Atmel-ロゴ

Atmel ATF15xx-DK3 CPLD 開発/プログラマー キット

Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-PRODUCT

序言

Atmel® ATF15xx-DK3 Complex Programmable Logic Device (CPLD) 開発/プログラマー キットは、Logic Doubling® 機能を備えた業界標準ピン互換 CPLD の Atmel ATF15xx ファミリ用の完全な開発システムおよびインシステム プログラミング (ISP) プログラマーです。 このキットは、プロトタイプを開発し、ATF15xx ISP CPLD を使用して新しい設計を評価する非常に迅速かつ簡単な方法を設計者に提供します。 ISP CPLD の ATF15xx ファミリには、Atmel ATF15xxAS、ATF15xxASL、ATF15xxASV、および ATF15xxASVL CPLD が含まれます。 ISP CPLD の ATF1xx ファミリで提供されるほとんどのパッケージ タイプ (15) をサポートするさまざまなソケット アダプタ ボードが利用できるため、このキットを ISP プログラマとして使用して、利用可能なほとんどのパッケージ タイプで ATF15xx ISP CPLD をプログラムできます。 (1) 業界標準 J を介してTAG インターフェイス (IEEE 1149.1)。

キットの内容

  • Atmel CPLD 開発/プログラマーボード (P/N: ATF15xx-DK3)
  • Atmel 44 ピン TQFP ソケット アダプター ボード (P/N: ATF15xx-DK3-SAA44)(2)
  • Atmel ATF15xx LPT ベースの JTAG ISP ダウンロードケーブル (P/N: ATDH1150VPC)
  • 44 つの Atmel XNUMX ピン TQFP Sampleデバイス

デバイスのサポート

ATF15xx-DK3 CPLD 開発/プログラマ キットは、現在入手可能なすべての Atmel スピード グレードおよびパッケージ (100-PQFP を除く) で次のデバイスをサポートします。

  • ATF1502AS/ASL
  • ATF1504AS/ASL
  • ATF1508ASV/ASVL
  • ATF1502ASV
  • ATF1504ASV/ASVL
  • ATF1508AS/ASL
  1. 100 ピン PQFP 用のソケット アダプタ ボードは提供されていません。
  2. このキットには、44 ピン TQFP ソケット アダプタ ボードのみが含まれています。 その他のソケットアダプタボードは別売りです。 ソケット アダプタ ボードの注文コードの詳細については、セクション「ハードウェアの説明」を参照してください。

キットの特徴

CPLD 開発/プログラマ ボード

  • 10ピンJTAG-ISP ポート
  • 9VDC 電源用安定化電源回路
  • 選択可能な5V、3.3V、2.5V、または1.8VI/O Voltage供給
  • 選択可能な 1.8V、3.3V、または 5.0V のコア ボリュームtage供給
  • 44 ピン TQFP ソケット アダプタ ボード
  • ATF15xx デバイスの I/O ピンのヘッダー
  • 2MHz水晶発振器
  • 7 つの XNUMX セグメント LED ディスプレイ
  • XNUMX 個の個別 LED
  • 押しボタンスイッチXNUMX個
  • グローバル クリアおよび出力イネーブル プッシュボタン スイッチ
  • 電流測定ジャンパー

論理倍増 CPLD

ATF15xx ISP CPLD、論理倍増アーキテクチャ付き

  • ATF15xx ISP ダウンロード ケーブル
  • 5V、3.3V、2.5V、または 1.8V ISP ダウンロード ケーブル (PC パラレル プリンタ (LPT) ポート用)
  • PLD開発ソフトウェア
  • Atmel PLD 開発ソフトウェア ツールは、PLD 設計者が ATF15xx ISP CPLD を使用するためにオンラインで入手できます。 以上を参考にしてくださいview 文書、「PLD
  • 設計ソフトウェアオーバーview」で入手可能:
  • http://www.atmel.com/images/atmel-3629-pld-design-software-overview.pdf

システム要件

  • Atmel ATMISP v15.x (ATF6xx CPLD ISP ソフトウェア) を介して CPLD 開発/プログラマー ボード上の Atmel ProChip Designer ソフトウェアを使用して設計された ATF15xx ISP CPLD デバイスをプログラムするために必要な最小限のハードウェアとソフトウェアは次のとおりです。
  • x86 マイクロプロセッサー・ベースのコンピューター
  • Windows XP®、Windows® 98、Windows NT® 4.0、または Windows 2000
  • 128MバイトのRAM
  • 500 MB の空きハードディスク容量
  • Windows対応マウス
  • 利用可能なパラレル プリンター (LPT) ポート
  • 供給電流9mAの500VDC電源
  • SVGA モニター (解像度 800 x 600)

オーダー情報

Atmel 部品番号 商品説明
ATF15xx-DK3 CPLD 開発/プログラマ キット (ATF15xxDK3-SAA44* を含む)
ATF15xxDK3-SAA100 DK100ボード用3ピンTQFPソケットアダプターボード
ATF15xxDK3-SAJ44 DK44ボード用3ピンPLCCソケットアダプターボード
ATF15xxDK3-SAJ84 DK84ボード用3ピンPLCCソケットアダプターボード
ATF15xxDK3-SAA44* DK44ボード用3ピンTQFPソケットアダプターボード

ハードウェアの説明

CPLD 開発/プログラマ ボード

  • 次の図に示す CPLD 開発/プログラマおよびソケット アダプタ ボードには、開発、プロトタイピング、または評価に役立つ機能が含まれています。
  • ATF15xx CPLD デザイン。 これを非常に用途の広いスターター/開発キットにし、J の ATF15xx ファミリー用の ISP プログラマーにする機能TAG-ISP CPLD には以下が含まれます。
  • 押しボタンスイッチ
  • LEDの
  • 7 セグメント表示
  • 2MHz水晶発振器
  • 5V、3.3V、2.5V、または1.8VのVCCIOセレクタ
  • 1.8V、3.3V、または5.0VのVCCINTセレクター
  • JTAG ISP ポート
  • ソケットアダプターAtmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-1
  • 選択可能なジャンパーを備えた 7 セグメント ディスプレイ
  • CPLD 開発/プログラマ ボードには、ATF7xx CPLD 出力の観察を可能にする 15 つの 1 セグメント ディスプレイが含まれています。 これら 2 つのディスプレイには、DSP3、DSP4、DSP7、および DSPXNUMX というラベルが付けられています。 XNUMX セグメント ディスプレイには共通アノード LED があり、共通アノード ラインは VCCIO (I/O 電源電圧) に接続されています。tage CPLD の場合) JPDSP1、JPDSP2、JPDSP3、および JPDSP4 とラベル付けされた選択可能なジャンパを備えた一連の抵抗を介して。 これらのジャンパは、
    VCCIO をディスプレイに接続解除して、ディスプレイを無効にします。 個々の陰極線は CPLD 上の ATF15xx CPLD の I/O ピンに接続されています
  • 開発/プログラマ キット。 ディスプレイの DOT を含む特定のセグメントをオンにするには、この LED セグメントに接続された対応する ATF15xx I/O ピンが、対応する選択可能なジャンパ セットを使用してロジック LOW 状態になっている必要があります。 したがって、ATF15xx デバイスの出力は、設計でアクティブ LOW 出力の構成が必要になります。 file. ディスプレイは、2.5V VCCIO 以上で最適に動作します。
  • 各ディスプレイの各セグメントは、ATF15xx デバイスの 100 つの特定の I/O ピンに配線されています。 ピン数の多いデバイス (15 ピン以上) では、1 つのセグメントすべてと 2 つのディスプレイの DOT セグメントが I/O ピンに接続されます。 ただし、ピン数の少ないデバイスの場合、ディスプレイのサブセット (7 番目と 15 番目のディスプレイ) のみが ATFXNUMXxx デバイスの I/O ピンに接続されます。 表 XNUMX と XNUMX は、ATFXNUMXxx デバイスへの XNUMX セグメント ディスプレイ パッケージの接続を示しています。 ディスプレイとジャンパの回路図を下図に示します。

図 2. 7 セグメント ディスプレイとジャンパの回路図Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-2

表 1 セグメント ディスプレイへの ATF15xx 44 ピン接続

44 ピン TQFP
DSP/セグメント PLD ピン DSP/セグメント PLD ピン
1 / A 27 3 / A NC
1 / B 33 3 / B NC
1 / C 30 3 / C NC
1 / D 21 3 / D NC
1 / E 18 3 / E NC
1 / F 23 3 / F NC
1 / G 20 3 / G NC
1/ドット 31 3/ドット NC
2 / A NC 4 / A 3
2 / B NC 4 / B 10
2 / C NC 4 / C 6
2 / D NC 4 / D 43
2 / E NC 4 / E 35
2 / F NC 4 / F 42
2 / G NC 4 / G 34
2/ドット NC 4/ドット 11
44ピンPLCC
DSP/セグメント PLD ピン DSP/セグメント PLD ピン
1 / A 33 3 / A NC
1 / B 39 3 / B NC
1 / C 36 3 / C NC
1 / D 27 3 / D NC
1 / E 24 3 / E NC
1 / F 29 3 / F NC
1 / G 26 3 / G NC
1/ドット 37 3/ドット NC
2 / A NC 4 / A 9
2 / B NC 4 / B 16
2 / C NC 4 / C 12
2 / D NC 4 / D 5
2 / E NC 4 / E 41
2 / F NC 4 / F 4
2 / G NC 4 / G 40
2/ドット NC 4/ドット 17

表 2.ATF15xx 84 ピンおよび 100 ピンの 7 セグメント ディスプレイへの接続

84ピンPLCC
DSP/セグメント PLD ピン DSP/セグメント PLD ピン
1 / A 68 3 / A 22
1 / B 74 3 / B 28
1 / C 70 3 / C 25
1 / D 63 3 / D 21
1 / E 58 3 / E 16
1 / F 65 3 / F 17
1 / G 61 3 / G 12
1/ドット 73 3/ドット 29
2 / A 52 4 / A 5
2 / B 57 4 / B 10
2 / C 55 4 / C 8
2 / D 48 4 / D 79
2 / E 41 4 / E 76
2 / F 50 4 / F 77
2 / G 45 4 / G 75
2/ドット 50 4/ドット 11
100 ピン TQFP
DSP/セグメント PLD ピン DSP/セグメント PLD ピン
1 / A 67 3 / A 13
1 / B 71 3 / B 19
1 / C 69 3 / C 16
1 / D 61 3 / D 8
1 / E 57 3 / E 83
1 / F 64 3 / F 6
1 / G 60 3 / G 92
1/ドット 75 3/ドット 20
2 / A 52 4 / A 100
2 / B 54 4 / B 94
2 / C 47 4 / C 97
2 / D 41 4 / D 81
2 / E 46 4 / E 76
2 / F 40 4 / F 80
2 / G 45 4 / G 79
2/ドット 56 4/ドット 93

選択可能なジャンパ付き LED
CPLD 開発/プログラマ ボードには 15 つの個別の LED があり、設計者は ATF1xx デバイスのユーザー I/O からの出力信号を表示できます。 これら 8 個の LED は、CPLD 開発/プログラマ ボード上で LED1 ~ LED2 とラベル付けされています。 各 LED のカソードは直列抵抗を介してグランド (GND) に接続され、各 LED のアノードは JPL3/4/5/6/7/8/XNUMX を介して CPLD のユーザー I/O ピンに接続されます。 /XNUMX選択可能なジャンパー。 LED のアノードを CPLD の I/O ピンに接続しないと、これらのジャンパを取り外して LED を無効にすることができます。 下の図は、選択ジャンパを備えた LED の回路図を示しています。
特定の LED をオンにするには、LED に接続されている対応する ATF15xx I/O ピンが、対応するジャンパ セットを使用してロジック ハイ状態になっている必要があります。 したがって、ATF15xx デバイスの出力はアクティブ ハイ出力として設定する必要があります。 LED は 2.5V VCCIO 以上で最適に動作します。
ピン数の少ないデバイス (44 ピン) には、LED1/2/3/4 に接続された 100 つの I/O しかありません。 ピン数の多いデバイス (3 ピン以上) では、XNUMX つの LED すべてがデバイスの I/O に接続されます。 表 XNUMX は、CPLD I/O の LED へのさまざまなパッケージ接続を示しています。Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-3

表 3. LED への ATF15xx 接続

44 ピン TQFP
LED製品 PLD ピン
LED1 28
LED2 25
LED3 22
LED4 19
44ピンPLCC
LED製品 PLD ピン
LED1 34
LED2 31
LED3 28
LED4 25
84ピンPLCC
LED製品 PLD ピン
LED1 69
LED2 67
LED3 64
LED4 60
LED5 27
LED6 24
LED7 18
LED8 15
100 ピン TQFP
LED製品 PLD ピン
LED1 68
LED2 65
LED3 63
LED4 58
LED5 17
LED6 14
LED7 10
LED8 9

I/O ピン用の選択可能なジャンパを備えた押しボタン スイッチ

  • CPLD 開発/プログラマ ボードには、CPLD の I/O ピンに接続された 15 つの押しボタン スイッチが含まれています。 スイッチは、入力ロジック信号を ATF1xx デバイスのユーザー I/O ピンに送信します。 これらのスイッチは、CPLD 開発/プログラマーで SW8 から SWXNUMX とラベル付けされています。
    ボード。 各入力押しボタン スイッチの一端は VCCIO に接続され、各押しボタン スイッチの他端はプルダウン抵抗に接続され、JPS1/2 を介して CPLD の特定の I/O ピンに接続されます。 /3/4/5/6/7/8選択可能なジャンパー。
  • これらのスイッチのいずれかが押され、対応するジャンパが設定されている場合、デバイスの特定の I/O ピンがスイッチ回路の出力によってロジック ハイ状態に駆動されます。 各押しボタン スイッチはプルダウン抵抗にも接続されているため、対応するジャンパ セットでスイッチが押されていない場合、入力は論理ロー状態になります。 押しボタンジャンパーが設定されていない場合、対応するピンは未接続ピンとして扱われます。 図 4 は、押しボタン スイッチと選択可能なジャンパーの回路図です。 表 4 は、さまざまなパッケージ タイプの CPLD I/O ピンへのこれら XNUMX つの押しボタン スイッチの接続を示しています。Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-4

表 4.ATF15xx の I/O ピン スイッチへの接続

44 ピン TQFP
プッシュボタン PLD ピン
SW1 15
SW2 14
SW3 13
SW4 12
SW5 8
SW6 5
SW7 2
SW8 44
44ピンPLCC
プッシュボタン PLD ピン
SW1 21
SW2 20
SW3 19
SW4 18
SW5 14
SW6 11
SW7 8
SW8 6
84ピンPLCC
プッシュボタン PLD ピン
SW1 54
SW2 51
SW3 49
SW4 44
SW5 9
SW6 6
SW7 4
SW8 80
100 ピン TQFP
プッシュボタン PLD ピン
SW1 48
SW2 36
SW3 44
SW4 37
SW5 96
SW6 98
SW7 84
SW8 99

GCLR および OE1 ピン用の選択可能なジャンパを備えた押しボタン スイッチ
CPLD 開発/プログラマ ボードには、CPLD のグローバル クリア (GCLR) ピンと出力イネーブル (OE1) ピン用の 1 つの押しボタン スイッチが含まれています。 スイッチは、ATF15xx デバイスの OE1 および GCLR 入力の論理状態を制御します。 これらのスイッチは、ボード上で SW-GCLR および SW-GOEXNUMX とラベル付けされています。 SW-GCLR 入力押しボタンスイッチの一端は GND に接続されています。 もう一方の端
押しボタン スイッチは VCCIO へのプルアップ抵抗に接続され、次に ATF15xx デバイスの GCLR 専用入力ピンに接続されます。 これは、JPGCLR 選択可能ジャンパ セットを使用して ATF15xx デバイスのレジスタをリセットするためのアクティブ LOW リセット信号として使用することを目的としています。 同様に、SW-GOE1 入力押しボタンスイッチの一端は GND に接続されています。 押しボタンスイッチのもう一方の端
VCCIO へのプルアップ抵抗に接続されてから、ATF1xx デバイスの OE15 専用入力ピンに接続されます。 これは、JPGOE 選択可能ジャンパ セットを使用して、ATF15xx のトライステート出力バッファの有効化/無効化を制御するアクティブ LOW 出力有効化信号として使用することを目的としています。 図 5 は、押しボタン スイッチと GCLR および OE1 ピンのジャンパの回路図です。
これらの押しボタン スイッチのいずれかが押され、対応するジャンパが設定されている場合、CPLD の特定の I/O がロジック LOW 状態に駆動されます。 各押しボタンはプルアップ抵抗にも接続されているため、対応する選択可能なジャンパ セットで押しボタン スイッチが押されていない場合、対応する CPLD 入力はロジック ハイ状態になります。 選択可能なジャンパが設定されていない場合、CPLD の対応する専用入力ピンは接続なし (NC) ピンと見なすことができます。 表 5 に、利用可能なすべてのパッケージ タイプの ATF1xx デバイスの GCLR および OE15 専用入力ピンのピン番号を示します。
図 5. GCLR および OE1 の押しボタン スイッチと選択可能なジャンパの回路図Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-5

表 5.GCLR と OE1 のピン番号

44 ピン TQFP 44ピンPLCC 84ピンPLCC 100 ピン TQFP
GCLR 39 1 1 89
OE1 38 44 84 88

2MHz 発振器およびクロック選択ジャンパ
CPLD 開発/プログラマ ボード上の JP-GCLK というラベルの付いたクロック選択ジャンパは、ATF1xx デバイスのどの GCLK 専用入力ピン (GCLK2 または GCLK15) を ATF2xx デバイスの出力に接続するかをユーザーが選択できるようにする 1 ポジション ジャンパです。 2MHz発振器。 さらに、ジャンパを取り外して、外部クロック ソースを ATF15xx デバイスの GCLK6 および/または GCLK6 に接続できるようにすることもできます。 図 1 は、発振器と選択ジャンパーの回路図を示しています。 表 2 は、利用可能なすべての異なるパッケージ タイプの ATF15xx デバイスの GCLKXNUMX および GCLKXNUMX 専用入力ピンのピン番号を示しています。
GCLK1 ジャンパーが設定されている場合、ジャンパーはボードの側面に向かって配置されます。 一方、GCLK2 ジャンパーが設定されている場合、ジャンパーはボードの中央に向かって配置されます。Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-6

表 6.GCLK1 と GCLK2 のピン番号

44 ピン TQFP 44ピンPLCC 84ピンPLCC 100 ピン TQFP
GCLK1 37 43 83 87
GCLK2 40 2 2 90

VCCIO および VCCINT ボリュームtage 選択ジャンパーと LED

  • VCCIO および VCCINT ボリュームtagATF15xx-DK3 開発/プログラミング キットの VCCIO セレクターおよび VCCINT セレクターとそれぞれラベル付けされた選択ジャンパーにより、I/O 電源を選択できます。
  • voltage レベル (VCCIO) とコア供給量tagキットのターゲット CPLD に使用される e レベル (VCCINT)。 これらのジャンパが正しく設定されると、LED (VCCINT LED および VCCIO LED と表示) が点灯します。 ただし、供給量が少ない場合tagレベル (つまり 2.5V 以下) では、LED が非常に暗い場合があります。
  • ATF15xxAS/ASL (5.0V) CPLD の場合、VCCIO セレクターと VCCINT セレクター ジャンパーの両方を 5.0V に設定する必要があります。
  • ATF15xxASV/ASVL (3.3V) CPLD の場合、VCCIO セレクターと VCCINT セレクター ジャンパーの両方を 3.3V のみに設定する必要があります。
  • VCCIO または VCCINT Vol の位置を変更する場合は、CPLD Development/Programmer Kit の電源をオフにする必要があります。tage 選択ジャンパー (VCCIO セレクターまたは VCCINT セレクター)。
  • ICCIO および ICCINT ジャンパー
  • ICCIO および ICCINT ジャンパを取り外して、ICC 測定ポイントとして使用できます。 ジャンパを取り外すと、電流計をポストに接続して、ターゲット CPLD の消費電流を測定できます。 ユーザーがこれらのジャンパを使用して電流を測定していない場合、キットと CPLD を動作させるためにこれらのジャンパを設定する必要があります。
  • 巻tage規制当局
  • XNUMX巻tagVR1 および VR2 とラベル付けされた e レギュレーターは、独立して生成および制御するために使用されます。
  • VCCINT および VCCIO ボリュームtag9VDC 電源から供給されます。 詳細については、ATF15xx-DK3 キットの回路図、図 12 を参照してください。
  • 電源スイッチと電源 LED
  • POWER SWITCH とラベル付けされた電源スイッチは、ATF15xx-DK3 ボードの電源をそれぞれオンまたはオフにするために使用されるオンまたはオフの位置に切り替えることができます。 それは9VDCのvolを可能にしますtage を電源ジャックで vol に渡すtageレギュレーターがオンの位置にあるとき。 電源スイッチをオンにすると、電源 LED (POWER LED と表示) が点灯し、ATF15xx-DK3 キットに電源が供給されていることを示します。
  • 電源ジャックと電源ヘッダー
  • ATF15xx-DK3 ボードには、JPower と JP Power というラベルの付いた 9 種類の電源コネクタが含まれています。 これらの電源コネクタのいずれかを使用して、2.1VDC 電源をキットに接続できます。 JPower とラベル付けされた最初の電源コネクタは、直径 2.1 mm のポストを備えたバレル電源ジャックで、5.5 mm (内径) x 4 mm (外径) のメス プラグと結合します。 JP Power とラベル付けされた 0.100 番目の電源ヘッダーは、0.025 インチの正方形のポストを備えた 15 ピンのオス 3 インチ ヘッダーです。 これら XNUMX 種類の電源コネクタが利用できるため、ユーザーは ATFXNUMXxx-DKXNUMX 開発/プログラマ キットに使用する電源装置の種類を選択できます。
  • これら 9 つの電源コ​​ネクタの XNUMX つだけに XNUMXVDC 電源を供給し、同時に両方に電力を供給しないでください。
  • JTAG ISP コネクタと TDO 選択ジャンパー
  • JTAG J というラベルの付いた ISP コネクタTAG-IN、ATF15xx J の接続に使用TAG ポート ピン (TCK、TDI、TMS、および TDO) を、ISP ダウンロード ケーブルを介して PC for J のパラレル プリンタ (LPT) ポートに接続します。TAG ATF15xx デバイスの ISP プログラミング。 ATF15xx-DK3 および ISP ダウンロード ケーブルでは、極性化されたコネクタが使用され、接続の問題を最小限に抑えます。 J の下部にある PIN1 ラベルTAG ISP コネクタは、1 ピン ヘッダーのピン 10 の位置を示し、ISP ダウンロード ケーブルを誤って接続する可能性をさらに減らします。
  • Jの左側TAG-IN コネクタ、XNUMX 列のビアがあり、J とラベル付けされています。TAG-アウト。 ユーザーがJを作成できるようにすることを目的としていますTAG Jを実行するためのデイジーチェーンTAG 複数のデバイスへの操作。 ユーザーは、J に使用されるものと同じタイプのコネクタをはんだ付けする必要があります。TAG-JにINTAGこの利用可能な機能を利用するには、-OUT 位置にします。
  • J を作成するにはTAG 複数の ATF15xx-DK3 ボードを使用するデイジー チェーンでは、JP-TDO とラベル付けされた TDO 選択ジャンパを適切な位置に設定する必要があります。 最後のデバイスを除くデイジー チェーン内のすべてのデバイスでは、このジャンパを TO NEXT DEVICE の位置に設定する必要があります。 チェーンの最後のデバイスの場合、このジャンパーは TO ISP CABLE の位置に設定する必要があります。 このジャンパーが TO NEXT DEVICE の位置にある場合、その特定の J の TDOTAG デバイスは次の TDI に接続されます
  • JTAG チェーン内のデバイス。 このジャンパーが TO ISP CABLE の位置にある場合、そのデバイスの TDO は J の TDO に接続されます。TAG チェーン内のそのデバイスの TDO 信号を ISP ソフトウェアを使用してホスト PC に送信できるようにする 10 ピン コネクタ。 下図はその回路図です。
  • JTAG コネクターと JP-TDO ジャンパー。 次の表に、XNUMX つの J のピン番号を示します。TAG 利用可能なすべてのパッケージの ATF15xx デバイスのピン。
    単一デバイスのセットアップでは、JP-TDO ジャンパーの位置を TO ISP CABLE に設定する必要があります。

図 7. J の回路図TAG ISP コネクタと TDO ジャンパーAtmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-7

  • 表 7.J のピン番号TAG ポート信号
44 ピン TQFP 44ピンPLCC 84ピンPLCC 100 ピン TQFP
TDI 1 7 14 4
TDO 32 38 71 73
TMS 7 13 23 15
TCK 26 32 62 62

ISP アルゴリズムは、PC 上で動作する ATMISP ソフトウェアによって制御されます。 XNUMXつのJTAG 信号は LPT ポートによって生成され、CPLD 開発/プログラマ ボード上の ATF15xx デバイスに入る前に ISP ダウンロード ケーブルによってバッファリングされます。 10 ピン JTAG CPLD 開発/プログラマ ボードのポート ヘッダーのピン配置を図 8 に示します。この 10 ピン オス JTAG ヘッダーを図 9 に示します。
図 8. 10 ピン JTAG ポート ヘッダーのピン配列Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-8

  • 10ピンJTAG ポート ヘッダーのピン配置は、ATDH1150PC/VPC LPT ポート ベースのケーブルと ATDH1150USB USB ポート ベースのケーブル、およびアルテラと互換性があります。
  • ByteBlaster/MV/II LPT ポート ベースのケーブル。 さらに、ATISP v6.7 ソフトウェアでは、Atmel のいずれかを使用できます。
  • ISP を実装するための ATDH1150PC/VPC/USB ケーブルまたは ByteBlaster/MV/II ケーブル。
  • ATMISP v7.0 は、ATDH1150USB ケーブルのみをサポートします。
  • ソケットアダプタボード
  • ATF15xx-DK3 CPLD 開発/プログラマ ソケット アダプタ ボード (ATF15xx-DK3-XXXXX) は、ATF15xx-DK3 CPLD 開発/プログラマ ボードと接続する回路基板です。 ATF15xx-DK3 CPLD 開発/プログラマ ボードと組み合わせて使用​​し、さまざまなパッケージ タイプの ATF15xx ISP CPLD デバイスを評価またはプログラムします。 15-TQFP、3-PLCC、44-PLCC、および 44-
  • CPLD の ATF15xx ファミリの TQFP パッケージ タイプ。
  • 各ソケット アダプタ ボードには、ATF15xx デバイス用のソケットが含まれており、底面に JP1 および JP2 とラベル付けされたオス ヘッダーがあります。 下側のヘッダーは、ATF15xx-DK3 ボードの JP4 および JP3 とラベル付けされたメス ヘッダーと嵌合します。 7セグXNUMX台、押しボタンスイッチ、
  • JTAG CPLD 開発/プログラマ ボード上のポート信号、オシレータ、VCCINT、VCCIO、および GND は、これら 15 組のコネクタを介してソケット アダプタ ボード上の ATFXNUMXxx デバイスに接続されます。
  • 44-TQFP ソケット アダプタの上部には、J コネクタと同じ寸法の 10 ピン コネクタが XNUMX つあります。TAG ISP コネクタ。 これら XNUMX つのコネクタのピンは、入力ピンと I/O ピンに接続されます (XNUMX つの J ピンを除く)。TAG ターゲッ ト CPLD デバイスのピン)。 これらを使用してオシロスコープまたはロジック アナライザに接続し、CPLD の入力および I/O ピンのアクティビティをキャプチャできます。 また、CPLD の入力および I/O ピンを他の外部ボードまたはデバイスに接続して、システム レベルの評価またはテストを行うためにも使用できます。
  • Atmel ATF15xx ISP ダウンロード ケーブル
  • ATF15xx ISP ダウンロード ケーブル (P/N: ATDH1150VPC) は、PC の LPT ポートを 10 ピン J ケーブルに接続します。TAG CPLD 開発/プログラマ ボードまたはカスタム回路基板のヘッダー。 これを図 10 に示します。この ISP ケーブルは、J をバッファリングするバッファとして機能します。TAG PC の LPT ポートと回路基板上の ATF15xx 間の信号。 25 ピン オス コネクタ ハウジングの背面にある電源オン LED は、ケーブルが正しく接続されていることを示します。
  • Atmel CPLD ISP ソフトウェア (ATMISP) を使用する前に、この LED がオンになっていることを確認してください。
  • この ISP ケーブルは、25 ピン (DB25) オス コネクタで構成され、PC の LPT ポートに接続されます。 10 ピン メス プラグは 10 ピン オス JTAG ISP 回路基板のヘッダ。 リボン ケーブルの赤いストライプは、メス プラグのピン 1 の向きを示します。 10ピンオスJTAG CPLD のヘッダー
  • 開発/プログラマ ボードは極性化されており、ユーザーがメス プラグを間違った方向に挿入するのを防ぎます。
  • CPLD 開発/プログラマ キットには、ATF15xx ISP ダウンロード ケーブルが含まれています。
    (ATDH1150VPC); ただし、サポートされている他の ISP ケーブルも使用できます。 ATDH1150VPC、ATDH1150USB、ByteBlasterMV、および ByteBlasterII ケーブルは ATF15xx/ASL (5V) および ATF15xxASV/ASVL (3.3V) デバイスに使用でき、古い ATDH1150PC および ByteBlaster ケーブルは ATF15xxAS/ASL (5V) に使用できます。それだけ。Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-9
  • 図 11 は、ATF10xx ISP ダウンロード ケーブルの 15 ピン メス ヘッダーのピン配置を示しています。 PC ボードの 10 ピン オス ヘッダーのピン配列 (ISP に使用する場合) は、このピン配列と一致する必要があります。Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-10
  • 注意: 回路基板は、10 ピン オス ヘッダーを介して CPLD ISP ケーブルに VCC と GND を供給する必要があります。

概略図Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-11Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-12Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-13Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-14Atmel-ATF15xx-DK3-CPLD-Development-Programmer-Kit-FIG-15

リファレンスとサポート

その他の PLD 設計ソフトウェアのリファレンスとサポートについては、ヘルプなどのドキュメントを参照してください。 file、チュートリアル、アプリケーション ノート/概要、およびユーザー ガイドは、次の Web サイトで入手できます。 www.atmel.com.
Atmel ProChip デザイナー ソフトウェア
表 8.ProChip Designer のリファレンスとサポート

プロチップデザイナー ProChip のメイン ウィンドウ メニューから…
カスタマーサービス 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > Prochip Designer ヘルプ.
チュートリアル 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > チュートリアル.
既知の問題と解決策 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > Review KPS.

Atmel WinCUPL ソフトウェア
表 9. WinCUPL のリファレンスとサポート

WinCUPL メインの WinCUPL ウィンドウ メニューから…
カスタマーサービス 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > Contents [show] .
CUPL プログラマー リファレンス ガイド 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > CUPL プログラマーズ リファレンス.
チュートリアル 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > アトメル情報 > チュートリアル1.pdf.
既知の問題と解決策 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > アトメル情報 > CUPL_BUG.pdf.

Atmel ATMISP ソフトウェア
表 10. ATMISP のリファレンスとサポート

ATMISP メインの ATMISP ウィンドウ メニューから…
カスタマーサービス Files 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > ISP ヘルプ.
チュートリアル 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > ATMISP チュートリアル.
既知の問題と解決策 Windows Explorer ブラウザーを使用して、ATISP フォルダーを見つけて、 README.TXT file ASCII テキストエディタで。

Atmel POF2JED 変換ソフトウェア
表 11. POF2JED のリファレンスとサポート

POF2JED POF2JEDウィンドウのメインメニューから…
ATF15xx 変換アプリケーションの概要 次の項目を選択します。: カスタマーサービス > 変換オプション.

テクニカルサポート

  • Atmel PLD 関連の問題に関する技術サポートについては、次の Atmel PLD アプリケーション グループに連絡してください。
  • メールアドレス pld@atmel.com
  • ホットライン (+1)(408) 436-4333
  • オンラインサポートフォーム http://support.atmel.com/bin/customer.exe

改訂履歴

リビジョン 日付 商品説明
3605C 06 / 2014 回路図、テンプレート、ロゴ、および免責事項のページを更新します。 改訂履歴セクションを追加します。
3605B 05 / 2008
  • Atmel Corporation 1600 Technology Drive, San Jose, CA 95110 USA 電話: (+1)(408) 441.0311 ファックス: (+1)(408) 436.4200 | www.atmel.com
  • © 2014 Atmel Corporation. / Rev.: Atmel-3605C-CPLD-ATF15xx-DK3-Development-Kit-UserGuide_062014.
  • Atmel®、Atmel ロゴおよびその組み合わせ、Enabling Unlimited Possibilities、およびその他は、米国および米国における Atmel Corporation の登録商標または商標です。
    他の国々。 その他の用語および製品名は、他社の商標である場合があります。
  • 免責事項: このドキュメントの情報は、Atmel 製品に関連して提供されます。 禁反言またはその他の方法による明示的または黙示的なライセンスは、本書または Atmel 製品の販売に関連して付与されるものではありません。
  • ATMEL での販売に関する ATMEL 利用規約に規定されている場合を除きます。 WEBサイト、ATMEL は一切の責任を負わず、商品性、特定の目的への適合性、または非侵害性の黙示の保証を含むがこれらに限定されない、その製品に関する明示的、黙示的、または法定の保証を否認します。 の
  • ATMEL は、いかなる直接的、間接的、結果的、懲罰的、特別、または偶発的な損害 (損失と利益、ビジネスの中断、または情報の損失を含むがこれらに限定されない) の使用または使用不能から生じるいかなる責任も負わないものとします。この文書は、ATMEL がそのような損害の可能性について知らされていたとしても.
  • Atmel は、本書の内容の正確性または完全性に関して、いかなる表明または保証も行いません。
    は文書化されており、予告なしにいつでも仕様および製品の説明を変更する権利を留保します。 Atmel は、ここに含まれる情報を更新する約束をしません。 特に別段の規定がない限り、Atmel 製品は自動車用途には適しておらず、また使用してはなりません。 Atmel 製品は、生命をサポートまたは維持することを目的としたアプリケーションのコンポーネントとして使用することを意図、承認、または保証していません。
  • セーフティ クリティカル、軍事、および自動車用途の免責事項: Atmel 製品は、そのような製品の故障が重大な人身傷害または死亡に至ることが合理的に予想されるアプリケーション (「安全上重要なアプリケーション」) のために設計されておらず、Atmel オフィサーの特定の文書なしでは使用されません。
  • 同意。 セーフティ クリティカルなアプリケーションには、生命維持装置、システム、原子力施設および兵器システムの運用のための機器またはシステムが含まれますが、これらに限定されません。
  • Atmel 製品は、特に Atmel が軍用グレードとして指定しない限り、軍用または航空宇宙用途または環境で使用するように設計されておらず、意図されていません。 Atmel 製品は、特に Atmel が自動車グレードとして指定しない限り、自動車アプリケーションで使用するように設計されておらず、意図されていません。
  • ダウンロード元: アロー.com.

ドキュメント/リソース

Atmel ATF15xx-DK3 CPLD 開発/プログラマー キット [pdf]ユーザーガイド
ATF15xx-DK3 CPLD 開発プログラマ キット、ATF15xx-DK3、CPLD 開発プログラマ キット、開発プログラマ キット、プログラマ キット

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *