チアヨー AMP-500 マルチメディア Amplifierのロゴ

チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファイアー

チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampliifier-製品画像

命令

このマルチメディア ミキサーをお買い上げいただき、誠にありがとうございます。 ampリファイアー。 トラブルのない操作を確保するために、マニュアルをよく読んで、そのコントロールと機能を完全に理解してください。

付属品
  • AMP-500 ampリファイアー チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー01
  • 4ピン端子台コネクタ×1チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー01
  • スイッチング電源
    (プラグは国によって異なります)チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー03
  • 取扱説明書チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー04
部品と機能
  1. 電源のオン/オフ
  2. 音声優先オン/オフ
  3. 有線マイク入力(Ø6.3mm)
  4. 有線マイクの音量調節
  5. トーンコントロールチアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー5
  6. 直流入力
  7. 最大 4 セットの 8 ~ XNUMXΩ スピーカー用の外部スピーカー ジャック
  8. LINE-IN 2 - バランスオーディオ入力 (XLR ジャック)
  9. LINE-IN 2- アンバランスオーディオ入力 (Ø6.3mm フォーンジャック)
  10. LINE-IN 2 - ボリュームコントロール
  11. LINE-IN 1- 音声入力 (RCA R/L ジャック)
  12. LINE-IN 1ボリュームコントロールチアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー6

設定と操作

有線マイクを使う(MIC IN)
  1. 6.3mm コネクタの有線マイクを MIC IN に接続します。チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー07
  2. 電源を入れる前に、MIC IN の音量レベルを最小にしてください。 ampリファイアー。 電源を入れて、MIC IN のボリュームを好みのレベルに調整してください。 チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー08
  3. LOW-HIGH TONE を調整できます。 チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー09
音楽オーディオ入力 – DVD プレーヤー (LINE IN 1)
  1. RCA R/L プラグ付きのオーディオ ケーブルを LINE IN 1 の RCA R/L ジャックに接続します。チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー10
  2. 電源を入れる前に、LINE IN 1 の音量レベルを最小にしてください。 ampリファイアー。 電源を入れて、LINE IN 1 のボリュームをお好みのレベルに調整してください。 チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー11
  3. LOW-HIGH TONE を調整できます。 チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー12
電子楽器を使う(LINE IN 2)
  1. LINE IN 6.3 の COMBO ジャックに 2mm または XLR コネクタのエレクトリック ギター / キーボードを接続します。 チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー13
  2. 電源を入れる前に、LINE IN 2 の音量レベルを最小にしてください。 ampリファイアー。 電源を入れて、LINE IN 2 の音量を好みのレベルに調整してください。 チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー14
  3. LOW-HIGH TONE を調整できます。 チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー15
WIRED および WIRELESS MICROPHONE と MUSIC のトーン

TONE 調整は、実際には、スピーカーの復元された音の高/低周波数成分を増減するために使用されます。 いわゆる周波数別のボリュームノブでHIGH(HI)/BASS(LOW)を上げたり下げたりして、人の声を良くしたり、楽器の音を際立たせたりすることです。 パネル上の目盛りによると、時計回りの調整は、高周波数を増加/ブーストし、低周波数を減少/減衰させ、逆に低周波数を増加/ブーストし、高周波数を減少/減衰させます。
高域(HI)と低域(LOW)のレベルを調整します。 すべての信号は、入力後に高音と低音によってバランスが取れています。 ampスピーカーへの出力時にTONEを調整する必要がありません。 TONE の位置は 12 時の位置を維持することをお勧めします。 チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー16調整参考:

  • ハイ (トレブル): 音の基本部分です。 オーディオエネルギー全体の70%を占め、音楽スタイルを表現する重要な要素です。 適切な場合、BASS はリラックスし、サウンドはフルでソフトになります。 音が薄いと感じる場合はBASSを適度に上げてください。 音がこもっている、はっきりしない、鼻につくと感じる場合は、BASS を適度に下げることができます。
  • LOW(低音): 音のレイヤーに影響を与える周波数です。 ピッコロやフルートなどの楽器の音が目立ちすぎたり、声の歯音が重すぎて音色が鋭いと感じる場合は、TREBLEを適度に下げることができます。
音声の優先順位

音声優先操作は、CD/USB/MP3 の再生中にのみ必要です。
音声優先スイッチがONの場合、ダッキング機能が有効になります。 音楽の再生中、有線または無線マイクからの音声入力は一時的に無効になり、BGM の音量が下がり、音声がよりはっきりと聞こえるようになります。 BGM は、特定の秒後にマイクに音声入力が入力されない場合、元の設定に戻ります。 ただし、マイクがオフになっていない場合は、マイクに音楽を再入力すると、音声優先機能もアクティブになります。チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー17

講座申込

L/Rステレオスピーカーの接続(SP OUT)

外部スピーカーのオーディオ ケーブルをリア パネルの 4P PHOENIX ジャックに接続します。 スピーカーのインピーダンスは 4 ~ 8Ω 以上である必要があります。 接続に4P PHOENIXを使用する場合は、プラス(+)とマイナス(-)の極性を合わせてください。チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファー18

千代電子株式会社
http://www.chiayo.com.tw|メール: sales@chiayo.com.tw
オフィス: 30, Lane 27, Section 4, Jen-Ai Road, Taipei 10685, Taiwan Tel: 886-2-27415741|Fax: 886-2-27525242
工場: 88, Chung-Hsiao Street 2, Chiayi 60080, Taiwan
Tel: 886-5-2711000|Fax: 886-5-5767611

ドキュメント/リソース

チアヨー AMP-500 マルチメディア Ampリファイアー [pdf]ユーザーマニュアル
AMP-500 マルチメディア Amplifier、 AMP-500、マルチメディア Amplifier、 Ampリファイアー

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *