CHE14U リアロアコントロールアーム 

CHE14U リアロアコントロールアーム

はじめに

警告!!: この取り付けを安全に完了するために必要なスキル、ツール、または機器がない場合は、適切な機器と専門知識を持つ整備士にコンポーネントを取り付けてもらいます。
インストールを開始する前に、これらのインストール手順をよく読んで理解してください。 手順に疑問がある場合は、インストールを試みる前に CHE Performance にお問い合わせください。

ステップ 1. 車高の記録

ステップ 1. 車高の記録

エアライド搭載車の場合: 取り付け手順後の参考として、車両を静止した状態でフェンダーのリップからホイール ハブの中心までの距離を測定します。 車両の両側でこれを行い、寸法をメモします。

ステップ 2. 車両を上げる

警告: エアサスペンション車両を吊り上げたり、ジャッキアップしたり、牽引したりする前に、エアサスペンションシステムへの電源をオフにする必要があります。 そうしないと、エア スプリングが予期せず膨張または収縮する可能性があり、これらの操作中に車両が移動する可能性があります。 エアサスペンションのサービススイッチをオフにする
前輪が適切にブロックされている。 車両の後端をできるだけ安全に高く上げます。 ジャッキ スタンドは、リア エンドではなく、車のフレームの下のしっかりした場所に置きます。 この時点で車輪を取り外します。

ステップ 3. リア アクスルをサポートする

ジャッキ スタンドを車軸の下にしっかりと置き、支えます。 アクスルが車両から独立してサポートされている場合は、取り付けプロセス中にリアがずれないようにするのに役立ちます。 これを行うと、車軸が可能な限り低い位置にあり、できるだけ多くの作業スペースが確保されますが、車軸が横に移動するのを防ぐためにジャッキスタンドに十分な重量が残ります。

ステップ 4. 車高センサーの取り外し

ステップ 4. 車高センサーの取り外し

エアライド装備車両の場合: 運転席側のワットリンクバーから車高センサーアーマチュアを取り外します。 適切なこじ開けツールを使用すると、アーマチュアはあまり力を入れずにブラケットから外れます。
この時点で、WATTS リンクからブラケットを取り外さないでください。. センサー ブラケットは、後の手順で新しいアームに転送されます。

ステップ 5. フレームボルトを取り外す

ステップ 5. フレームボルトを取り外す

注意: 車両からリンクを取り外す前に、取り付けたときのアームの湾曲方向を確認してください。 サスペンションの損傷を防ぐために、新しいアームを同じ方向に向けることが重要です。
バーをフレームに固定しているボルトを外します。 運転席側と助手席側の両方のボルトを外します。 ハードウェアは再インストールのために保管しておいてください。
エア ライド サスペンション車の助手席側のボルトを外すときは、エア バッグを動かしてボルトを外す必要があるので注意してください。

ステップ 6. Watts リンクを削除する

ステップ 6. Watts リンクを削除する

ワットバーをセンターピボットに固定しているナットを緩めます。 それが完了したら、ピボットをデフに固定しているセンターナットを取り外します。 ナットを取り外しているときにスタッドが回転し始めた場合は、レンチでスタッドの六角部を保持できるまで、スタッドを十分に緩めます。

ステップ 6. Watts リンクを削除する運転席側のパーキング ブレーキ ケーブル リテーナーを取り外します。 ケーブルが邪魔にならないように移動したら、スタッドからピボット全体を取り外して、ピボットからバーを簡単に取り外すことができます。 可能であれば、車両からアセンブリ全体を取り外して、ベルクランク ピボットからワット リンクを取り外します。
ベルクランクからワットリンクバーを取り外します

手順 7. 車高センサーの移動

手順 7. 車高センサーの移動

注意: ワットバーは左から右まで同じで、車両のどちらの側にも配置できます。 エアライド サスペンション装備車の場合: 新しいワット リンク バーの XNUMX つを運転席側に選択します。 車高センサーを位置合わせする最も簡単な方法は、ストックバーを新しいものの上に置き、マーカーまたはチョークを使用してセンサーブラケットの位置を新しいアームに概説することです. スロットは中心線からずれていることに注意してください。スロットの向きが同じであることを確認してください (これは、オフセットを示すためにアームを逆位置にして写真に表示されています)。 付けたマークを目安に、新しいリンクにセンサーを取り付けます。

ステップ 8. Watts Links のインストール

ステップ 8. Watts Links のインストール

取り付ける前に、すべてのブッシングの面に、付属のアセンブリ ルーブを薄く塗ってください。

ステップ 8. Watts Links のインストール

ワットリンクを取り付けます。 最初にバーをピボットにスライドさせてから、ピボットをスタッドに戻します。 これは、車両の外で行うことができます。
注意: リンクは、運転席側に曲がった側を上にして、助手席側に曲がった側を下にして取り付けられます。
重要: ナットを取り外す際にピボット スタッドが緩んだ場合は、ワット リンク アセンブリを取り付ける前に適切なトルクで締める必要があります。 スタッドは 199 lb-ft のトルクで締める必要があります

ステップ 9. ピボット アーム ファスナーの締め付け

ステップ 9. ピボット アーム ファスナーの締め付け

工場のブッシングとは異なり、新しいリンクのブッシングは取り付けボルトの周りを自由に回転できるため、車両が車高になくてもボルトを完全に締めることができます。
ナットをピボット スタッドに取り付け、ナットを 184 lb-ft のトルクで締めます。
ワット リンクをピボット アームに取り付ける留め具は、68 lb-ft のトルクで締める必要があります。

ステップ 10. 助手席側フレーム ボルトの取り付け

ステップ 10. 助手席側フレーム ボルトの取り付け

助手席側のフレームボルトにワットリンクを取り付けます。 エアライドサスペンションを装備した車両では、ボルトとエアスプリングを操作して取り付ける必要があります。 しない] 空気ばね側のナットでボルトを取り付けます。そうしないと、ばねが擦れます。
ファスナーを 76 lb-ft のトルクで締めます。

ステップ 11. 運転席側フレーム ボルトの取り付け

ステップ 11. 運転席側フレーム ボルトの取り付け

運転席側のフレームボルトにワットリンクを取り付けます。 取り付けプロセス中に後端が移動した場合は、このボルトを整列させるために横にこじ開ける必要がある場合があります.
エアライド付きの車両では、ライドハイトセンサーのアーマチュアをブラケットにはめ込みます。 ファスナーを 76 lb-ft のトルクで締めます。

ステップ 12. 車高センサーの調整

すべての留め具に適切なトルクをかけたら、車を下ろしてエア サスペンション スイッチをオンにします。 イグニッションをオンにすると、数秒後にサスペンションが水平になります。 この時点で、最初に測定した参照高さが使用されます。 新しい測定を行い、XNUMX つを比較します。 測定値が同じでない場合は、ワット リンクのセンサー ブラケットを緩め、適切な方向にスライドさせる必要があります。 ブラケットを車の中心に向かって動かすと下がり、外側に動かすと上がります。 重要: 車両を持ち上げてセンサー ブラケットを調整する前に、エア サスペンション スイッチがオフになっていることを確認してください。
注意: サスペンションを作動させた後、車が助手席側から運転席側まで完全に水平にならない場合があります。 このような場合は、最終調整を行う前に空気ばねを完全に収縮させる必要があります。

ステップ 13. インストールの検査

サスペンションが自由に移動できること、およびすべての留め具が適切に取り付けられ、トルクがかけられていることを確認して、取り付けを完全に検査します。

ステップ 14. 車両を下げる

車両を降ろしてロードテストを行います。

質問、コメント、提案?

これらの指示または製品に関して質問、コメント、または提案がある場合は、すぐに連絡することを躊躇しないでください. ありがとうございます。新しい CHE パフォーマンス製品をお楽しみください。

テクニカル サポート/連絡先情報

電子メール:info@cheperformance.com
Webサイト: www.cheperformance.com

CHE ロゴ

ドキュメント/リソース

CHE CHE14U リアロアコントロールアーム [pdf]取扱説明書
CHE14U リアロアコントロールアーム、CHE14U、リアロアコントロールアーム、ロアコントロールアーム

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *