この製品は、Airtek Int'l Corp. Ltd.(JMATEK Ltd.の子会社)によって製造されています。

ドキュメント/リソース

HONEYWELL CS10XE 屋内用気化式空気冷却器 [pdf]ユーザーマニュアル
CS10XE 室内用蒸発空気冷却器, CS10XE, 室内用蒸発空気冷却器, 室内用空気冷却器, 室内用クーラー, 室内

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *