BRAYER BR1095 サーモポット 取扱説明書
BRAYER BR1095 サーモポット

サーモポットは、水を沸騰させ、その温度を設定レベルに維持することを目的としています。

商品説明

  1. トレイ
  2. トレイグリッド
  3. 水を注ぐための注ぎ口
  4. 表示/温度選択パネル
  5. コントロールパネル
  6. サーモポットフラスコ
  7. ボディ
  8. 電源コード
  9. 取り外し可能な蓋
  10. リッドロックハンドル
  11. 蒸気放出開口部
    コントロールパネル
  12. オン/オフ/再沸騰ボタン«開始/再沸騰»
  13. 水温選択ボタン«温度選択»
  14. ボタン«水ディスペンス»の水ディスペンス
  15. ロックオン/オフボタン«ロック»
  16. 水冷モードをオンにする«急冷»
    表示/温度選択パネル
  17. スタンバイモード記号 シンボル
  18. モードのシンボル:
    • 水沸騰
    • 紅茶醸造用水 シンボル
    • コーヒー抽出用の水 シンボル
    • ハーブティー醸造用水 シンボル
  19. 給湯温度デジタル記号
  20. お湯保温モードのデジタル記号
  21. サーモポットフラスコ内の水の体積の記号 シンボル
  22. シンボルの水冷モード シンボル
  23. ロングボイルモードシンボル  シンボル
  24. 温度モード設定ボタン«-/+»
  25. 水温設定記号《》
  26. 水温設定記号《》
  27. 湯沸かしモード記号 « »

ATTENTION!
追加の保護のために、公称動作電流が30 mAを超えない残留電流デバイス(RCD)を主電源に取り付けるのが合理的です。 RCDをインストールするには、専門家に連絡してください。

製品概要

安全対策と操作上の推奨事項

サーモポットを使用する前に操作手順を注意深く読み、後で参照できるように保管してください。

  • このマニュアルに記載されているように、サーモポットは本来の目的にのみ使用してください。
  • サーモポットの取り扱いを誤ると、サーモポットが破損したり、ユーザーに危害を加えたり、所有物に損害を与えたりする可能性があり、保証の対象外となります。
  • サーモポットは飲料水を加熱および沸騰させることのみを目的としており、他の液体を加熱または沸騰させないでください。
  • そのオペレーティングボリュームを確認してくださいtagラベルに示されているサーモポットのeは、自宅のメインボリュームに対応しています。tage.
  • 電源プラグには接地接点が装備されており、
  • 信頼性の高い接地接点。 短絡の場合、接地は感電のリスクを減らします。
  • ソケットが正しく取り付けられ、接地されているかどうかわからない場合は、電気技術者に連絡してください。
  • 火災を防ぐために、接地接触なしでプラグを主電源ソケットに接続するように設計されたアダプタを使用しないでください。
  • メインソケットで火花が発生し、焦げ臭が発生した場合は、ユニットのプラグを抜いて、ホームメインを保守している組織に申請してください。
  • サーモポット本体から煙が出ている場合は、本機のプラグを抜き、延焼防止対策を行ってください。
  • サーモポットを屋外で使用しないでください。
  • 雷雨の際にユニットを使用することはお勧めしません。
  • 衝撃、落下、振動、その他の機械的ストレスからユニットを保護してください。
  • 水タンクが空の場合は、サーモポットのスイッチをオンにしないでください。
  • 蛇口から直接サーモポットに水を入れないでください。 サーモポットを満たすには、適切なボウルを使用してください。
  • サーモポットを壁の横やキッチン家具の近くに置かないでください。
  • サーモポット本体と壁の間に少なくとも20cmのギャップを保ち、サーモポットの上に少なくとも50 cmのギャップを保ちながら、サーモポットを配置します。
  • プラグを差し込んだサーモポットを放置しないでください。
  • サーモポットをキッチンのシンク、バスルーム、スイミングプールやその他の水を満たした容器の近くで使用しないでください。
  • 暖房器具、熱源、裸火の近くでサーモポットを使用しないでください。
  • エアロゾルが使用または噴霧される場所、および可燃性液体の近くでサーモポットを使用しないでください。
  • サーモポットを平らで安定した面に置きます。 テーブルの端に置かないでください。
  • 電源コードをテーブルの端からぶら下げたり、熱い表面や家具の鋭利な端に触れないようにしてください。
  • 濡れた手で電源コードや電源プラグに触れないでください。水なしでサーモポットの電源を入れないでください。サーモポットがいっぱいになった後は、蓋をしっかりと閉めてください。
  • 水位が最大マークを超えていないことを確認してください。 水位が最大値を超えると、沸騰中に沸騰したお湯がサーモポットから飛び散る可能性があります。
  • 高温蒸気による火傷を防ぐために、サーモポットの蓋の蒸気放出開口部を曲げないでください。 蒸気放出口を物で塞がないでください。
  • 水が沸騰している間は、サーモポットの蓋を開けないでください。
  • 沸騰したお湯で満たされたサーモポットを運ぶときは注意してください。
  • サーモポットからお湯を注ぐときは十分注意してください。
  • 清掃前または使用しないときは、サーモポットのプラグを抜いてください。 サーモポットのプラグを抜くときは、電源コードプラグのみを保持し、電源ソケットから慎重に取り外します。電源コードを引っ張らないでください。電源コードまたはソケットが損傷したり、短絡したりする可能性があります。
  • 感電を防ぐため、サーモポットを水やその他の液体に浸さないでください。
  • 食器洗い機でサーモポットを洗わないでください。
  • 子供の安全上の理由から、包装として使用されるポリエチレン袋を放置しないでください。

ATTENTION!
子供にポリエチレンバッグや包装フィルムで遊ばせないでください。 窒息の危険!

  • サーモポットは子供による使用を目的としていません。
  • おもちゃとして使用しないように、お子様を放置しないでください。
  • サーモポットの操作中は、お子様がユニットや電源コードに触れないようにしてください。
  • 操作中および冷却中は、ユニットを子供の手の届かないところに置いてください。
  • このユニットは、身体的または精神的に障害のある人(子供を含む)、または安全の責任者の監督下にない場合、またはこの人から指示を受けていない場合に経験や知識が不足している人による使用を目的としていません。ユニットの使用法。
  • 電源コード、電源プラグ、およびサーモポット本体の完全性を定期的にチェックしてください。
  • 電源コードが損傷している場合は、危険を回避するために、製造元、保守サービス、または同様の資格のある担当者が交換する必要があります。
  • 電源コードが損傷している場合は、製造元またはサービスから受け取った電源コードと交換する必要があります。
  • サーモポットを元のパッケージで輸送します。
  • ユニットを子供や障害者の手の届かないところに保管してください。

THERMOPOTは家庭での使用のみを目的としており、商業目的または実験目的でコーヒーメーカーを使用しないでください。

サーモポットを使用する前に

ユニットの輸送または低温での保管後は、電源を入れる前に、室温で少なくとも3時間保管してください。

  • サーモポットを開梱し、すべての梱包材を取り除きます。
  • 元のパッケージを保持します。
  • 安全対策と操作上の推奨事項をお読みください。
  • 配送セットを確認してください。
  • サーモポットに損傷がないか調べます。損傷した場合は、メインに接続しないでください。
  • 電源volの仕様を確認してくださいtagラベルに記載されているeは、メインの仕様に対応しています。
  • ユニット本体(7)の外面をきれいなわずかに拭きますdamp ほこりを取り除くための布。
  • ふた(9)を取り外します。これを行うには、ふたロックハンドル(10)を押して、ふた(9)を取り外します(図1)。
  • サーモポットフラスコ(6)の内面をきれいなわずかに拭きますdamp ほこりを取り除くための布。 蓋(9)を元の位置に戻し、ロックハンドル(10)を押します。

初めてスイッチを入れる

  • サーモポットと壁または家具との間の距離が少なくとも20cmであり、サーモポットの上の空きスペースが少なくとも50 cmになるように、サーモポットを乾燥した平らな面に置きます。
  • グリッド(2)をトレイ(1)に置き、トレイ(1)を設置場所に置きます(図2)。
  • ふた(9)を取り外します。これを行うには、ふたロックハンドル(10)を押して、ふた(9)を取り外します(図1)。
  • 適切な調理器具を使用してサーモポットに水を入れます。フラスコの内面にある最大水位マーク«FULL»を超えないようにしてください(6)。 蛇口から直接サーモポットに水を入れないでください。 サーモポットを満たすには、適切な調理器具を使用します(写真3)。

注意: ミネラル沈着(スケール)レベルを減らすために、家庭用浄水器で浄化された水を使用することをお勧めします。

  • 蓋(9)を元の位置に戻し、ロックハンドル(10)を押します(図1)。
  • 電源コード (8) のプラグを電源ソケットに差し込むと、音声信号が聞こえ、すべてのシンボルがディスプレイに表示され、その後はスタンバイ モード シンボル (17) のみが表示されます。 シンボル が点灯し、コントロールパネル (13) の「温度選択」ボタン (5) の照明が点灯します。
  • シンボル (21) は、サーモポット フラスコ (6) 内に水が存在することを示します。
    • シンボル サーモポットフラスコは、その容量の3/3まで水で満たされています。
    • シンボルサーモポットフラスコは、その容量の2/3で満たされています。
    • シンボル 水位が低い場合、サーモポットフラスコはその容量の1/3で満たされます。サーモポットフラスコを水で満たす必要があります。そうしないと、発熱体がオンになりません。
  • コントロールパネル(12)の「スタート/再沸騰」ボタン(5)を押すと、ボタン(12)「スタート/再沸騰」のインジケーターが点灯し、記号(27)「」と記号(18)が点灯します。 ) « » が点灯し、水が加熱し始め、水温がデジタル記号 (19) で表示されます。

ノート

    • コントロールパネル(5)のボタンを押すたびに、音声信号が伴います。
    • 初めてスイッチを入れると、発熱体から異臭がすることがありますが、これは許容範囲内であり、保証の対象外です。
  • 保温温度はデジタル記号(20)で表示され、保温温度«85°C»がデフォルトで設定されています。
  • 高温の蒸気による火傷を防ぐために、サーモポットの蓋(11)にある蒸気放出口(9)を曲げないでください。 蒸気放出口(11)を物で塞がないでください。
  • 水沸騰後、シンボル(27)«»が60秒間点滅し、その後消灯し、音信号が聞こえ、ボタン(12)«開始/再沸騰»のインジケーターも消灯します。サーモポットは保温モードでオンになり、温水保温温度«85°C»がデフォルトで設定されています。
  • 最初の沸騰後に水を排出します。 最初の沸騰でできたお湯の消費はお勧めできません。家庭での使用に使用できます。

ATTENTION!

お湯のやけどをしないように、水を注ぐときは注意してください。

  • ボタン(15)«ロック»を押して給水ポンプの作動を解除します。ボタン(15)«ロック»および(14)«給水»が点灯します。
  • カップをグリッド(2)に置き、ボタン(14)«水ディスペンス»を押し続けます。カップが必要な量の水で満たされたら、ボタン(14)«水ディスペンス»を放します。

注意:

  • ボタンのインジケータ(14および15)がオンになっている場合にのみ、水が分配されます。 ボタン (15) «Lock» を押して何も操作しなかった場合、ボタン (14 と 15) のインジケーターは 10 秒で消えます。
  • 注水中はすべての水位インジケーター (21) が点灯します。
  • トレイ (1) を水滴で満たすように制御します。 トレイ (1) がいっぱいになったら、トレイ (1) を取り外し、水を切り、トレイ (XNUMX) を元の場所に戻します。
  • サーモポットを長期間使用しなかった場合、給水が誤動作する可能性があります。 この場合、ふた (9) を開閉し、給水を再度オンにすることをお勧めします。
    • サーモポットのスイッチをオフにするには、ボタン(12)«開始/再沸騰»を5秒間押し続け、電源コード(8)のプラグをメインソケットから取り外します。
    • 蓋(9)(写真1)を取り外し、サーモポットを完全に冷却します。
    • サーモポットを傾けて残りの水を排出し、蓋(9)を元の位置に戻し、ロックボタン(10)を押します(図1)。

サーモポットの使用 

  • 前のセクションで指定したように、サーモポットを操作できるように準備します(水を入れ、電源プラグをメインソケットに挿入します)。
  • 給湯と保温モードの選択
  • コントロールパネル(12)の「スタート/再沸騰」ボタン(5)を押すと、ボタン(12)「スタート/再沸騰」のインジケーターが点灯し、記号(27)「」と記号(18)が点灯します。 ) « » が点灯し、水が加熱し始め、水温がデジタル記号 (19) で表示されます。
  • 水沸騰後、シンボル(27)«»が60秒間点滅し、その後消灯し、音信号が聞こえ、ボタン(12)«開始/再沸騰»のインジケーターも消灯します。サーモポットは保温モードでオンになり、温水保温温度«85°C»がデフォルトで設定されています。
  • 湯沸かしモードでは、ボタン(13)《温度選択》を押すと、さまざまな飲料の保温温度を設定できます。各記号(18)が点灯します:湯沸かしモード、水が沸騰するまで加熱されます。とデジタル記号 (19) «100°C» が表示されます。
    • シンボル 紅茶を淹れるための最大«95°C»の温水キープモード、温度«95°C»がデフォルトで設定されています。 湯沸かし温度を変更するには、ボタン (24) «- … +» を使用します。温度選択範囲は 87°C から 95°C です。
    • シンボル コーヒー抽出用の最大«85°C»の温水維持モード。デフォルトでは温度«85°C»が設定されています。 水の加熱温度を変更するには、ボタン (24) «-/+» を使用します。温度の選択範囲は 80°C ~ 86°C です。
    • シンボル ハーブティーを作るための「65℃」までの湯沸かしモードは、デフォルトで「65℃」の温度に設定されています。 湯沸かし温度を変更するには、ボタン (24) «-/+» を使用します。温度選択範囲は 65°C から 79°C です。
    • (26) « »- 最大 «55°C» までの温水維持モード。デフォルトでは温度 «55°C» が設定されています。 水の加熱温度を変更するには、ボタン (24) «-/+» を使用します。温度の選択範囲は 50°C ~ 64°C です。
    • (25) « » – 最大 «45°C» までの温水維持モード。デフォルトでは温度 «45°C» が設定されています。 水の加熱温度を変更するには、ボタン (24) «-/+» を使用します。温度の選択範囲は 40°C ~ 49°C です。

Note:

  • 保温温水を40℃以下に設定すると、デジタル記号(20)の代わりに«--»の記号が表示されます。
  • (23) « » – 長時間沸騰モードに切り替えます。このモードは、水に溶解する塩素のレベルを下げるために使用されます。 このモードでは、水は 100°C まで加熱され、記号 (27) « » が点滅し、水は 3 分間沸騰します。その後、記号 (27) « » が消え、音声信号が聞こえます。サーモポットはコーヒー抽出用の保温モード (18) « » に切り替わり、水温 « 85°C» が記号 (20) で表示されます。
    • 紅茶の保温モード シンボル、 コーヒー シンボル、 ハーブティー シンボル、水温50〜64℃«»および水温40〜49℃«»はボタン(24)«-/+»で選択できます。

水冷モード

  • «急速冷却»ボタン (16)、記号 (22) を押します。 シンボル が点灯し、点滅すると、サーモポット冷却ファンがオンになります。 冷却モードをオフにするには、«急速冷却»ボタン (16) をもう一度押します。 シンボル 記号(22)が消灯します。

水位スケール 

  • シンボル(6)を使用して、サーモポットフラスコ(21)の水位を制御できます。
    • シンボル サーモポットフラスコは、その容量の3/3まで水で満たされています。
    • シンボル サーモポットフラスコは、その容量の2/3で満たされています。
    • シンボル 水位が低い場合、サーモポットフラスコはその容量の1/3で満たされます。サーモポットフラスコを水で満たす必要があります。そうしないと、発熱体がオンになりません。
  • 蓋 (9) を取り外します。これを行うには、蓋ロック ハンドル (10) を押して、蓋 (9) を取り外します (写真 1)。 適切な調理器具を使用してサーモポットに水を満たします。フラスコ (6) の内面にある最大水位マーク「FULL」を超えないようにしてください。 蛇口から直接サーモポットに水を入れないでください。 サーモポットに水を入れるには、適切な調理器具を使用してください (写真 3)。
  • サーモポットは湯沸かしモードでオンになり、湯が沸騰すると音信号が聞こえ、サーモポットはコーヒー抽出用の湯保温モードに切り替わり、記号 (18) « » とデジタル記号 (20) « が表示されます。 85℃»が点灯します。
  • 水を再沸騰させる必要がある場合は、コントロールパネル(12)のボタン(5)《開始/再沸騰》を押すと、ボタン(12)《開始/再沸騰》のインジケーターが点灯します。記号 (27) « » と記号 (18) シンボル が点灯し、水が加熱し始め、水温がデジタル記号 (19) で表示されます。 お湯が沸騰すると、記号 (27) « » が 60 秒間点滅し、その後消灯し、音声信号が聞こえ、ボタン (12) « 開始 / 再沸騰» のインジケーターも消えます。サーモポットは保温モードでオンになり、デフォルトでは温水保温温度«85°C»が設定されています。
  • サーモポットのスイッチをオフにするには、ボタン (12) «スタート/再沸騰» を 5 秒間押し続け、電源コード (8) のプラグをコンセントから抜きます。UIOP

チャイルドロック

  • この機能を使用して、お湯のやけどから子供を保護します。
  • チャイルドロックをオンにするには、«ロック»ボタン(15)を5秒間押し続けると、ボタン(14)の[給水»]と[ロック]のインジケーターが点灯します。
  • コントロールパネル(14)のボタン(5)«水ディスペンス»は、チャイルドロック状態では非アクティブです。
  • チャイルドロックをオフに切り替えるには、ボタン(15)«ロック»を1秒間押し続けます。ボタン(14)«水ディスペンス»および(15)«ロック»のインジケーターが点灯します。
  • サーモポットをオフにするには、ボタン(12)«開始/再沸騰»を5秒間押し続け、ユニットのプラグを抜きます。

クリーニングとメンテナンス

  • サーモポットを掃除する前に、プラグ (8) を抜き、蓋 (9) を取り外し、サーモポットが完全に冷めるまで待ちます。 (写真1)
  • 魔法瓶フラスコから残りの水を常に排出します。これを行うには、蓋(9)を取り外します。
  • サーモポットを慎重に傾けて、残りの水を排出します。
  • トレイ(1)を取り外し、グリッド(2)を取り外し、トレイ(1)から水を注ぎ、トレイ(1)とグリッド(2)を洗浄します。 グリッド(2)をトレイ(1)に置き、トレイ(1)を設置場所に置きます。
  • サーモポット本体(7)の外面をわずかにdで清掃しますamp 布を拭いて乾かします。
  • 中性洗剤を使用して汚れを取り除きます。金属製のブラシ、研磨剤、溶剤は使用しないでください。
  • サーモポットと電源コード(20)を水やその他の液体に浸さないでください。
  • サーモポットを食器洗い機に入れないでください。

サーモポットフラスコの内面の汚れ

  • 水には、サーモポットフラスコの内面に汚れを引き起こす可能性のあるさまざまなミネラルが含まれています。汚れはサーモポットの動作に影響を与えません。汚れは保証の対象外です。
  • サーモポットフラスコの内面の汚れは、クエン酸水または食卓酢で取り除くことができます。
  • クエン酸や酢の風味を取り除くには、水を沸騰させて注ぎます。
  • においや異味が完全に消えるまで、この手順を繰り返します。

鉱床の除去(スケール除去) 

  • サーモポットフラスコ内に現れるスケールは、水の味に影響を与え、水と発熱体の間の熱交換を妨げます。 また、発熱体を損傷するリスクもあります。 サーモポットフラスコ内の大量のスケールによる発熱体の焼損は保証の対象外です。
  • スケールを取り除くには、サーモポットに通常の酢XNUMX部と水のXNUMX部の混合物を、最大レベルマーク«FULL»まで満たします。
  • 電源コード(8)プラグをメインソケットに挿入します。
  • 湯沸かしモードでサーモポットをオンにします。 湯沸かし後、サーモポットのスイッチをオフにします。これを行うには、ボタン(12)«開始/再沸騰»を5秒間押し続け、電源コード(20 8)のプラグをメインソケットから外し、一晩酢溶液でサーモポット。
  • 朝、酢液を注ぎ、サーモポットに最大レベルまで水を入れ、沸騰させて水を注ぎます。
  • 指示に厳密に従って、電気ケトル用の特殊なスケール除去剤を使用できます。
  • 定期的にスケールからサーモポットを清掃してください。

STORAG​​E

  • 長期保管のためにサーモポットを取り出す前に、メインから切り離し、ユニットを冷まして水を注ぎます。
  • サーモポットを清掃します。
  • サーモポットは子供や障害者の手の届かないところに保管してください。

デリバリーセット

  1. サーモポット–1個
  2. マニュアル–1個

技術仕様

  • 電源装置220-240V、〜50-60 Hz
  • 定格入力電力:1200 W
  • 水タンクキャップ

リサイクル

シンボル
管理されていない廃棄物処理による環境への損害や人の健康への害を防ぐために、ユニットまたはバッテリー(含まれている場合)の耐用年数が経過した後は、通常の家庭ごみと一緒に廃棄せず、ユニットとバッテリーを専門のステーションに送って、さらにリサイクルします。

製品の廃棄中に発生する廃棄物は、強制的に収集され、その結果、所定の方法で廃棄されます。

この製品のリサイクルの詳細については、地方自治体、家庭廃棄物処理サービス、またはこの製品を購入したショップにお問い合わせください。

製造元は、事前の通知なしに、ユニットの一般的な動作原理に影響を与えないように、設計、構造、および仕様を変更する権利を留保します。

ユニットの動作寿命は3年です

製造日はシリアル番号で指定されています。

万が一、不具合が発生した場合は、速やかに認定サービスセンターに申請する必要があります。

Hergestelltfür«RusteGmbH»、
Berggasse 18 / 18、1090 Wien、
オステライヒ
«RusteGmbH»のために制作、
Berggasse 18 / 18、1090ウィーン、オーストリア
NS。: +7 (495) 297-50-20,
Mail: info@brayer.su

BRAYERロゴ

ドキュメント/リソース

BRAYER BR1095 サーモポット [pdf]取扱説明書
BR1095 サーモポット, BR1095, サーモポット

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *