028-00548 Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

ロジックプロ
コントロールサーフェスのサポート

Contents [show]

コントロールサーフェス

6

コントロールサーフェスview

6

マッキーコントロール

8

マッキーコントロールオーバーview

8

Mackie Control ディスプレイ

9

Mackie Control チャンネルストリップ

11

Mackie Control 割り当てボタン

14

Mackie Control フェーダー バンク ボタン

28

ファンクションキー

31

修飾ボタン

32

オートメーション ボタン

32

グループボタン

33

ユーティリティ ボタン

34

Mackie Control トランスポート ボタン

35

カーソルキーとズームキー

42

ジョグ/スクラブホイール

43

プログラム可能なユーザーモード

43

フットスイッチ

44

Mackie コントロールの割り当て

44

M-Audio iControl

58

iControl overview

58

iControl 割り当てボタン

59

iControl 矢印ボタン

60

iControl チャンネル ストリップ コントロール

61

iControl ミキサーとチャンネル view

61

iControl ジョグホイール

62

iControl トランスポート コントロール

62

サイクル モードの iControl ロケーター

63

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

2

iControl マスター フェーダー iControl の割り当て
Euphonix デバイス Euphonix デバイスのセットアップ Euphonix ディスプレイでのミキサー トラックのミラーリング MC Pro ソフト キー割り当てのセットアップ Euphonix の読み取りおよび書き込みオートメーション モード Euphonix フェーダー ストリップ Euphonix デバイスによるプラグインの制御 Euphonix ノブセット Euphonix Logic Pro の機能
CM Labs Motormix Motormix Motormix の割り当てを設定する
Frontier Design TranzPort TranzPort セットアップ LCD ディスプレイ TranzPort 割り当て
JLCooper CS-32 MiniDesk CS-32 MiniDesk セットアップ CS-32 MiniDesk の割り当て
JLCooper FaderMaster 4/100 FaderMaster 4/100 のセットアップ FaderMaster 4/100 の割り当て
JLCooper MCS3 MCS3 MCS3 割り当てのセットアップ
コルグ microKONTROL と KONTROL49 microKONTROL と KONTROL49 のセットアップ microKONTROL と KONTROL49 の割り当て
Mackie Baby HUI Baby HUI のセットアップ Baby HUI の割り当て
Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

63 63
66 66 67 67 68 69 70 70
79 79 80
89 89 89 90
93 93 93
100 100 101
102 102 103
105 105 105
111 111 111
3

マッキー・ホイ

115

HUI セットアップ

115

HUI の割り当て

116

マッキー C4

131

C4 セットアップ

131

C4 V-Pot と V-Select ボタン

131

C4 views

132

C4 機能ボタン

138

C4 アサインボタン

138

C4 モディファイア ボタン

142

C4 パラメーター、トラック、およびスロット ボタン

142

Novation Launchpad

143

Novation Launchpad のセットアップ

143

Launchpad マルチデバイス サポート

144

ラウンチパッドの割り当て

145

ランチパッド モード

147

Launchpad Pro、Launchpad X、Launchpad Mini MK3 152 のミックス パラメータを変更する

Radikal Technologies SAC-2K

153

SAC-2K セットアップ

153

SAC-2K 割り当て

153

SAC-2K のトラブルシューティング

160

記録光

161

記録灯の設定

161

ライト パラメータの記録

161

ローランド SI-24

163

SI-24 セットアップ

163

SI-24 課題

163

タスカムUS-2400

170

US-2400のセットアップ

170

US-2400の割り当て

171

ヤマハ 01V96

179

01V96 セットアップ

179

01V96 割り当て

180

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

4

ヤマハ 02R96

191

02R96 セットアップ

191

02R96 割り当て

192

ヤマハ DM1000

197

DM1000のセットアップ

197

DM1000 の割り当て

198

ヤマハ DM2000

210

DM2000のセットアップ

210

DM2000 の割り当て

211

著作権

223

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

5

コントロールサーフェス

オーバーview Logic Pro でのコントロール サーフェスの使用について
コントロール サーフェスは、通常、フェーダー、ロータリー ノブ、ボタン、ディスプレイなどのコントロールを備えたハードウェア デバイスです。 編集用のパラメータを選択したり、再生および録音用にトラック、チャンネル ストリップ、またはチャンネル ストリップ バンクを選択したりできます。 一部のコントロール サーフェスには、再生ヘッドを正確に移動するためのジョグ ホイール、プロジェクトの再生を制御するためのトランスポート ボタン、およびその他の物理的なコントロールが備わっています。
より洗練されたコントロール サーフェスには、電動フェーダー、ロータリー エンコーダー、LED リング、およびプログラム可能なディスプレイを搭載できます。 これらが提供する追加のフィードバックにより、コンピューターの画面を見たり、マウスの操作に頼ったりしなくても、使いやすくなります。
Logic Pro は専用のサポート プロを提供しますfileトランスポート、ミキシング、録音、自動化、およびその他のタスクの制御を可能にする、多数のハードウェア コントロール サーフェス用の s (プラグイン)。
多くの USB MIDI キーボード コントローラーは、コントロール サーフェスとしても機能します。 これらのデバイスには、音楽キーボードに加えて、ドラム パッド (音符の入力や Logic Pro コマンドを実行するためのボタンとして使用)、フェーダー、ロータリー コントロール、トランスポート コントロール、および Logic Pro コマンドにマッピングできる割り当て可能なボタンを含めることができます。 Logic Pro は専用のプロではなく、Lua スクリプトのサポートを提供しますfile、さまざまなメーカーの多数のキーボード (およびデスクトップ) コントローラー用。 USB MIDI キーボードは、Smart Control やその他の Logic Pro 機能に自動的にマッピングしたり、独自の割り当てを作成および変更したりできます。
Logic Pro ユーザーガイドには、Logic Pro で動作するようにコントロールサーフェスデバイスをセットアップする方法を示すセクションが含まれています。 Logic ProユーザーガイドのLogic Proにコントロールサーフェスを追加するを参照してください。
注: Nektar Panorama、Native Instruments Komplete Kontrol、およびその他のユニットなどの多くのデバイスには、メーカー提供のプラグインが用意されています。 セットアップ情報については、デバイス メーカーのサポート資料を参照してください。
レベルやパンなど、Logic Pro のすべてのミキサー コントロールは、マウスやコンピューターのキーボードを使って画面上で調整できます。 ただし、これは正確なリアルタイム制御の理想的な方法ではありません。 ハードウェア コントロール サーフェスをコンピューターに接続することで、クリエイティブ フローを強化し、柔軟性と精度を高めることができます。
コントロール サーフェスまたは MIDI キーボード コントローラーは、ポータブル Mac とオーディオ インターフェイスを使用してダイナミックなライブ パフォーマンスを作成するのに最適です。 スタジオでは、ミキサーやプラグインのパラメーターのコントロール サーフェス オートメーションを録音できます (Logic Pro が録音モードでない場合でも)。 トラック オートメーションは、トラック領域とピアノロール エディタに表示されます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

6

コントロール サーフェスでフェーダーを動かすと、Logic Pro ミキサーの対応するフェーダーが動き、ロータリー ノブ (またはその他のコントロール) を使用して EQ やその他のパラメーターを制御し、対応するパラメーターを Logic Pro で即座に更新できます。
Logic Pro とコントロール サーフェス間の通信は双方向であるため、画面上のパラメータ値の調整は、コントロール サーフェス上の対応するコントロールにすぐに反映されます。 コントロール サーフェスの視覚的なフィードバックは、LCD 画面、LED インジケーター、電動フェーダーなど、デバイス自体の機能によって決まります。
サポートされているコントロール サーフェスを Logic Pro で使用する場合、一部のコントロールは一般的な機能にあらかじめマッピングされています。 割り当てられていないコントロールを、Logic Pro の他のコマンドや機能にマップできます。
コントロール サーフェス デバイスのコントローラを Logic Pro の機能に割り当てる方法について詳しくは、Logic Pro ユーザーガイドの「ハードウェア コントローラを割り当てる」を参照してください。
Lua スクリプトでサポートされているデバイスの場合、この方法でコントロールを再マップしたり、Smart Control のマッピング オプションを使用したりすることもできます。 Logic ProユーザーガイドのSmart Controlを使うを参照してください。
以下のセクションでは、Logic Pro で特定のコントロール サーフェスを使用する方法について説明します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

7

マッキーコントロール
オーバーview Logic Pro の Mackie Control の
Mackie Control を使用して Logic Pro を制御し、XT や C4 ユニットなどの複数の拡張デバイスを使用してその機能を拡張できます。 Mackie Control のコントロールは物理的にさまざまな領域にグループ化されており、デバイス上で明確にラベル付けされ、さまざまなグレーの色合いで区別されます。 ドキュメントで説明されている Mackie Control の特徴と機能は、これらのグループ別に編成されています。 システムに接続されているパワード Mackie Control ユニットは、Logic Pro を開くと自動的に検出されます。 Mackie Control は、デフォルト設定ですぐに使用することも、設定をカスタマイズすることもできます。 セットアップが完了すると、Mackie Control を使用して、次の方法で Logic Pro を制御したり、作業の好みに最も適した別の方法を使用したりできます。 · トラック ウィンドウでプロジェクトを開いた状態で、目的のチャンネル ストリップを選択します。
Mackie Control のフェーダー バンク ボタンを押してコントロールします。 バンクボタンを参照してください。 ・編集したいパラメータを選択し、複数のチャンネルを編集するかどうか
(ミキサー view) または単一のチャネル (チャネル view)、割り当てボタンを使用します。 上の割り当てボタンを参照してください。view. · 再生を開始し、Mackie Control のトランスポート ボタンとジョグ ホイールを使用して、作業したい位置に再生ヘッドを移動します。 上のトランスポート ボタンを参照してください。view ジョグ/スクラブホイール。 · チャンネル ストリップ コントロールを使用してプロジェクトを編集します。 チャンネルストリップを参照してくださいview そしてVポット。 注:Mackie Control という用語は、Mackie Control Universal、元の Mackie Control、Logic Control、および Mackie (または Logic) Control Extender (XT) をドキュメント全体で使用しています。 また、Mackie Control エミュレーション モードを提供するデバイスにも適用されます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

8

Mackie Control ディスプレイ
オーバーview Logic Pro の Mackie Control ディスプレイの数
ディスプレイは Mackie Control の上部にあります。 それぞれに異なる情報が表示されます。
表示
· メイン液晶ディスプレイ (LCD): メイン LCD は XNUMX つの列に分割され、それぞれに XNUMX 行のテキストがあります。 各列には、そのすぐ下にあるチャンネル ストリップ コントロールの情報が表示されます。 異なるパラメーターをエディットしたり、Mixer を使用すると、表示される情報が変わります。 view またはチャンネル view アクティブです。 通常、各列の上段には省略されたトラック (またはチャネル) 名が表示され、下段には省略されたパラメータ名とその値が表示されます。
一部のモードでは、対応するコントロールを動かしているときに、長いパラメーター名 (またはその他のテキスト) が画面に短時間表示されます。 コントロールサーフェスの環境設定で、長いパラメータ名の表示と持続時間を設定できます。 環境設定の設定について詳しくは、「Logic Pro ユーザーガイド」を参照してください。
注: LCD では、c などの 8 ビット ASCII 文字urly 引用符とウムラウトは、可能な限り最高の 7 ビット ASCII に置き換えられます。
· アサインメント表示: アサインメント表示 (モード表示とも呼ばれます) は、メイン LCD の右側にあり、現在のアサイン状態を表す XNUMX 桁の略語が表示されます。 チャンネルを選択すると、ディスプレイの右下隅にピリオド (.) が表示されます。 view アクティブです。
· 時間表示: アサインメント表示の右側にある時間表示には、現在の再生ヘッドの位置が、音楽的な時分割 (BEATS) または SMPTE タイムコード形式 (SMPTE) で表示されます。 ディスプレイの左側にある小さな LED は、現在の表示形式を示します。
· フォーマットが Beats に設定されている場合、Time ディスプレイの XNUMX つのセグメントは、現在の再生ヘッドの位置を小節、拍、拍の分割、およびティックとして表示します。
· フォーマットが SMPTE に設定されている場合、時間表示の XNUMX つのセグメントは、現在の再生ヘッドの位置を時、分、秒、およびフレームとして表示します。
SMPTE/BEATS ボタンを押してフォーマットを切り替えます。 Control Surfaces Setup ウィンドウの Clock Display パラメータでデフォルトのフォーマットを設定することもできます。 Logic Pro ユーザーガイドを参照してください。
· Solo LED: Solo LED (Mackie Control の Rude Solo) は、チャンネル ストリップがソロに設定されている場合、またはソロ モードがオンになっている場合に点灯します。 これは、チャンネル ストリップをソロにした後にフェーダー バンクを切り替えた結果、ソロになったチャンネル ストリップのソロ LED がコントロール サーフェス上で隠れてしまった場合に役立ちます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

9

Logic Pro の Mackie Control ディスプレイ コントロール ボタン
時間表示の左端のすぐ下にあるコントロール ボタンは、メイン LCD と時間表示に表示される内容に影響します。

表示ボタン
· SMPTE/BEATS: SMPTE/BEATS ボタンを押して、XNUMX つの時間形式 (SMPTE 時間またはビート) を切り替えます。 上のディスプレイを参照してくださいview.
· NAME/VALUE: NAME/VALUE ボタンを押して、メイン LCD の XNUMX つのパラメーター表示形式 (パラメーター名または値のいずれかが表示されます) を切り替えます。
SHIFT ボタンを押しながら NAME/VALUE ボタンを押すと、メイン LCD の XNUMX つのレベル メーター モードが切り替わります。
· 垂直: このモードでは、各チャンネル (両方の LCD 行) の最後の文字に、チャンネル レベルを示す垂直バーが重ねて表示されます。 レベルメーターが見えなくなると、文字が再表示されます。
· Horizo​​ntal with Peak Hold: このモードでは、LCD の下の行が水平チャンネル レベル バーに置き換えられます。 ピーク ホールドは中空のボックスとして表示され、数秒後に消えます。 信号オーバーロード (クリッピング) はアスタリスクで示され、クリアされるまで LCD ディスプレイに残ります。
· オフ: このモードでは、メイン LCD にレベル メーター バーが表示されません。
XNUMX つのモードすべてで、チャンネル ストリップの SIGNAL LED は通常どおり機能し、信号の存在を示します。
CONTROL ボタンを押したまま、NAME/VALUE ボタンを押して、Logic Pro ミキサーと LCD のオーバーロード (クリッピング) インジケータをクリアします (ピークホールド付き水平モードが有効な場合)。
CMD/ALT または OPTION ボタンを押しながら NAME/VALUE ボタンを押して、コントロール サーフェス グループ設定モードをオンにします。 このモードでは、アウトライン化されたコントロール サーフェス グループの設定を編集できますが、その一部は XNUMX つのボタンではアクセスできません。
コントロール サーフェス グループ設定モードを終了するには、NAME/VALUE を押すか、マーカーまたはナッジ モードのいずれかに入ります。 マーカーボタンを参照view とナッジボタンオーバーview.

コントロール V-POT 5
Vポット6

アクション
トラック名の表示形式を設定します。 ・名前:曲名のみ表示します。 ・No: Name: トラック番号と名前を表示します。
チャンネルを切り替える view ロックモードに。 · オフ: チャンネル ストリップを選択すると、標準モードになります。
アクティブな (現在編集中の) チャンネル ストリップ。 · オン: アクティブなチャンネル ストリップをロックします。 別のチャンネルストリップの選択
編集中のチャンネルストリップには影響しません。 オンからオフに切り替えると、チャンネル ストリップも更新されます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

10

コントロール V-POT 7
Vポット8

アクション
LCD 表示形式を切り替えます。 · 名前: LCD の上段にはグローバル情報が表示され、
下の行にはパラメータ名が表示されます。 · 値: LCD の上段にパラメータ名が表示され、
下の行にはパラメータ値が表示されます。 機能的には、NAME/VALUE ボタンを押すのと同じです。
時計の表示形式を切り替えます。 · Beats: クロックは、バー、ビート、ビートの細分化、目盛りで表示されます。 ・SMPTE:クロックをSMPTE形式で表示します。 機能的には、これは SMPTE/BEATS ボタンを押すのと同じです。

Mackie Control チャンネルストリップ
オーバーview Logic Pro の Mackie Control チャンネル ストリップ
メイン LCD ディスプレイのすぐ下には、XNUMX セットのチャンネル ストリップ コントロールがあります。 これらを使用して、Logic Pro のチャンネル ストリップ パラメータ、プラグイン パラメータ、およびその他の機能を制御できます。 Mackie Control と XT ユニットの両方の各チャンネル ストリップには、リンクされたセクションで説明されているコントロールが含まれています。
・ボタン付きV-Potロータリーエンコーダー。 V-Pot を参照してください。
・REC/RDYボタンとLED。 チャンネルストリップのボタンと LED を参照してください。
・タッチセンサー式電動フェーダー。 Mackie Control には、専用のマスター フェーダーも用意されています。 フェーダーを参照してください。
Mackie が Logic Pro で V-Pot を制御
V-Pot は、統合されたボタン (エンコーダーの上部を押し下げてアクセス) を備えたロータリーエンコーダーです。 V-Pot を使用して、チャンネルのセンド レベルとパン/バランスを調整できます (Channel view) または、エフェクトまたはインストゥルメントのプラグイン パラメータを調整します。 また、V-Pot を使用して、メニューからプラグインやソフトウェア音源などのアイテムをスクロールして選択し、送信先を決定することもできます。 V-Pot を速く回すほど、値の変更やメニューのスクロールなどが速くなります。
各 V-Pot の上部には統合されたプッシュ ボタンがあり、通常、デフォルトのパラメーター値を設定するか (パラメーターに XNUMX つ以上の可能な値がある場合)、または XNUMX つのパラメーター値を切り替えます (オン/オフ)。 このボタンは、V-Pot で選択した機能を有効にするためにも使用できます。 例えばampV-Pot を回して、チャンネル インサート スロットの XNUMX つのエフェクト プラグインのリストをスクロールできます。 必要なエフェクトがメイン LCD に表示されたら、V-Pot の上部を押してエフェクトを選択して挿入し、プラグイン ウィンドウを開きます。 このボタンは、特別な割り当てモードに切り替えるために使用されることもあります。
値または名前 (プラグインなど) が事前に選択されているが、確認または挿入されていない場合、V-Pot ボタンを押すまで値 (または名前) がメイン LCD で点滅します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

11

V-Pot で調整しているパラメーターの現在の値は、(名前/値の設定に応じて) メイン LCD に表示され、V-Pot を囲む LED のリングによっても示されます。 パラメーター値の LED リングへの表示方法は、表示するパラメーターの種類によって異なります。
CMD/ALT ボタンを押したままにすると、V-Pot が高解像度 (ファイン) モードに設定され、このモードが適用されるパラメーターに設定されます。
OPTION ボタンを押しながら V-Pot を回すと、パラメーターの最小値、デフォルト値、最大値が切り替わります。
Mackie Control Logic Pro のチャンネルストリップボタンと LED
各チャンネル ストリップには、同一のボタンと LED があります。
チャンネルストリップのボタン
· REC/RDY ボタン: REC/RDY ボタンを押してチャンネル ストリップを録音用に準備します。 チャンネルが現在アームされている場合、REC/RDY ボタンを押すとアームが解除されます。 各 REC/RDY ボタンには赤い LED があり、チャンネルが録音のためにアームされているときに点灯します。
OPTION ボタンを押しながら任意のチャンネル ストリップの REC/RDY ボタンを押すと、すべてのチャンネル ストリップのアームが解除されます。
· SOLO ボタン: SOLO ボタンを押すと、チャンネル ストリップが分離して聞こえます。 各 SOLO ボタンにはオレンジ色の LED があり、チャンネル ストリップがソロになると点灯します。 チャンネルがソロになると、右端の Rude Solo LED も点灯します。
OPTION ボタンを押しながら任意のチャンネル ストリップの SOLO ボタンを押すと、すべてのチャンネル ストリップのソロが無効になります。
送信先/レベルで view (送信ボタンを参照してください。view)、SOLO ボタンは、両方のミキサーのプリ/ポスト モードの選択を制御します。 view とチャンネル view.
· MUTE ボタン: MUTE ボタンを押してチャンネルを無音にします。 各 MUTE ボタンには、チャンネルがミュートされているときに点灯する赤い LED があります。
OPTION ボタンを押しながら任意のチャンネル ストリップの MUTE ボタンを押すと、ミュートされているすべてのチャンネル ストリップのミュートが解除されます。
EQ Frequency/Gain と Send Destination/Level で viewMUTE ボタンは、EQ バイパスまたはセンドミュート機能を制御します。 これはミキサーとチャンネルの両方に影響します views.
· SELECT ボタン: SELECT ボタンを押してチャンネルを選択し、チャンネルベースの編集または割り当てコマンドを有効にします。 各 SELECT ボタンには緑色の LED があり、チャンネルが選択されると点灯します。
SHIFT ボタンを押しながらチャンネル ストリップの SELECT ボタンを押すと、チャンネルの音量がユニティ レベル (0 dB) に設定されます。
注: SHIFT ボタンを押している間、SELECT ボタンの LED は、チャンネルの音量が 0 dB に設定されているかどうかを示します。
OPTION ボタンを押しながら任意のチャンネル ストリップの SELECT ボタンを押すと、選択したトラックと同じチャンネル ストリップに割り当てられた新しいトラックが作成されます。
SHIFT ボタンと OPTION ボタンを押しながらチャンネル ストリップの SELECT ボタンを押すと、次のチャンネル ストリップ (選択したトラックの次のチャンネル) で新しいトラックが作成されます。
· 信号 LED: 発信 MIDI またはオーディオ信号の存在を示します。 録音中は、着信信号の存在を示します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

12

Logic Pro の Mackie Control フェーダー
各チャンネル ストリップの電動フェーダーは、通常、ミキシング コンソールのボリューム フェーダーのように、チャンネル レベルを制御するために使用されます。 ただし、Flip モードを使用して、他のパラメーターを制御するようにフェーダーを割り当てることもできます。
フリップ モードは、MASTER フェーダーのすぐ上にある FLIP ボタンを押すことで有効になります。 Flip モードが有効な場合、チャンネルの V-Pot に現在割り当てられているパラメーターをフェーダーで制御できます。 これにより、パン、AUX リターン、MIDI トラック パラメータ、EQ、エフェクト、ソフトウェア音源、またはその他のチャネル パラメータをより正確に制御できます。
CHANNEL または FADER BANK ボタンのいずれかを押すと、XNUMX つのフェーダーで制御するチャンネルを切り替えることができます。 チャンネルボタンとバンクボタンを参照してください。
フェーダーの動作は、以下に概説するように、さまざまなモードで変化します。
· フリップ モード: 同じチャンネルの V-Pot でパラメーターを複製または交換します。
・インサラウンドアングル・ダイバーシティ view: サラウンドダイバーシティを調整します。
· In EQ 周波数/ゲイン view: 選択した EQ バンドのゲインを調整します。
・In Send Destination/Level Mixer view: 選択したセンドのセンドレベルを調整します。
・In Send Destination/Level Channel view: 選択したチャンネル ストリップのセンドのセンド レベルを調整します。
Mackie Control には、Logic Pro ミキサーのプライマリ マスター チャンネル ストリップのレベルを制御するマスター フェーダーもあります。 これにより、相対的なレベルを変更することなく、すべての出力チャンネル ストリップのレベルを上げたり下げたりできます。
プロジェクトにマスター チャンネル ストリップが存在しない場合、Mackie Control マスター フェーダーは出力チャンネル ストリップ 1 にマッピングされます。
複数のオーディオ システムを同時に使用する場合、マスター フェーダーは最初のデバイスのマスター チャンネル ストリップのみを制御します ([オーディオ設定] ウィンドウに表示される順序と一致します)。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

13

Mackie Control 割り当てボタン
Logic Pro の Mackie Control Assignment ボタン
Assignment LED のすぐ下には、XNUMX つの ASSIGNMENT ボタンがあります。
ASSIGNMENT ボタンの XNUMX つを押して、チャンネル ストリップの V-Pot、フェーダー、およびスイッチで制御または編集するパラメーターのタイプを選択します。 対応する LED が点灯して現在アクティブなアサインを示し、Assignment ディスプレイにはアサイン タイプの XNUMX 桁の略語が表示されます。
ASSIGNMENT ボタンは、Single と All の両方で機能します。 views. Views は課題で説明されています views.
マッキーコントロールの割り当て viewLogic Pro での
各 ASSIGNMENT ボタンには XNUMX つの views: ミキサー view とチャンネル view。 これら viewプロジェクトのパラメータを編集するには、XNUMX つの方法があります。
・ミキサー view: 複数のチャンネルで単一のパラメーターを表示し、編集することができます。 ・チャンネル view: XNUMX つのチャネルの複数のパラメータを表示し、編集できます。
モード表示の右下隅にピリオド (.) が表示されるのは、Channel view アクティブです。 ASSIGNMENTボタンをXNUMX回押すと選択され、Mixerに切り替わります view、Instrument Edit の切り替え時を除く view およびプラグイン編集 view. この場合、モードは Channel のままです。 view.
注: 各 ASSIGNMENT ボタンについて、編集できるパラメーターは、アクティブなパラメーターに応じて変わります。 view.
NAME/VALUE ボタンは、ミキサーとチャンネルのメイン LCD に表示される内容にも影響します。 view秒。 詳細については、ファンクション キーを参照してください。
Mackie コントロール トラック ボタン
Logic Pro の Mackie Control Track ボタン
TRACK ボタンを押してチャンネルを選択します。 view チャンネル ストリップ コントロールを割り当てて、チャンネル ストリップ パラメータを編集します。
· TRACK ボタンを XNUMX 回押して、複数のチャンネル ストリップの単一のパラメーターを編集し、ミキサーを有効にします。 view.
· TRACK ボタンをもう一度押すと、XNUMX つのチャンネル ストリップの複数のパラメーターを編集し、Channel に切り替えます。 view.
· TRACK ボタンを押し続けると、LCD にトラック ショートカット メニューが表示されます。 · TRACK ボタンを長押しして、LCD にトラックのショートカット メニューを表示し、次に を押します。
V-Pot 8 または F8 でチャンネルストリップ設定に切り替え view.

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

14

マッキー コントロール ミキサー view ロジックプロで
ミキサー view では、ボリューム、パン、入力フォーマット、入力割り当て、出力割り当て、オートメーション モードなど、複数のチャンネル ストリップで XNUMX つのパラメーターを編集できます。 ミキサーに切り替えると view、編集中のパラメーターがメイン LCD の右側に短時間表示されます。 モード・ディスプレイには「tr」(トラックを表す)が表示され、LCDの上段にはトラック名が表示されます。
NAME/VALUE を押すと、LCD の下段にパラメーター値が表示されます。 これらは、V-Pot を回すか、そのボタンを押すと表示されます。
ミキサーで編集するために、次のコントロールを操作できます。 view:
· V-Pot を回転させると、関連するチャンネル ストリップのパラメーターが変更されます。
· V-Pot のボタンを押すと、パラメーターがデフォルト値に設定されます。
· 左カーソル/右カーソル ボタンは、次または前のチャンネル ストリップ パラメータに切り替えます。 選択したパラメータは、LCD の上段に短時間表示されます。
注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。

マッキーコントロールチャンネル view ロジックプロで
チャネル view では、1 つのチャンネル ストリップの最も重要なチャンネル ストリップ パラメータ (ボリューム、パン、楽器、インサート スロット 2 の割り当て、インサート スロット 1 の割り当て、センド 2 レベル、センド 3 レベル、センド XNUMX レベル) を編集できます。 チャンネルを切り替えると view、モードディスプレイに「tr.」が表示され、LCDの上段にチャンネルストリップの名前が表示されます。
NAME/VALUE を押すと、上段にパラメータ名、下段にパラメータ値が表示されます。
この表は、Channel での V-Pot 編集の概要を示しています view:

コントロール V-Pot 1 V-Pot 2 V-Pot 3
Vポット4
Vポット5
V-Pot 6 V-Pot 7 V-Pot 8

アクション
ボリュームを編集します。 LCDの下段に現在の値が表示されます。
パンを編集します。 LCD の下段に現在の値が表示されます。
ソフトウェア音源トラックの場合は、回して音源を選択します。 V-Pot 3 ボタンを押して選択を確定し、インストゥルメントを挿入して、プラグイン ウィンドウを開きます。
オーディオおよびソフトウェア音源トラックの場合は、回して挿入スロット 1 で使用するプラグインを選択します。V-Pot 4 ボタンを押して選択を確認し、エフェクトを挿入して、プラグイン ウィンドウを開きます。
オーディオおよびソフトウェア音源トラックの場合は、回して挿入スロット 2 で使用するプラグインを選択します。V-Pot 4 ボタンを押して選択を確認し、エフェクトを挿入して、プラグイン ウィンドウを開きます。
Send 1 のセンドレベルを編集します。
Send 2 のセンドレベルを編集します。
Send 3 のセンドレベルを編集します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

15

SHIFT を押しながら MUTE または V-Pot ボタンを押すと、ミュートとバイパスが切り替わります。

Control V-Pot 1 または Mute 1 V-Pot 2 または Mute 2 V-Pot 3 または Mute 3
V-Pot 4 または Mute 4
V-Pot 5 または Mute 5
V-Pot 6 またはミュート 6 V-Pot 7 またはミュート 7 V-Pot 8 またはミュート 8

アクション
チャンネル ストリップをミュート (またはミュート解除) します。
チャンネル ストリップをミュート (またはミュート解除) します。
ソフトウェア音源トラックの場合、チャンネルストリップで使用されているソフトウェア音源をミュート (またはミュート解除) します。
オーディオおよびソフトウェア音源トラックの場合、インサート スロット 1 で使用されるエフェクト プラグインをバイパスします。
オーディオおよびソフトウェア音源トラックの場合、インサート スロット 2 で使用されるエフェクト プラグインをバイパスします。
ミュート (またはミュート解除) 送信 1.
ミュート (またはミュート解除) 送信 2.
ミュート (またはミュート解除) 送信 3.

Logic Pro の Mackie Control Track ショートカット メニュー
TRACK ボタンを長押しすると、LCD にトラック ショートカット メニューが表示されます。 このメニューが有効な場合、モード表示には「t_」(トラック ショートカット) が表示されます。 V-Pot または Function ボタンのいずれかを押して、アウトラインの変更を行います。

コントロール V-Pot 1 または F1 V-Pot 2 または F2 V-Pot 3 または F3 V-Pot 4 または F4 V-Pot 5 または F5 V-Pot 6 または F6 V-Pot 7 または F7 V-Pot 8 または F8

アクション
ミキサーに切り替え viewを選択し、V-Pot で編集するパラメーターとしてボリュームを選択します。
ミキサーに切り替え viewを選択し、V-Pot で編集するパラメーターとしてパンを選択します。
ミキサーに切り替え viewを入力し、V-Pot で編集するパラメーターとして入力フォーマットを選択します。
ミキサーに切り替え viewを入力し、V-Pot で編集するパラメーターとして入力割り当てを選択します。
ミキサーに切り替え viewを選択し、V-Pot で編集するパラメーターとして出力割り当てを選択します。
ミキサーに切り替え viewをクリックし、V-Pot で編集するパラメーターとしてオートメーション モードを選択します。
ミキサーに切り替え view、Logic Proをアレンジに切り替えます viewをクリックし、[トラック] ウィンドウで選択したオートメーション パラメータを選択します。
チャンネルストリップ設定に切り替えます view.

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

16

Mackie Control チャンネル ストリップのセットアップ view ロジックプロで
TRACK ボタンを押したままにして、LCD にトラック ショートカット メニューを表示し、V-Pot 8 または F8 を押して Channel Strip Setup に入ります。 view。この内 viewでは、選択したチャンネル ストリップのリストされたパラメータを編集できます。

コントロール V-Pot 1 V-Pot 2 V-Pot 3 V-Pot 4 V-Pot 5 V-Pot 6

アクション チャンネル ストリップのフォーマット (モノ、ステレオ、左、右、およびサラウンド) を編集します。 Spread パラメータを編集します。 チャンネルストリップの入力割り当てを選択します。 V-Pot 6 を押して確定します。チャンネルストリップ出力の割り当てを選択します。 V-Pot 7 を押して確定します。オートメーションモードを編集します。 グループ メンバーシップを編集します。 XNUMX つのグループまたはオフのみを選択できます。 チャンネル ストリップを複数のグループのメンバーにするには、グループ編集モードを使用します。

Mackie Control パン/サラウンド ボタン
Logic Pro の Mackie Control Pan/Surround ボタン
PAN/SURROUND ボタンを XNUMX 回押して、パン/サラウンド ミキサーを有効にします。 view.
PAN/SURROUNDボタンを繰り返し押して、パン/サラウンドミキサーを切り替えます view およびパン/サラウンドチャンネル view.
PAN/SURROUND ボタンを押し続けると、LCD にパン/サラウンド モード オプションのサブメニューが表示されます。
Mackie Control パン/サラウンド ミキサー view ロジックプロで
パン/サラウンドミキサー view では、すべてのチャンネル ストリップに対して XNUMX つのパン/サラウンド パラメータを編集できます。Angle または Pan (非サラウンド チャンネル ストリップの場合)、Diversity、LFE、Spread (サラウンド チャンネル ストリップの場合)。 このモードに切り替えると、編集中のパラメータが一時的に表示されます。 選択された (アクティブな) サラウンド パラメータに関係なく、非サラウンド チャンネル ストリップには常に標準のパン コントロールが表示されます。
サラウンド チャンネル ストリップと非サラウンド チャンネル ストリップの両方を含むプロジェクトでは、サラウンド チャンネル ストリップの指定されたサラウンド パラメータを編集できますが、非サラウンド チャンネル ストリップの V-Pot は通常どおりパン位置を編集します。
インパン/サラウンドミキサー view:
・モード表示は「Pn」(パンの意)と表示されます。 · LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 · V-Pot を回転させると、現在のパン/サラウンド パラメータが変更されます。 · サラウンド アングル パラメータは、角度を避けて 0 から 359 度の間で回転します。
限界

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

17

· V-Pot のボタンを押すと、パラメーターがデフォルト値に設定されます。
· カーソル左/カーソル右ボタンは、次または前のサラウンド パラメータに切り替えます。 選択したパラメータが LCD の上段に短時間表示されます。
注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。

Mackie コントロール パン/サラウンド チャンネル view ロジックプロで
パン/サラウンドチャンネル view 選択したチャンネル ストリップのすべてのサラウンド パラメータを編集できます。
・モード表示は「Pn」(パンの意)と表示されます。 · LCD の上段には、チャンネル ストリップの名前と「パン/サラウンド」が表示されます。

コントロール V-Pot 1 V-Pot 2 V-Pot 3 V-Pot 4 V-Pot 5 V-Pot 6

アクション アングルを編集します (または非サラウンドチャンネルストリップでパンします)。 多様性を編集します。 LFE レベルを編集します。 編集が広がります。 サラウンド X を編集します。 サラウンド Y を編集します。

注: 角度/ダイバーシティと X/Y のペアは相互に影響します。 アングル/ダイバーシティ パラメータのみが自動化され、記録されます。

Logic Pro の Mackie Control 代替パン/サラウンド モード オプション
PAN/SURROUND ボタンを押したままにすると、LCD に別のパン/サラウンド モード オプションのサブメニューが表示されます。 V-Pot とファンクション キーを使用すると、表に示されている変更を行うことができます。

コントロール V-Pot 1 または F1 V-Pot 2 または F2 V-Pot 3 または F3 V-Pot 4 または F4 V-Pot 5 V-Pot 6 または F5

パン/サラウンドミキサーへのアクションスイッチ view 角度を選択します。 パン/サラウンドミキサーに切り替えます view ダイバーシティを選択します。 パン/サラウンドミキサーに切り替えます view LFE レベルを選択します。 パン/サラウンドミキサーに切り替えます view をクリックし、[スプレッド] を選択します。 — パン/サラウンドチャンネルに切り替えます view.

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

18

コントロール V-Pot 7 または F6
V-Pot 8 または F7

アクション
サラウンド アングル/ダイバーシティ ミキサーに切り替えます view. ・モード表示は「Ad」(Angle/Diversity)と表示されます。 ・LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 ・LCD下段は現在アサインされているサラウンドアングルを表示
各チャンネルストリップ。 · V-Pot を回転させると、サラウンド アングルが変更されます (またはパンの位置が調整されます)。
非サラウンド チャンネル ストリップ)。 · V-Pot を押すと、サラウンド アングルがデフォルト値に設定されます。 · フェーダーは、サラウンド ダイバーシティを編集します。
サラウンド X/Y ミキサーに切り替えます view. ・モード表示は「XY」となります。 ・LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 ・LCDの下段には現在割り当てられているサラウンドX値が表示されます。
各チャンネルストリップ。 · V-Pot を回転させると、サラウンド X 値が変更されます (またはパン位置が調整されます)。
非サラウンド チャンネル ストリップ)。 · V-Pot を押すと、サラウンド X がデフォルト値に設定されます。 · フェーダーはサラウンド Y を編集します。

注: X および Y パラメータは直交座標系に限定されます。 そのため、サラウンド サークルの外側にある値のペアは使用できません。 無効な Y 値を設定しようとすると、X 座標は自動的に有効な位置に調整されます。逆の場合も同様です。 例えばampY を +1000 に移動すると、X 座標値は 0 になります。一方の座標値のみを編集すると、もう一方の座標値は、最後に選択したチャンネル ストリップの設定にデフォルト設定されます。 これにより、直線的な動きを作成できます。 X と Y は 1000 から +1000 の値の範囲を持ちますが、サラウンド ポジションは現在 7 ビット データとして記録されているため、解像度はそれほど高くありません。

Mackie Control EQ ボタン
Logic Pro の Mackie Control EQ ボタン
EQ ボタンを押して EQ ミキサーを起動します。 view. EQ ボタンを繰り返し押して、EQ ミキサーを切り替えます。 view および EQ チャンネル view. EQ ボタンを押したままにして、LCD の EQ 編集モード サブメニューのオプションにアクセスします。 注: 選択したチャンネル ストリップに Channel EQ または Linear Phase EQ が存在しない場合、EQ Channel に入ると Channel EQ が自動的に挿入されます。 view.
Mackie コントロール EQ ミキサー view ロジックプロで
EQミキサー view では、すべてのチャンネル ストリップに対して 1 つのイコライザー パラメータを編集できます: 周波数、ゲイン、Q、または EQ バイパス。 このモードに切り替えると、EQ バンド番号と編集中のパラメーターが短時間表示されます。 ・モード表示部にはE8~EXNUMXが表示され、選択されたEQバンドを示します。 ・LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 · V-Pot を回すと、現在の EQ パラメータが変更されます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

19

· V-Pot ボタンを押すと、パラメーターがデフォルト値に設定されます。
· Cursor Up/Cursor Down ボタンは、次または前の EQ バンドに切り替えます。
· カーソル左/カーソル右ボタンは、次または前の EQ パラメータに切り替えます。 選択されたパラメータは LCD 上段に短時間表示されます。
・SHIFTボタンを押しながらMUTEボタンを押すと、現在のEQバンドのバイパス状態が切り替わります。
· フリップ モードをオンにすると、MUTE ボタンが表示され、現在の EQ バンドのバイパス状態が切り替わります。
注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。

Mackie Control EQ チャンネル view ロジックプロで
EQ チャンネル view では、選択したチャンネル ストリップのすべての EQ パラメータをすべての帯域で編集できます。
・モード表示にはEQ(EQチャンネルストリップ)が表示されます。 · LCDの上段には、チャンネルストリップの名前、EQ、ページ番号、
および総ページ数 (例:ampル: 「ページ 1/2」)。

コントロール V-Pot 1 V-Pot 2 V-Pot 3 V-Pot 4 V-Pot 5 V-Pot 6 V-Pot 7 V-Pot 8

Action 奇数番号の EQ バンドの周波数を編集します。 奇数番号の EQ バンドのゲインを編集します。 奇数番号の EQ バンドの Q ファクターを編集します。 奇数番号の EQ バンドのバイパス状態を切り替えます。 偶数番号の EQ バンドの周波数を編集します。 偶数番号の EQ バンドのゲインを編集します。 偶数番号の EQ バンドの Q ファクターを編集します。 偶数番号の EQ バンドのバイパス状態を切り替えます。

Cursor Left および Cursor Right ボタンは、次または前の EQ バンドに切り替えます。 LCD には XNUMX つの EQ バンドが表示されます。 XNUMX つまたは複数の Mackie Control (XT) ユニットが接続されている場合、各 XT は XNUMX つの EQ バンド (最大で合計 XNUMX つのバンド) を表示できます。
注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

20

Logic Pro の Mackie Control オルタネート EQ 編集モード オプション
EQ ボタンを押したままにして、LCD の別の EQ 編集モード オプション サブメニューにアクセスします。 モード表示には、EQ ミキサーまたは EQ チャンネルのどちらを使用しているかに応じて、E_ または E_ が表示されます。 view.

コントロール V-Pot 1 または F1 V-Pot 2 または F2 V-Pot 3 または F3 V-Pot 4 または F4 V-Pot 6 または F6 V-Pot 7 または F7
V-Pot 8 または F8

アクション
EQミキサーに切り替え view 周波数を選択します。
EQミキサーに切り替え view ゲインを選択します。
EQミキサーに切り替え view し、Q を選択します。
EQミキサーに切り替え view バイパスを選択します。
EQ チャンネルに切り替えます view.
周波数/ゲイン ミキサーに切り替えます view. このモードでは、すべてのチャンネル ストリップの特定の EQ バンド (1 ~ 8) の周波数とゲインのパラメーターを編集できます。 ・モード表示にはF1~F8が表示され、選択されたEQバンドを示します。 ・LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 · LCD の下段には、選択した EQ バンドの周波数が表示されます。 · V-Pot を回すと、EQ の周波数が変わります。 · V-Pot を押すと、EQ 周波数がデフォルト値に設定されます。 · Mute ボタンを使用して EQ をバイパスします。 · フェーダーを使用して EQ ゲインを調整します。
周波数/ゲインチャンネルに切り替えます view. このモードでは、選択したチャンネル ストリップのすべての EQ バンドの周波数とゲインのパラメーターを編集できます。 チャンネル ストリップの各ペアは、1 つの EQ バンドに対応します。 ・モード表示はFGとなります。 · V-Pot 8 ~ 1 は、EQ バンド 8 ~ 1 の周波数を制御します。 · ミュート ボタン 8 ~ 1 は、EQ バンド 8 ~ 1 のバイパスを制御します。 · フェーダー 8 ~ 1 は、EQ バンド 8 ~ XNUMX のゲインを制御します。

注: このモードでは、EQ バンドの周波数値が昇順の場合、フェーダーは周波数応答曲線を形成します。
ヒント: ここを離れることなく、別のチャンネル ストリップの EQ を編集できます。 view Logic Pro でチャンネル ストリップを選択するか、Mackie Control の適切な SELECT ボタンを押します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

21

Mackie Control 送信ボタン

Logic Pro の Mackie Control Send ボタン
SENDボタンを押してセンドミキサーを有効にします view. SENDボタンを繰り返し押して、センドミキサーを切り替えます view および送信チャンネル view. SEND ボタンを押したままにして、LCD の送信編集モード サブメニューのオプションにアクセスします。

Mackie コントロール センド ミキサー view ロジックプロで
センドミキサー view デスティネーション、レベル、ポジション、またはミュートのすべてのチャンネル ストリップに対して XNUMX つのセンド パラメータを編集できます。 このモードに切り替えると、送信スロット番号と編集中のパラメーターが LCD に短時間表示されます。
・モード表示部には、選択されたセンドスロットを示すS1~S8が表示されます。
・LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。
· V-Pot を回転させると、現在のセンド パラメータが変更されます。
· V-Pot を押すと、事前に選択された送信先が確定され、その他の送信パラメータがデフォルトに設定されます。
· カーソル アップ/カーソル ダウンは、次または前のセンド スロットに切り替わります。
· カーソル左/カーソル右は、次または前のセンド パラメータに切り替わります。 選択したパラメーターが LCD 上段に短時間表示されます。
・SHIFTボタンを押しながらMUTEボタンを押すと、現在のセンドのミュート状態が切り替わります。
· フリップ モードがオンの場合、MUTE ボタンは現在のセンドのミュート状態を表示および編集します。
注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。

Mackie コントロール送信チャンネル view ロジックプロで
送信チャンネル view 選択したチャンネル ストリップのすべてのセンド パラメータを編集できます。 モード表示に「SE」が表示されます。 (センドチャンネルストリップ用)。 LCD の上段には、チャンネル ストリップの名前、「Sends」というテキスト、ページ番号、および総ページ数 (たとえば、「Page 1/4」) が表示されます。ampそれら。

コントロール V-Pot 1 V-Pot 2 V-Pot 3 V-Pot 4 V-Pot 5 V-Pot 6 V-Pot 7 V-Pot 8

アクション 奇数番号の送信先を編集します。 奇数センドのレベルを編集します。 奇数センドの位置 (プリ/ポスト) を編集します。 奇数センドのミュート状態を設定します。 偶数送信先を編集します。 偶数センドのレベルを編集します。 偶数センドの位置(プリ/ポスト)を編集します。 偶数センドのミュート状態を設定します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

22

カーソル左およびカーソル右ボタンは、ページ間を移動します。 同時に表示できるセンドの数は、お持ちの Mackie Control XT の数によって異なります。
注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。
Mackie Control Logic Pro の代替センド編集モード オプション
SEND ボタンを押したままにして、LCD の別のセンド編集モード オプション サブメニューにアクセスします。 センド ミキサーを使用しているかどうかに応じて、モード ディスプレイには S_ または S_. が表示されます。 view または送信チャンネル view.

コントロール V-Pot 1 または F1 V-Pot 2 または F2 V-Pot 3 または F3 V-Pot 4 または F4 V-Pot 5 または F5 V-Pot 6 または F6
V-Pot 7 または F7
V-Pot 8 または F8

アクション
センドミキサーに切り替え view 目的地を選択します。
センドミキサーに切り替え view センドレベルを選択します。
センドミキサーに切り替え view 位置を選択します。
センドミキサーに切り替え view ミュートを選択します。
送信チャンネルに切り替えます view.
センド チャンネル ストリップ 2 に切り替えます view. このモードは Send Channel に似ています。 view、ただし、パラメーターは少し異なる方法で配置されます。 選択したチャンネル ストリップで使用されるすべてのセンド スロットの XNUMX つのパラメーターを制御できます。 ・モード表示は「SE」となります。 (チャンネルストリップを送信)。 · LCDの上段には、チャンネルストリップの名前、テキストが表示されます
「送信」、ページ番号、および総ページ数。 · V-Pot 1 ~ 8 は、表示されたパラメーターを編集します。 ・水平カーソルボタンはページ間を移動します。 の数
同時に表示できるパラメータは、お持ちの Mackie Control XT の数によって異なります。
デスティネーション/レベル ミキサーに切り替えます view. このモードでは、すべてのチャンネル ストリップに対して 1 つのセンド スロットを制御できます。 各チャンネル ストリップは、LCD 上段に表示されるチャンネル ストリップ名に対応しています。 ・モード表示部には、選択されたセンドを示すd8~dXNUMXが表示されます。 ・LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 · LCD の下段には、選択したセンドの送信先が表示されます。 · V-Pot を回転させると、送信先があらかじめ選択されます。 · V-Pot を押すと、事前に選択された送信先が確定します。 · SOLO ボタンはセンド位置を編集します。点灯している SOLO LED は Pre を示します。
フェーダーモード。 ・MUTE ボタンでセンドミュート状態を設定します。 · フェーダーは、センド レベルを編集します。
デスティネーション/レベルチャンネルに切り替え view. このモードでは、選択したチャンネル ストリップのすべてのセンド スロットを制御できます。 各チャンネル ストリップは、LCD の下に表示される (エンボス加工された) センド番号に対応しています。 ・モード表示は「dL」となります。 · V-Pot を回転させると、対応する送信先が事前に選択されます。 · V-Pot を押すと、事前に選択された送信先が確定します。 · ソロ ボタンはセンド位置を編集します。点灯しているソロ LED はプリ フェーダー モードを示します。 ・MUTE ボタンでセンドミュート状態を設定します。 ・フェーダーはセンドゲインを編集します。

XNUMX つまたは複数のセンドが複数のチャンネルでアクティブになっている場合、チャンネル内でそれらを切り替えることができます。 viewチャンネルの SELECT ボタンを押します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

23

Mackie Control プラグイン ボタン
Logic Pro の Mackie Control プラグイン ボタン
PLUG-IN ボタンを押して、プラグイン ミキサーを起動します。 view.
PLUG-INボタンを繰り返し押して、プラグインミキサーを切り替えます view とプラグインチャンネル view.
注: この動作には例外が XNUMX つあります。 Instrument Edit を使用している場合 view、PLUG-INボタンを押すと、プラグイン編集に切り替わります view. 詳細については、インストゥルメントの編集を参照してください。 view.
Mackie Control プラグイン ミキサー view ロジックプロで
この中の viewでは、すべてのチャンネルの特定のインサート スロットに関連付けられたプラグインを編集できます。 モード・ディスプレイには、選択されたインサート・スロット番号を示す P1 から P9、または 10 から 16 が表示されます。
Note: ソフトウェア音源チャンネルが選択されている場合、ディスプレイには P1 ~ P9 と 10 ~ 15 が表示されます。
プラグインミキサーで view:
· LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 · LCD の下段には、アクティブなインサート スロットで現在選択されているプラ​​グインが表示されます。
ミュートされたプラグインは、プラグイン名の前にアスタリスク (*) が付いて表示されます。 · V-Pot を回転させると、新しいプラグインが事前に選択されます。 プラグイン名は確認されるまで点滅します
V-Pot ボタンを押します。 · 別のチャンネルの V-Pot を回転させると、以前の事前選択がキャンセルされ、開始されます。
新しく選択したチャンネル ストリップの事前選択。 · V-Pot ボタンを押す:
· 事前に選択されたプラグインを確認または有効にします (V-Pot を回転させて事前に選択した場合)。
· 何も開いていない場合は、プラグイン ウィンドウを開きます。 プラグイン ウィンドウが開いていて、リンク モードがオンになっている場合、別のプラグインを選択すると、既存のプラグイン ウィンドウが置き換えられます。
・プラグインエディットに切り替え view. · カーソル上/カーソル下ボタンは、現在表示されているプラ​​グイン インサート スロットを変更します。
(1 から 15)。 · SHIFT ボタンを押しながら V-Pot または MUTE ボタンを押すと、ミュートまたはミュート解除されます。
プラグイン。 注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

24

プラグインを削除する 「–」の値を事前に選択し (V-Pot を反時計回りに完全に回転させて)、適切なインサート スロットの V-Pot ボタンを押します。
Mackie Control が Plug-in Edit に切り替わらない view、および「–」値が選択されている場合、プラグイン ウィンドウは開きません。 プラグイン ウィンドウが開いている場合は閉じます (リンク モードが非アクティブの場合)。
Mackie Control プラグイン チャンネル view ロジックプロで
この view 選択したチャンネルのすべてのインサート スロットに関連付けられているプラ​​グインが表示されます。
プラグインチャンネルで view:
・モード表示に「PL」の文字が表示されます。 · LCD 上段には Ins1Pl から Ins8Pl までが表示されます。 · LCD の下段には、このインサート スロットで現在選択されているプラ​​グインが表示されます。
ミュートされたプラグインは、プラグイン名の前にアスタリスク (*) が表示されます。 · V-Pot を回転させると、新しいプラグインが事前に選択されます。 プラグイン名は、アクティブになるまで点滅します。 · 別のチャンネルの V-Pot を回転させると、以前の事前選択がキャンセルされて開始されます
新しく選択したチャンネル ストリップの事前選択。 · V-Pot ボタンを押す:
· 事前に選択されたプラグインを有効にします (V-Pot を回転させて事前に選択したと仮定します)。
· 何も開いていない場合は、プラグイン ウィンドウを開きます。 (プラグイン ウィンドウが開いていてリンク モードがオンになっている場合、別のプラグインを選択すると、既存のプラグインが置き換えられます。)
・プラグインエディットに切り替え view. · SHIFT ボタンを押しながら V-Pot ボタンを押すと、V-Pot のミュート/ミュート解除ができます。
プラグイン。
プラグインを削除する 「–」値を事前に選択し (V-Pot を反時計回りに完全に回転させて)、適切なインサート スロットにリンクされた V-Pot を押します。
Mackie Control が Plug-in Edit に切り替わらない viewとなり、プラグイン ウィンドウは開きません。 以前に開いていた場合は、閉じます (リンク モードが非アクティブの場合)。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

25

Mackie プラグイン編集 view ロジックプロで
また、ご購読はいつでも停止することが可能です view このモードでプラグインのパラメーターを編集します。
注: Mackie Control は、自動化できるすべてのプラグインを編集できます。 プラグインの種類 (Logic Pro ネイティブまたは Audio Units) は関係ありません。 一部のサードパーティ メーカーのプラグインは、パラメータ名または値をテキストとして提供しません。 このような場合、パラメーターは「Control #1」、「Control #2」などのように名前が付けられて列挙され、値は 0 ~ 1000 の範囲の数値として表示されます。プラグインの製造元に問い合わせて、これをサポートするバージョンを入手してください。特徴。
プラグイン編集で view:
・モード表示はP1となります。 選択したプラグインインサートスロットの番号を示します。
· NAME/VALUE ボタンによって、LCD 表示が次のように XNUMX つのモードに切り替わります。
· Name: LCD 上段には、チャンネル ストリップの名前、インサート番号、プラグイン名、現在のパラメーター ページ、およびパラメーター ページの総数が表示されます。 LCD の下段にはパラメーターの名前が表示され、対応する V-Pot (パラメーター名の下にあるもの) を介して編集できます。
· 値: LCD 上段には、対応する V-Pot を介して編集できるパラメーターの名前が表示されます。 LCD の下の行には、パラメーターの現在の値が表示されます。 画面上に十分なスペースがある場合、ユニット タイプが追加されます。 例えばample、Hz または dB。
· V-Pot を回転させるとパラメーターの値が変わります。
· V-Pot ボタンを押すと、パラメーターが XNUMX つの値 (on/off など) しかない場合を除き、パラメーターがデフォルト値に設定されます。ampル)。 この場合、V-Pot ボタンを押すと、これらの値が切り替わります。
· カーソル左/カーソル右ボタンは、次または前のパラメータ ページに切り替えます。
注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。
カーソル ボタンを使用してパラメーターを切り替えると、パラメーターは XNUMX つのグループで変化します (最後のページのパラメーターが完全な XNUMX つのグループを作成しない場合を除きます)。 例えばampプラグインに 19 個のパラメーターがあり、Mackie Control がパラメーター 1 から 8 を制御している場合:
・カーソル右ボタンを押すとパラメータ9~16に移動します。
・再度カーソル右ボタンを押すとパラメータ12~19に移動します。
・カーソル左ボタンを押すと、パラメータ 9~16 ではなく、パラメータ 4~11 に戻ります。
こうすることで、常に、見つけやすく快適なページ位置に戻ることができます。
· ページ単位ではなく単一のパラメーター単位で切り替えるには、CMD/ALT キーを押しながら、カーソル左またはカーソル右ボタンを押します。
· Cursor Up/Cursor Down ボタンは、現在表示されている Insert スロット (1 から 15) を変更します。
複数の Mackie Control および XT ユニットで構成されるコントロール サーフェス グループがある場合、パラメーターはそれらのディスプレイ全体に分散されます。 表示されるパラメータの数は、Logic Pro > Control Surfaces > Preferences の Multiple Controls per Parameter 設定によって異なります。 Logic Pro ユーザーガイドを参照してください。
注: Plug-in Edit を終了するとき view、プラグイン ウィンドウが閉じます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

26

Mackie Control Instrument ボタン
Logic Pro の Mackie Control Instrument ボタン
INSTRUMENT ボタンを押してインストゥルメント ミキサーを起動します。 view、Mackie Control が現在プラグイン編集中でない場合 view. この場合、INSTRUMENT ボタンを押すと、Instrument エディットに切り替わります。 view.
ソフトウェア音源チャンネル ストリップが表示されない場合は、フェーダー バンク ゾーンの BANK または CHANNEL ボタンを使用するか、すべてに切り替えます。 view INSTRUMENT ボタンを押します。 (これは、少なくとも XNUMX つ以上のソフトウェア音源トラックを作成していることを前提としています。)
Mackie コントロール インストゥルメント ミキサー view ロジックプロで
この中の viewでは、すべてのチャンネルのインストゥルメント スロットを編集できます。
楽器のミキサーで view:
・モード表示は「In」(計器用)と表示されます。 ・LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 · LCD の下段には、現在選択されているインストゥルメントが表示されます。 ミュートされた楽器名
アスタリスク (*) が前に付きます。 · V-Pot を回転させると、新しいインストゥルメントが事前に選択されます。 事前に選択された楽器名
アクティブになるまで点滅します。 · 別のチャンネルの V-Pot を回転させると、以前の事前選択がキャンセルされて開始されます
新しく選択したチャンネル ストリップの事前選択。 · V-Pot ボタンを押す:
· 事前に選択されたインストゥルメント プラグインを有効にします (V-Pot を回転させて事前に選択したと仮定します)。
· 何も開いていない場合は、プラグイン ウィンドウを開きます。 プラグイン ウィンドウが開いていてリンク モードがオンになっている場合、別のインストゥルメント プラグインを選択すると、既存のプラグインが置き換えられます。
・インストゥルメント・エディットに切り替え view. ・SHIFTボタンを押しながらV-PotやMUTEボタンを押すとミュート/ミュート解除
楽器。
インストゥルメントの削除 1. 「–」値を事前に選択します (V-Pot を反時計回りに完全に回転させます)。 2. V-Pot ボタンを押します。
Mackie Control が Instrument Edit に切り替わらない viewとなり、プラグイン ウィンドウは開きません。 プラグイン ウィンドウが開いている場合は閉じます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

27

マッキーコントロールインストゥルメント編集 view ロジックプロで
この中の view、楽器のパラメーターを編集できます。
注: Mackie Control は、使用しているプラ​​グインの種類 (Logic Pro ネイティブまたは Audio Units) に関係なく、自動化できるすべてのインストゥルメントを編集できます。 一部のサードパーティ メーカーの計測器は、パラメータ名または値をテキストとして提供しません。 このような場合、パラメーターは「Control #1」、「Control #2」などのように名前が付けられて列挙され、値は 0 ~ 1000 の範囲の数値として表示されます。プラグインの製造元に問い合わせて、これをサポートするバージョンを入手してください。特徴。
インスト・エディット view:
・モード表示は「In」となります。
· NAME/VALUE ボタンの状態によって、LCD が次のように変化します。
· Name: LCD 上段には、チャンネルストリップ名、インストゥルメント名、現在のパラメーターページ、およびパラメーターページの総数が表示されます。 LCD の下段には、すぐ下の V-Pot で編集できるパラメーターの名前が表示されます。
· 値: LCD 上段には、下の V-Pot で編集できるパラメーターの名前が表示されます。 LCD の下段には、編集中のパラメーターの現在の値が表示されます。 LCD 行に十分なスペースがある場合、値の後にユニット タイプが表示されます。 例えばample、Hz または dB。
· V-Pot を回転させると、対応するパラメーターが変化します。
· V-Pot ボタンを押すと、パラメーターが XNUMX つの値 (on/off など) しかない場合を除き、パラメーターがデフォルト値に設定されます。ampル)。 この場合、V-Pot ボタンを押すと、これらの値が切り替わります。
Mackie Control フェーダー バンク ボタン
Logic Pro の Mackie Control Bank ボタン
Mackie Control には XNUMX セットのチャンネル ストリップ コントロールがあり、対応する XNUMX つのチャンネルを編集できます。 BANK LEFT および BANK RIGHT ボタンを使用すると、XNUMX つのチャンネル ストリップの「バンク」間を移動できます。 例えばampたとえば、チャンネル ストリップ 1 を編集している場合、BANK RIGHT ボタンを押すと、チャンネル ストリップ 8 に移動します。もう一度 BANK RIGHT を押すと、チャンネル ストリップ 9 に移動します。BANK LEFT を押すと、チャンネル ストリップ 16 に戻り、もう一度ボタンを押すと 17 に戻ります。
コントロール サーフェス グループを使用している場合、BANK LEFT および BANK RIGHT ボタンを押すと、アクティブなチャンネル ストリップがコントロール サーフェス グループ内のチャンネルの総数だけシフトされます。 例えばampMackie Control と XNUMX 台の Mackie Control XT ユニットがある場合、 view コントロールサーフェスグループ内のチャンネルの総数である 24 チャンネルずつシフトします。
BANK ボタンは、最後のチャンネル ストリップが完全な XNUMX つのグループを構成しない限り、常に XNUMX つのグループでチャンネル ストリップを変更します。 例えばampプロジェクトに 19 個のチャンネル ストリップがあり、Mackie Control がチャンネル ストリップ 1 ~ 8 を制御している場合:
・BANK RIGHT ボタンを押すと、チャンネルストリップ 9 ~ 16 に移動します。 ・もう一度 BANK RIGHT ボタンを押すと、チャンネルストリップ 12 ~ 19 に移動します。 ・BANK LEFT ボタンを押すと、チャンネルストリップ 9 ~ 16 ではなく、4 ~ 11 に戻ります。
このようにして、見つけやすく使いやすいチャンネル ストリップにいつでも戻ることができます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

28

バンクボタン、チャンネルボタンの使用上のご注意
OPTION ボタンを押したまま、BANK または CHANNEL LEFT ボタンを押すと、プロジェクト内のチャンネル ストリップの最初のセットにジャンプします。 BANK または CHANNEL RIGHT ボタンを押すと、プロジェクト内のチャンネル ストリップの最後のセットにジャンプします。 例えばampたとえば、プロジェクトに 64 個のチャンネル ストリップがある場合、BANK または CHANNEL LEFT を押すとチャンネル ストリップ 1 ~ 8 にジャンプし、BANK または CHANNEL RIGHT を押すとチャンネル ストリップ 57 ~ 64 にジャンプします。
viewXNUMX 種類のチャンネルストリップ (オーディオ、楽器、バスなど) が表示されている場合、Logic Pro は、表示されている XNUMX つのチャンネルストリップの最後のグループを記憶しています。 view、別の場所から切り替えると元に戻ります view。 例ampル、で開始する場合 view オーディオ チャンネル ストリップ 4 ~ 11 が表示されている状態で、インストゥルメントに切り替えます。 view、インストゥルメント 6 ~ 13 までスクロールし、オーディオ チャンネルに戻ります。 view、オーディオ チャンネル ストリップ 4 ~ 11 (6 ~ 13 ではありません) に戻ります。 楽器チャンネルへの切り替え view 計器 6 から 13 を表示します。
Logic Pro の Mackie Control Channel ボタン
CHANNEL LEFT および CHANNEL RIGHT ボタンを使用して、チャンネル ストリップ XNUMX つ分上下に移動できます。 CHANNEL RIGHT ボタンを押すと、アクティブなチャンネル ストリップが XNUMX チャンネル ストリップ分上に移動し、CHANNEL LEFT を押すと、XNUMX チャンネル ストリップ分下に移動します。 例えばampル、もしあなたが viewチャンネル ストリップ 1 ~ 8 を選択して CHANNEL RIGHT ボタンを押すと、チャンネル ストリップ 2 ~ 9 が表示されます。
バンクボタン、チャンネルボタンの使用上のご注意
OPTION ボタンを押したまま、BANK または CHANNEL LEFT ボタンを押すと、プロジェクト内のチャンネル ストリップの最初のセットにジャンプします。 BANK または CHANNEL RIGHT ボタンを押すと、プロジェクト内のチャンネル ストリップの最後のセットにジャンプします。 例えばampたとえば、プロジェクトに 64 個のチャンネル ストリップがある場合、BANK または CHANNEL LEFT を押すとチャンネル ストリップ 1 ~ 8 にジャンプし、BANK または CHANNEL RIGHT を押すとチャンネル ストリップ 57 ~ 64 にジャンプします。
viewXNUMX 種類のチャンネルストリップ (オーディオ、楽器、バスなど) が表示されている場合、Logic Pro は、表示されている XNUMX つのチャンネルストリップの最後のグループを記憶しています。 view 別の場所から切り替えると、そこに戻ります view。 例ampル、で開始する場合 view オーディオ チャンネル ストリップ 4 ~ 11 が表示されている状態で、インストゥルメントに切り替えます。 view、インストゥルメント 6 ~ 13 までスクロールし、オーディオ チャンネルに戻ります。 view、オーディオ チャンネル ストリップ 4 ~ 11 (6 ~ 13 ではありません) に戻ります。 楽器チャンネルへの切り替え view 計器 6 から 13 を表示します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

29

Logic Pro の Mackie コントロール フリップ ボタン
FLIP ボタンを (単独で、または修飾キーと組み合わせて) 押して、Flip、Swap、または Zero のいずれかのモードをアクティブまたは非アクティブにします。
· フリップ モード: フリップ モードでは、XNUMX つの V-Pot の現在の割り当てが XNUMX つのチャンネル フェーダーによってミラーリングされるため、両方が同じパラメーターを制御します。 V-Pot の XNUMX つを回転させると、対応するフェーダーが移動し、その逆も同様です。 Flip モードを有効にすると、FLIP ボタンの横にある LED が点灯します。 FLIP ボタンをもう一度押すと、Flip モードがオフになります。 フリップモードには次の利点がありますtag次のとおりです。
· フェーダーを使用して任意のタイプのパラメーターを編集できるため、より正確な編集コントロールが可能です。
· V-Pot とは異なり、フェーダーはタッチセンシティブです。 これにより、既存のコントローラーオートメーションの動きを定数値で上書きできます。
・Swapモード:SHIFTボタンを押しながらFLIPボタンを押すとSwapモードになります。 Swap モードでは、エンコーダーの割り当てがフェーダーの割り当てと交換されるため、フェーダーは以前に V-Pot に割り当てられたパラメーターを制御し、その逆も同様です。 スワップモードがアクティブになると、FLIP ボタンの横にある LED が点滅します。
スワップ モードがアクティブな場合、もう一度 FLIP を押すと、フリップ モードに戻ります。 SHIFT ボタンを押しながら FLIP を押すと、Swap モードがオフになり、V-Pot とフェーダーの割り当てが、Flip または Swap モードをアクティブにする前の状態に戻ります。
・Zeroモード:CONTROLボタンを押しながらFLIPボタンを押すとZeroモードになります。 ゼロモードでは、フェーダーはゼロ位置に設定され、動きません。 これは、Mackie Control がマイクの近くにあり、フェーダーが動く機械的なノイズをキャプチャしないようにしたい場合に便利です。
ゼロ モードがアクティブな場合、FLIP をもう一度押すと、フリップ モードに戻ります。 CONTROL ボタンを押しながら FLIP を押すと、Zero モードがオフになり、フェーダーが再びアクティブになります。
マッキー コントロール グローバル View Logic Pro のボタン
グローバル VIEW ボタンは、他の XNUMX つの GLOBAL と組み合わせて使用​​します。 VIEW 特定の種類のチャンネル ストリップを表示 (および編集) するためのボタン。 いずれかのボタンを押すと、すべてが有効になります View; このとき view GLOBAL の右にある緑色の LED がアクティブです。 VIEW ボタンが点灯します。
グローバルのいずれかを押すと View ボタンを押すと、対応するタイプのチャンネル ストリップがメイン LCD に表示されます。 各チャンネル ストリップは、対応するチャンネル ストリップ コントロールで編集できます。 複数のボタン (オーディオ トラック、インストゥルメント、Aux など) を押すample) は、選択したタイプのすべてのチャネルを表示します。
View (および編集) 複数 すべて View チャンネル ストリップ グローバルのいずれかのボタンを押しながら View ゾーンで別のボタンを押すと、このチャンネル ストリップ タイプが現在表示されているものに追加されます。 チャンネル ストリップ タイプがすでに表示されている場合は、そのボタンを押すと表示から削除されます。
exampオーディオ チャンネル ストリップと出力チャンネル ストリップの両方を表示するには、AUDIO TRACKS ボタンを押したまま、OUTPUTS ボタンを押します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

30

Logic Pro の Mackie Control ファンクション キー
このセクションでは、ファンクション キー ボタン (F1 ~ F8) の割り当てについて概説します。
機能またはコマンドを実行するには、ファンクション キーのいずれかを押しながら、指定された修飾子ボタンを押したままにします。

ファンクションキー F1 F2 F3 F4 F5 F6
F7
F8

修飾子なし スクリーンセット 1 スクリーンセット 2 スクリーンセット 3 スクリーンセット 4 スクリーンセット 5 スクリーンセット 6
スクリーンセット 7
スクリーンセット 8

SHIFT

コマンド/ALT

トラックウィンドウを開く/閉じる 切り取り

ミキサーの開閉

コピー

イベント一覧を開く/閉じる

貼り付ける

スコアエディタを開く/閉じる クリア

ステップエディタを開く/閉じる

すべてを選択します。

ピアノロールエディタを開く/閉じる

以下をすべて選択

コントロールバーを開く/閉じる

類似の地域/イベントを選択

プロジェクト オーディオ ロケーター ブラウザー内の選択を開く/閉じる

モーダル ダイアログでは、ファンクション キーの XNUMX つを押すことは、コンピューターのキーボードの数字キーを使用することと同じです。

ファンクション キー F1 F2 F3 F4 F5 F6 F7 F8 ファンクション キーのすぐ下にあるボタンは、数値入力機能を完了します。 MIDI トラック ボタン 入力ボタン

アクション 1 2 3 4 5 6 7 8
9 0

他のいくつかのモードでは、ファンクション キーは、マーカーへのショートカットなど、他のアクションを実行します。 詳細については、マーカー ボタン オーバーを参照してください。view. 以下の割り当ての表も参照してください。view.

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

31

Logic Pro の Mackie Control モディファイア ボタン
XNUMX つの修飾ボタンは、コンピューターのキーボードの修飾キーに対応しています (ただし、それらとは独立して機能します)。 これらのボタンは、対応する修飾キーを使用する代わりに、コンピューターのキーボードの適切なキーまたはマウスまたはトラックパッドと共に使用できます。 これは、変更された Mackie Control コマンドにも適用されます。
修飾ボタン
· SHIFT: ボタンの代替機能または意味を提供します。
· OPTION: この機能はすべてのチャンネルストリップに適用されます。 相対的な値の変更の場合、値を増減するかどうかに応じて、値を最小、デフォルト、または最大に設定します。
· CONTROL: 長押しすると、グループ クラッチがオンになり、チャンネル ストリップ グループが一時的に無効になります。
· CMD/ALT: 機能の微調整またはバリエーションを可能にします。
Logic Pro の Mackie Control オートメーション ボタン
オートメーション ボタンは、Logic Pro の対応するオートメーション モードを有効にします。 オートメーション ボタンは、チャンネル ストリップの SELECT ボタンと組み合わせて使用​​します。
オートメーション ボタン
· READ/OFF: アクティブなオートメーション モードがない場合、READ/OFF ボタンを押すと、読み取りモードとオフが切り替わります。
· Read: フェーダーは既存のオートメーション データを読み取ります (フォローします) が、新しいオートメーション データは記録しません。
· オフ: 自動化はオフです。 フェーダーはオートメーション データを送受信しません。 既存の自動化データは変更されません。 フェーダーを動かしても、ボリュームまたはパンの位置は通常どおり調整されます。
・TOUCH:再生中にフェーダーをタッチしたり、V-Pot を回したりすると、新しいデータを書き込みます。 既存のオートメーション データ (現在のフェーダー タイプ) は、コントロールがアクティブである限り (フェーダーがタッチされている間、または V-Pot が回転している間)、新しいデータに置き換えられます。
· LATCH: Touch モードに似ていますが、フェーダーに触れていないときや V-Pot を回していないときでも、コントロールは有効なままです。 フェーダーを離すと、シーケンサーが再生 (または録音) モードである限り、既存のすべてのオートメーション データが現在のフェーダー値に置き換えられます。 STOP を押して、既存の自動化データが上書きされるのを防ぎます。
· WRITE: 既存のオートメーション データをすべて上書きするか、存在しない場合は新しいオートメーション データを作成します。 このオプションは、既存のオートメーション データをすべて破棄する場合にのみ使用してください。
OPTION ボタンを押したままオートメーション ボタンの XNUMX つを押すと、選択したオートメーション モードがすべてのチャンネルに割り当てられます。 すべてのチャンネルにオートメーションモードが割り当てられている場合、OPTION ボタンを押し続けると、対応するオートメーションモードボタンの LED が点灯します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

32

重要: この動作は、オフ オートメーション モードでは若干異なります。 OPTION ボタンを押したまま READ/OFF を押すと、他のオートメーション ボタンの LED が暗くなりますが、これは必ずしもすべてのチャンネル ストリップがオフ モードであることを示しているわけではありません。他のモードに設定されている可能性があります。 すべてのチャンネルストリップをオフモードに設定したことを確認するには、OPTION ボタンを押しながら READ/OFF を XNUMX 回押します。 READ/OFF ボタンの LED が点灯し、その後消灯します。
チャンネルのオートメーションモードを設定する Logic Pro で使用するには:
1. 自動化したいチャンネルストリップの SELECT ボタンを押します。 2. オートメーション モード ボタンを押します。 3. 次のいずれかを実行します。
· チャンネル ストリップのフェーダーを動かします。 · チャンネル ストリップの V-Pot を回転させます。 · ソロまたはミュート ボタンを押します。
Logic Pro の Mackie Control Group ボタン
GROUP ボタンを押すと、さまざまなミキサー グループ パラメータを編集できるグループ編集モードが有効になります。
· LCDの上段にはチャンネルストリップ名が表示されます。 ・LCDの下段にはグループパラメータが表示されます。 · Assignment ディスプレイには、現在表示されているグループ G1 が表示されます。ampル。 · 時間表示にはグループ名が表示されます。 (名前が XNUMX 文字を超える場合、
最後の XNUMX 文字が表示されます。) · V-Pot ボタンでグループ パラメータを切り替えることができます。 · 上カーソルおよび下カーソル ボタンは、前または次のグループを選択します。 · カーソル左およびカーソル右ボタンは、グループ パラメータの表示をシフトします。 · SELECT ボタンは、グループ メンバーシップを決定します。 SELECTボタンを押すと追加
チャンネル ストリップをグループに追加します (または、既にメンバーになっている場合はグループから削除します)。 点灯している SELECT ボタンの LED は、アクティブなグループ メンバーシップを示します。 ・GROUPボタン横のLEDが点灯します。 注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。
グループ編集モードがオフの場合、GROUP ボタンを押しながら XNUMX つまたは複数の SELECT ボタンを押すと、新しいグループを作成できます。
SHIFT ボタンを押しながら GROUP ボタンを押すと、新しいグループが作成され、グループ ウィンドウが開き、グループ編集モードがアクティブになります。
TRACKボタンを押しながらGROUPボタンを押すとミキサーに切り替わります view、チャンネル ストリップ グループのパラメーターが表示されます。 選択したチャンネル ストリップが属するグループが表示されます。 ミキサー ウィンドウのように、複数のグループ メンバーシップが表示されます。 V-Pot をローテーションすると、グループ メンバーシップが変更されます。
注: この機能で選択できるグループ (またはオフ) は XNUMX つだけです。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

33

Logic Pro の Mackie Control ユーティリティ ボタン
XNUMX つのユーティリティ ボタンは、Logic Pro の保存、元に戻す、キャンセル、および入力コマンドを有効にします。
ユーティリティ ボタン
・SAVEボタン:現在のプロジェクトを保存するために押します file. プロジェクトを初めて保存すると、コンピュータ画面に [保存] ダイアログが表示されます。 の名前と場所を入力します fileをクリックし、ダイアログの [保存] ボタンをクリックします。
メイン LCD に次のメッセージが表示されます。 file 画面上のダイアログを選択してください。」 位置/時間表示に「ALERT」と表示されます。 すべての LED が消灯しています。 保存操作が Logic Pro で確認されると、Mackie Control はすべてのコントロールを以前の状態 (SAVE ボタンを押す前) に戻します。
プロジェクトに名前を付けて保存すると、SAVE ボタンをさらに押すと、画面に保存ダイアログが表示されたり、LCD にアラートが表示されたりすることなく、現在のプロジェクトの状態が保存されます。 これにより、プロジェクトの進行に合わせて行った増分変更をすばやく保存できます。
プロジェクトに(保存可能な)変更を加えるとすぐに、SAVE LED が点灯します。
OPTION ボタンを押しながら SAVE を押すと、コンピューター画面に [名前を付けて保存] ダイアログが開きます。 これにより、プロジェクトの名前を変更したり、別の場所に保存したりできます。
· UNDO ボタン: 押すと、元に戻すことができる最後の操作を元に戻すことができます。 Logic Pro はほぼ無制限の数の取り消し/やり直しステップをサポートしているため、緑の UNDO LED が点灯するのは、取り消し可能なステップを示すためではなく、やり直しが使用可能であることを示すためです。 LCD には、可逆編集ステップを実行すると、すべてのやり直しステップが使用できなくなるという警告が表示されます。
· SHIFT ボタンを押しながら UNDO を押すと、リドゥが実行されます。
・OPTIONボタンを押しながらUNDOを押すと、Undo Historyウィンドウが開きます。
· CANCEL ボタン: コンピュータ画面に表示されるアラートをキャンセルまたは終了するために押します。
画面にアラートが表示されていないときにキャンセル ボタンを押すと、次のことが行われます。
· 現在のポインタ位置でツールボックスを開きます。
· または、コンピュータ キーボードの Esc (エスケープ) キーに現在割り当てられている機能を実行します。
· Mackie Control が現在フォルダー トラックの内容を表示している場合、CANCEL ボタンを押すとフォルダーが終了します。
· CANCEL ボタンを使用すると、(点滅している) パラメータ値の事前選択を無効にすることもできます。
· ENTER ボタン: このボタンを押すと、オンスクリーン アラートのデフォルト ボタンが有効になります。
画面にアラートが表示されず、選択したトラックがフォルダー トラックの場合、ENTER ボタンを押すとフォルダーが開きます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

34

Mackie Control トランスポート ボタン
Logic Pro の Mackie Control トランスポート ボタン
トランスポート ボタンは、標準のコントロール バー機能を提供します。
トランスポートボタン
· REWIND ボタン: プロジェクトを巻き戻します。 巻き戻し中に繰り返し押すと、巻き戻し速度が速くなります。 巻き戻し中に FAST FWD ボタンを繰り返し押して、速度を落として停止し、最終的にシャトルの方向を逆にします。 STOP ボタンを押すと、現在の再生ヘッド位置で巻き戻しプロセスが停止します。 ジョグ/スクラブ ホイールを回すと、巻き戻しシャトル モードも終了します。
· いずれかのマーカー モードが有効になっている場合、REWIND ボタンを押すと、再生ヘッドが前のマーカーに移動します。
· ナッジ モードのいずれかが有効になっている場合、REWIND ボタンを押すと、選択したリージョンまたはイベントがラージ ナッジ モードで定義された値だけ後方に移動します。
· FAST FWD ボタン: プロジェクトを早送りします。 早送り中に FAST FWD を繰り返し押すと、シャトルの速度が速くなります。 早送り中にREWINDボタンを繰り返し押すと、速度が遅くなり、停止し、最終的にシャトルの方向が逆になります。 STOP ボタンを押すと、早送りプロセスが停止します。 ジョグ/スクラブ ホイールを回すと、フォワード シャトル モードも終了します。
· マーカー モードのいずれかがアクティブな場合、FAST FWD ボタンを押すと、再生ヘッドが次のマーカーに移動します。
· ナッジ モードのいずれかがアクティブな場合、FAST FWD ボタンを押すと、選択されたリージョンまたはイベントがラージ ナッジ モードで定義された値だけ前方に移動します。
ヒント: Mackie Control のそれぞれのボタンを押すと、マーカーとサイクル領域を組み合わせることができます。 これは、マーカー間のナビゲーション (REWIND および FAST FWD ボタンを使用) と連動して、再生ヘッドを移動し、隣接するマーカー間にサイクル領域を自動的に設定します。 さまざまなボタンの組み合わせで、これと他のオプションを試してください。
· STOP ボタン: プロジェクトの再生または録音を停止し、他のすべてのトランスポート機能を停止します。 STOP ボタンをもう一度押すと、再生ヘッドがプロジェクトの開始点に戻るか、サイクル モードがアクティブな場合は最も近いサイクル領域の先頭に戻ります。 STOP を繰り返し押して、これら XNUMX つの機能を切り替えます。
· PLAY ボタン: 現在の再生ヘッド位置から再生を開始します。 サイクルモードがアクティブな場合、再生を繰り返し押すと、最も近いサイクル領域の先頭にジャンプします。 再生を一時停止するには、SHIFT と PLAY を同時に押します。
· RECORD ボタン: 選択した MIDI、オーディオ、またはソフトウェア音源チャンネル ストリップが録音用に準備されている場合は、そのチャンネル ストリップで録音を開始します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

35

注: オーディオ チャンネル ストリップを初めてアームする (チャンネルの REC/RDY ボタンを押す) と、コンピューターの画面に [保存] ダイアログが表示される場合があります。 入力します fileダイアログで名前 (および保存場所) を指定し、[保存] を押します。 Mackie Control LCD ディスプレイには、「There is a file 画面上のダイアログを選択してください。」 位置/時間表示に「ALERT」と表示されます。 すべての LED が消灯しています。 を入力すると、 file名前を付けて [保存] を押すと、Mackie Control のすべてのコントロールが以前の状態に戻ります。 デフォルトのオーディオの後 file名前が入力されたら、任意のオーディオ チャンネル ストリップを選択してアームし、RECORD ボタンを押します。 警告メッセージなし file 保存ダイアログが画面に表示されます。
ヒント: ダイアログの外観を最小限に抑えるには、記録を開始する前にプロジェクトをアセットと共に保存します。 この方法でプロジェクトを保存すると、定義する必要がなくなります fileMackie Control で Logic Pro を使用する際に、名前が付けられ、処理がより速く簡単になります。
トランスポート ボタンのすぐ上には、さまざまな録音および再生モード用の XNUMX つの小さな円形のボタンがあります: マーカー、ナッジ、サイクル、ドロップ、置換、クリック、およびソロ。 これらのボタンを個別に、または相互に組み合わせて使用​​して、プロジェクトをナビゲートおよび編集できます。 各ボタンには、現在のステータスを示す専用の LED があります。
Mackie コントロール マーカー ボタン
Logic Pro の Mackie コントロール マーカー ボタン
MARKER ボタンを押すと、スモール マーカー モード、ラージ マーカー モード、テンポラリ マーカー モードの XNUMX つのマーカー モードのいずれかがアクティブになります。 これらのモードを使用して、マーカーを作成または削除し、プロジェクト内のマーカーにジャンプできます。
注: マーカー モードとナッジ モードは相互に排他的です。 一方をアクティブにすると、もう一方が非アクティブになります。
· スモール マーカー モード: MARKER ボタンを押して、スモール マーカー モードを有効にします。 Small Marker モードは、V-Pot を別の目的で使用しながらマーカーにジャンプする場合に便利です。 このモードでは、FAST FWD または REWIND ボタンを押すと、再生ヘッドが次または前のマーカーに移動します。 MARKER ボタンをもう一度押すと、FAST FWD および REWIND ボタンのデフォルトの動作に戻ります。 (上記のトランスポート ボタンを参照してください。view.)
· ラージ マーカー モード: SHIFT ボタンを押しながら MARKER ボタンを押すと、右端の XNUMX つの V-Pot ボタンに割り当てられた XNUMX つの作成オプションが LCD に表示されます。 (ラージ マーカー モードを参照してください。)
· 一時マーカー モード: 一時的にマーカー モードに入り、いくつかのマーカー機能をすばやく実行する場合は、MARKER ボタンを押したままにします。 V-Pot ボタンの XNUMX つ (または複数) を押してマーカー機能を実行し、MARKER ボタンを放してマーカー モードを終了します。
· ファンクション キー F1 ~ F8 を押して、再生ヘッドを最初の XNUMX つのマーカー (作成されている場合) に移動します。 例えばampマーカー 3 に移動するには、MARKER ボタンを押しながら F3 を押します。
・マーカー間をジャンプするには、MARKERボタンを押したまま(または押しずに)、FAST FWDまたはREWINDボタンを押します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

36

Mackie Control Logic Pro のラージ マーカー モード
SHIFT ボタンを押しながら MARKER ボタンを押すと、右端の XNUMX つの V-Pot ボタンに割り当てられた XNUMX つの作成オプションが LCD に表示されます。
マーカーが作成されたら、下にリストされている V-Pot ボタンを押して、現在の再生ヘッド位置でマーカーを作成または削除します。

コントロール V-Pot 1 ~ 5
V-Pot 6 V-Pot 7 V-Pot 8

アクション
最初の XNUMX つのマーカーを名前別に表示します。 V-Pot ボタンを押すと、再生ヘッドが対応するマーカーに移動します。 再生ヘッドの位置がマーカーの内側にある場合、下の行に INSIDE と表示され、V-Pot の LED リングが点灯します。
Cr w/o – 最も近いバーに丸めずにマーカーを作成します。
作成–最も近いバーに丸められたマーカーを作成します。
削除–現在の再生ヘッド位置の上のマーカーを削除します。

マーカーを作成または削除するための推奨されるワークフローは、ジョグ/スクラブ ホイールを使用することです。 ホイールを回して再生ヘッドを必要なプロジェクト位置に移動し、適切な V-Pot を押してマーカーを作成または削除します。
· 大まかに配置するには、ホイールを使用して再生ヘッドを移動します。
· 細かく配置するには、SCRUB ボタンを押してから、ホイールを使用して再生ヘッドを正確に配置します。 (この手法は、丸められていないマーカーを作成または削除する場合にのみ適しています。)
ジョグ/スクラブ ホイールの使用について詳しくは、ジョグ/スクラブ ホイールを参照してください。
再度 MARKER ボタンを押すとラージマーカーモードが終了します。

Mackie Control Nudge ボタン
Logic Pro の Mackie Control Nudge ボタン
NUDGE ボタンを使用すると、選択したオーディオまたは MIDI リージョン (またはイベント) を小、大、または一時ナッジ モードで移動 (ナッジ) できます。
注: マーカー モードとナッジ モードは相互に排他的です。 一方をアクティブにすると、もう一方が非アクティブになります。
· Small Nudge モード: NUDGE ボタンを押して、FAST FWD および REWIND ボタンの動作を再割り当てします。 FAST FWD または REWIND を押すと、選択されたリージョンまたはイベントが Large Nudge モードで定義された値だけナッジされます。 NUDGE ボタンをもう一度押すと、FAST FWD および REWIND ボタンのデフォルトの動作に戻ります。 (上記のトランスポート ボタンを参照してください。view.) スモール・ナッジ・モードは、リージョンやイベントをナッジしたいが、他の目的で V-Pot を使用したい場合に便利です。
· ラージ ナッジ モード: SHIFT ボタンを押しながら NUDGE ボタンを押すと、対応する V-Pot ボタンにマッピングされた XNUMX つの機能が LCD に表示されます。 これらの関数を使用すると、選択したリージョンまたはイベントをさまざまな量または特定の位置に移動できます。 ラージ ナッジ モードを参照してください。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

37

· 一時的なナッジ モード: NUDGE ボタンを押したまま、XNUMX つまたは複数の V-Pot を使用して、XNUMX つまたは XNUMX つの小さな動きで一時的にナッジを使用します。 このアクションは、選択した機能を実行し、NUDGE ボタンを放すとすぐに一時的なナッジ モードを終了します。 一時ナッジ モードを参照してください。

Mackie Control Logic Pro のラージ ナッジ モード
SHIFT ボタンを押しながら NUDGE ボタンを押すと、対応する V-Pot ボタンにマッピングされた XNUMX つの機能が LCD に表示されます。 これらの関数を使用すると、選択したリージョンまたはイベントをさまざまな量または特定の位置に移動できます。 NUDGE ボタンをもう一度押すと、Large Nudge モードがオフになります。
最初に選択したリージョンまたはイベントの位置が V-Pot 3 と 4 の上に表示されます。何も表示されない場合は、リージョンまたはイベントを選択できないウィンドウが開いているか、リージョンまたはイベントが選択されていません。

コントロール V-Pot 1
V-Pot 2 V-Pot 3 V-Pot 4 V-Pot 5 V-Pot 6 V-Pot 7 V-Pot 8

ラベルナッジ
ピックアップ バー ビート ディビジョン ティック フレーム Fram/2

アクション
REWIND ボタンと FAST FWD ボタンで使用するナッジ値を選択します。 これらのボタンは、選択したオブジェクトを定義された値だけ前後に移動します。
現在の再生ヘッド位置に移動します。
XNUMX 小節ずつ移動します。
現在のプロジェクトの分母値 (ビート) で移動します。
現在のプロジェクト分割値で移動します。
シングルティックで移動します。
XNUMX SMPTE フレーム分移動します。
SMPTE フレームの半分だけ移動します。

カーソル ボタンはコンピューター キーボードの矢印キーをエミュレートし、リージョンまたはイベントを簡単に選択できます。
注: カーソル ボタンを使用するときは、ZOOM ボタンがアクティブになっていないことを確認してください。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

38

Logic Pro の Mackie Control 一時ナッジ モード
NUDGE ボタンを押したまま、XNUMX つまたは複数の V-Pot を使用して、XNUMX 回または XNUMX 回の小さな移動のために一時的に Nudge を使用します。 このアクションは、選択した機能を実行し、NUDGE ボタンを放すとすぐに一時的なナッジ モードを終了します。
テンポラリ ナッジ モードでは、カーソル ボタンはコンピュータ キーボードの矢印キーをエミュレートし、リージョンまたはイベントを簡単に選択できます。
REWIND および FAST FWD ボタンのナッジ値は、機能ボタンでも定義できます。

機能ボタン F1 F2 F3 F4 F5 F6

アクション セット ティック。 部門を設定します。 ビートを設定します。 バーを設定します。 フレームを設定します。 ハーフ フレームを設定します。

Logic Pro で Mackie Control Cycle ボタンを使用する
CYCLE ボタンは、サイクルモードをオンまたはオフにします。 デフォルトでは、サイクル領域は最初の XNUMX つのマーカーの間に収まります。 後続のマーカーは、さらなるサイクル領域の左右の境界として機能できます。
マーカーによって定義されたサイクル領域間をジャンプする 1. MARKER ボタンを押します。 2. CYCLE ボタンを押し、アクティブになったら (LED で示されます)、REWIND ボタンを押します。
または FAST FWD ボタンを押します。
左ロケーターまたは右ロケーターを現在の再生ヘッド位置に設定する CYCLE ボタンを押したまま、REWIND または FAST FWD を押します。 これにより、Cycle モードも有効になります。
新しいサイクル エリアをすばやく定義する 1. ジョグ/スクラブ ホイールを使用して、目的の左ロケーター位置に移動します。 2. CYCLE ボタンと REWIND ボタンを押します。 3. ジョグ/スクラブ ホイールで右ロケーター位置に移動します。 4. CYCLE と FAST FWD ボタンを押します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

39

サイクルを使用する view 1. サイクルを有効にするには viewSHIFT ボタンと CYCLE ボタンを押します。
モード表示は「Cy」となります。 2. 通常の割り当てモードに戻るには、割り当てボタンの XNUMX つを押します。

コントロール 回転 V-Pot 1
V-Pot 2 の回転
V-Pot 3 を回転 V-Pot 5 を押す V-Pot 5 を回転 V-Pot 6 を回転 V-Pot 7 を押す V-Pot 7 を回転 V-Pot 8 を回転

アクション 現在のサイクルの状態 (オフまたはオン) を表示および編集します。 CYCLE ボタンも使用できます。 BySel – [トラック] ウィンドウで選択した内容 (選択したオーディオまたは MIDI リージョン) によって現在のサイクル領域を設定します。 Move – V-Pot をクリックするたびに、現在のサイクルを小節単位で移動します。 左ロケーターの現在の再生ヘッド位置を取得します。 左ロケーターを小節単位で変更します。 左ロケーターをビート (分母のステップ) で変更します。 右ロケーターの現在の再生ヘッド位置を取得します。 小節単位で右ロケータを変更します。 右ロケーターをビート (分母ステップ) で変更します。

Logic Pro で Mackie Control Drop ボタンを使用する
DROP ボタンは、オートパンチ モードのオンとオフを切り替えます。
パンチインエリア間を移動する Logic Pro で使用するには: 1. MARKER ボタンを押します。 2. DROP ボタンを押し、アクティブになったら (LED の点灯で示されます)、FAST ボタンを押します。
FWD または REWIND ボタン。
パンチインまたはパンチアウトロケータを現在の再生ヘッド位置に設定する Logic Pro で使用するには: DROP ボタンを押したまま FAST FWD または REWIND を押します。 これにより、オートパンチ モードも有効になります。
新しいパンチ イン エリアをすばやく定義する Logic Pro で使用するには: 1. ジョグ/スクラブ ホイールを使用して、目的のパンチ イン ロケーター位置に移動します。 2. DROP ボタンと REWIND ボタンを押します。 3. ジョグ/スクラブ ホイールを使用して、目的のパンチ アウト ロケーター位置に移動します。 4. DROP ボタンと FAST FWD ボタンを押します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

40

パンチを使う view Logic Pro で使用するには:
1. パンチを有効にするには view、SHIFT および DROP ボタンを押します。 モード表示は「Pu」と表示されます。
2. 通常の割り当てモードに戻るには、割り当てボタンの XNUMX つを押します。 注記: Mackie Control でパンチロケーターの値を変更すると、Logic Pro のオートパンチモードが自動的に有効になります。

コントロール 回転 V-Pot 1
V-Pot 3 を回転 V-Pot 5 を押す V-Pot 5 を回転 V-Pot 6 を回転 V-Pot 7 を押す V-Pot 7 を回転 V-Pot 8 を回転

アクション 現在のオートパンチの状態 (オフまたはオン) を表示および編集します。 DROP ボタンを使用することもできます。 Move – V-Pot をクリックするたびに、現在のパンチ領域を小節単位で移動します。 パンチインロケーターの現在の再生ヘッド位置を取得します。 パンチインロケーターを小節単位で変更します。 パンチ イン ロケーターをビート (分母のステップ) で変更します。 パンチアウトロケーターの現在の再生ヘッド位置を取得します。 小節単位でパンチアウトロケーターを変更します。 パンチアウトロケーターをビート (分母のステップ) で変更します。

Logic Pro の Mackie Control Replace、Click、Solo ボタン
これらのボタンは、Logic Pro のさまざまなグローバル機能に使用されます。
置換、クリック、およびソロ ボタン
· REPLACE ボタン: 押して、置換モードをオンまたはオフにします。 再生と録音には独立したクリック設定があります。 クリック設定にアクセスするには、 File > プロジェクト設定 > メトロノーム。
· CLICK ボタン: MIDI または Klopfgeist メトロノームのクリックをオンまたはオフにします。
SHIFT ボタンと CLICK ボタンを押して、外部同期モードと MMC の送信の両方をアクティブまたは非アクティブにします。
・SOLOボタン:ソロ機能のオン/オフを切り替えます。 これは、Solo キー コマンドのように動作します。
個々のチャンネルは、各チャンネル ストリップの SOLO ボタンでソロにすることができます。 選択したチャンネルとともに、MIDI またはオーディオ リージョンを選択してソロにすることができます。 各チャンネルには独立した SOLO LED があり、チャンネル ストリップがソロになると点灯します。 ポジション/タイムディスプレイのすぐ右にある RUDE SOLO LED は、チャンネルストリップがソロになると点灯します。
SHIFT と SOLO ボタンを押してソロロックモードを有効にします。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

41

Logic Pro で Mackie Control のカーソル キーとズーム キーを使用する
ジョグ/シャトル ホイールの左側にある XNUMX つのボタンには、さまざまな用途があります。 上、下、左、右の XNUMX つのカーソル ボタンが中央の ZOOM ボタンを囲んでいます。
ZOOM ボタンがアクティブでない場合 (LED が点灯していない場合)、XNUMX つのカーソル ボタンを使用して現在のパラメーターを選択するか、現在の V-Pot の割り当てに応じて、現在のパラメーター ページまたは Send/EQ/Insert スロットをシフトします。
・OPTIONボタン長押し時:カーソル左ボタン、カーソル右ボタンで最初と最後のページにスクロールし、カーソル上とカーソル下ボタンで最初と最後のページにスクロールします。
· CMD/ALT ボタンを押している場合: カーソル左およびカーソル右ボタンは、パラメーター表示を XNUMX ページではなく XNUMX パラメーターずつシフトします。
ズーム モードを使用する 次のいずれかを行います。
· ズーム モードをオンまたはオフにするには: ZOOM ボタンを押します。
· キー フォーカスのあるウィンドウの垂直方向または水平方向のズーム率を変更するには: カーソル ボタンを使用します。
[トラック] ウィンドウで:
· OPTION と Up または Down は、選択したトラックのズーム率を変更します。
· OPTION および Left は、選択したトラックのズーム率をリセットします。
· OPTION および Right は、選択したトラックと同じクラス (オーディオ、MIDI など) のすべてのトラックのズーム係数をリセットします。
カーソル ボタンをコンピュータ キーボードの矢印キーとして使用する ページまたはスロット シフトを必要としないモードでは、カーソル ボタンはコンピュータ キーボードの矢印キーをエミュレートします。 元としてamp左と右のボタンは、ミキサーでチャンネル ストリップを選択します。 view.
Large および Temporary Nudge モードでは、Cursor Left および Cursor Right ボタンはコンピューターのキーボードの矢印キーをエミュレートし、リージョンまたはイベントの選択を可能にします。
· SHIFT ボタンを押したまま、同等のコンピューター キーボードの矢印キーを使用するように、上、下、左、または右のボタンを使用します。
SHIFT と ZOOM を押すと、カーソル ボタンは永続カーソル キー モードに入ります。SHIFT ボタンを押したままにしなくても、コンピューターの矢印キーを模倣します。 このモードでは、ZOOM ボタンの LED が点滅します。 このモードをオフにするには、ZOOM ボタンを押します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

42

Mackie Control Jog/Scrub wheel in Logic Pro
ジョグ/スクラブ ホイールと SCRUB ボタンを使用してプロジェクトをナビゲートできます。これは、多くのトランスポート タスクに役立ちます。 ダイヤルを回してご使用ください。 概説されたスクラブ モードは、ジョグ/スクラブ ホイールの動作を変更します。
· スクラブ モード オフ: ジョグ/スクラブ ホイールは再生ヘッドを動かします。 · スクラブ モード オン: ジョグ/スクラブ ホイールはスクラブを実行します。
プロジェクトをスクロールまたは移動しながら、選択した (またはソロにした) トラックのデータ。 通常、オーディオ トラックは元の速度で再生されます。 倍速で聞きたい場合は、「Logic Pro」>「環境設定」>「オーディオ」>「ドライバ」を選択し、ポップアップメニューで「最大スクラブ速度」を「XNUMX 倍」に設定します。 注: 一時停止機能に SCRUB ボタンを使用することもできます。 · シャトル モード: ジョグ/スクラブ ホイールは再生ヘッドをシャトルします。回転させると、再生ヘッドの移動速度が増減します。 シャトルモードでは、SCRUB ボタンの LED が点滅します。
Logic Pro の Mackie Control プログラム可能なユーザー モード
Mackie Control には、独自の割り当てに使用できる XNUMX つのプログラム可能なユーザー モードがあります。 次のように、SHIFT ボタンと割り当てボタンの XNUMX つを押したままにすると、これらの各モードを有効にできます。
・TRACK + SHIFT = ユーザーモード1 ・PAN/SURROUND + SHIFT = ユーザーモード2 ・EQ + SHIFT = ユーザーモード3 ・SEND + SHIFT = ユーザーモード4 ・PLUG-IN + SHIFT = ユーザーモード5 ・INSTRUMENT + SHIFT = ユーザーモード 6. Assignment ディスプレイには、ユーザーモードが u1、u2 などとして表示されます。
いずれかのユーザーモードで割り当てを作成する Logic Pro で使用するには:
1. SHIFT ボタンを押したまま、上記の割り当てボタンのいずれかを押して、使用するユーザーモードを有効にします。
2. Logic Pro で、学習プロセスを使用して XNUMX つまたは複数の割り当てを作成します。 Logic Pro ユーザーガイドを参照してください。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

43

Logic ProのMackie Controlフットスイッチ
プラスまたはマイナスの極性のモメンタリ フット ペダルをフット スイッチ ソケットに接続できます。 デフォルトでは、フットスイッチは以下の機能をコントロールします: · USER SWITCH A は Start/Stop に割り当てられています。 · USER SWITCH B は Record に割り当てられます。 (トラックを選択して準備する必要があることに注意してください
) ・EXTERNAL CONTROL は MASTER フェーダーレベルにアサインされています。 式のみを使用する
このソケットでペダル。 フット スイッチの極性は、電源投入時に Mackie Control によって決定されます。 最初にフット スイッチを接続してから、Mackie Control の電源を入れます。
Mackie コントロールの割り当て
Logic Pro での Mackie Control の割り当て
これらの各セクションでは、Mackie Control インターフェイス要素がロジック機能にどのように割り当てられるかについて概説します。 · ディスプレイ ボタン テーブル · チャンネル ストリップ アサイン テーブル · アサイン ボタン テーブル · アサイン ファンクション キー テーブル · グローバル View ボタン テーブル · モディファイア ボタン テーブル · オートメーション ボタン テーブル · ユーティリティ ボタン テーブル · トランスポート ボタン テーブル · カーソル キー テーブル · ジョグ/スクラブ ホイール割り当てテーブル · 外部入力テーブル

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

44

Logic Pro の Mackie Control 表示ボタン
次の表に、表示コントロールとその機能の概要を示します。

ボタン NAME/VALUE
SMPTE/ビート

修飾子 — SHIFT OPTION CONTROL CMD/ALT —

機能・コメント
パラメータ名とパラメータ値の表示を切り替えます。
レベル メーターの表示を切り替えます: 垂直、水平、オフ。
トラック名とトラック番号の切り替え:名前表示。
クリップ/オーバーロード フラグをクリアします。
コントロールサーフェスグループ設定モードに入ります。
時計表示でSMPTEとビートフォーマットを切り替えます。

Logic Pro の Mackie Control チャンネルストリップ
次の表に、チャンネル ストリップのコントロールとその機能の概要を示します。

コントロール V-Pot の回転 V-Pot ボタンを押す
REC/RDYボタン SOLOボタン

修飾子 — オプション
CMD/ALT —
点滅する事前選択: — メニューオプション: —
トラックがフォルダーの場合: — —
オプション
-

機能/コメント LCD に表示されるパラメータを変更します。 パラメータを最小値、デフォルト値、または最大値に設定します。 高解像度でパラメータを変更します。 LCD に表示されたパラメータをデフォルト値に設定するか、XNUMX つの可能な値を切り替えます。
事前に選択した値を入力します。
ディスプレイに表示されているオプションを入力します。
フォルダを入力してください。 トラックの録音可能ボタンを有効/無効にします。 すべてのトラックの録音有効化ボタンを無効にします。 トラックのチャンネル ストリップのソロ ボタンを有効/無効にします。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

45

コントロール MUTE ボタン
Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

修飾子 OPTION
In センド先/レベル ミキサー view -
In 送信先/レベルチャンネル view -
-
オプション
ミキサーで view: シフト
EQ ミキサーで view: シフト
In EQ 周波数/ゲイン view -
インセンドミキサー view: シフト
In センド先/レベル ミキサー view -
In 送信先/レベルチャンネル view -
プラグインミキサーで view: シフト
楽器のミキサーで view: シフト

機能/コメント すべてのチャンネル ストリップのソロ ボタンを無効にします。
選択したセンドのプリ/ポスト状態を切り替えます。
選択したチャンネル ストリップのセンドのプリ/ポスト フェーダー モードを切り替えます。 トラックのチャンネル ストリップのミュート ボタンを有効/無効にします。 すべてのチャンネル ストリップのミュート ボタンを無効にします。
表示されたパラメーターのミュート/バイパスを有効/無効にします。
現在の EQ バンドのバイパスを有効/無効にします。
選択した EQ バンドのバイパスを有効/無効にします。
選択したセンドのバイパスを有効/無効にします。
選択したセンドのバイパスを有効/無効にします。
選択したチャンネル ストリップのセンドのミュートを有効または無効にします。
プラグインのバイパスを有効/無効にします。
装置のバイパスを有効/無効にします。

46

コントロールSELECTボタン
フェーダー

修飾子 — SHIFT
オプション
Shift+オプション
— フリップモード「複製」: —
フリップモード「スワップ」: —
イン サラウンド アングル/ダイバーシティ view: — In EQ 周波数/ゲイン view: — イン センド デスティネーション/レベル ミキサー view: — In 送信先/レベル チャンネル view -

機能/コメント チャンネル ストリップを選択します。 チャンネル ストリップのボリュームをユニティ レベル (0 dB) に設定します。 選択したトラックと同じ割り当てで新しいトラックを作成し、アレンジに切り替えます view. 次のチャンネル ストリップ (選択したトラックに続く) で新しいトラックを作成し、アレンジに切り替えます view. 音量を調整します。
同じチャンネルの V-Pot と同じ機能です。
同じチャンネルのV-Potとのスワップ機能。
サラウンドダイバーシティを調整します。
選択した EQ バンドのゲインを調整します。
選択したセンドのセンドレベルを調整します。
選択したチャンネル ストリップのセンドのセンド レベルを調整します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

47

Logic Pro の Mackie Control Assignment ボタン
長押しすると、LCD にショートカット メニューが表示されます。 V-Pot には、機能やコマンドが割り当てられています。 選択した割り当てボタンを放して、V-Pot をマルチチャンネルまたはチャンネルに切り替えます view秒。 この表は、割り当てボタンの標準的な使用方法と、修飾ボタンと組み合わせて使用​​する方法の概要を示しています。

ボタン TRACK PAN/SURROUND EQ SEND PLUG-IN INSTRUMENT BANK <> CHANNEL<> FLIP
GLOBAL VIEW

修飾子 —
シフト — シフト — シフト — シフト —
シフト -
シフト -
オプション
-
オプション
-
SHIFT
CONTROL
-
SHIFT

機能・コメント
チャンネルストリップのパラメーター ユーザーモード 1
ユーザーモード 1
パン/サラウンドのパラメーター
ユーザーモード 2
EQ パラメーター
ユーザーモード 3
パラメータを送信
ユーザーモード 4
プラグイン選択またはプラグイン編集モード
ユーザーモード 5
インストゥルメント選択またはインストゥルメント編集モード
ユーザーモード 6
チャンネル ストリップの数だけフェーダー バンクを LEFT/RIGHT にシフトします。
フェーダー バンクを先頭または末尾にシフトします。
フェーダーバンクを LEFT/RIGHT に XNUMX チャンネルずつシフトします。
フェーダー バンクを先頭または末尾にシフトします。
フリップ モードをオフと複製の間で切り替えます。
フリップモードをオフとスワップの間で切り替えます。
フリップ モードをオフとゼロの間で切り替えます (フェーダー モーターをオフにします)。
アレンジを切り替える view そしてすべて view.
アレンジを切り替える view とトラック view.

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

48

Logic Pro の Mackie Control ファンクション キー
次の表に、ファンクション キー コントロールとその機能の概要を示します。

ボタンF1
モーダル ダイアログ: F2
モーダル ダイアログ: F3

修飾子 — SHIFT CMD/ALT TRACK PAN/SURROUND
EQ センド マーカー ナッジ
— SHIFT CMD/ALT トラックパン/サラウンド
EQ センド マーカー ナッジ
— SHIFT CMD/ALT トラック
パン/サラウンド
EQセンド

機能/コメント スクリーンセットの呼び出し 1. [トラック] ウィンドウを開くか閉じます。 カットスイッチからミキサーへ view 音量。 ミキサーに切り替え view パン/サラウンド アングル。 ミキサーに切り替え view バイパス。 ミキサーに切り替え view 行き先。 丸めずにマーカーを作成します。 ナッジ値: Tick F1 キーは、コンピューターのキーボード 1 キーに相当します。 スクリーンセット 2 を呼び出します。[ミキサー] ウィンドウを開くか閉じます。 スイッチをミキサーにコピー view パン。 ミキサーに切り替え view パン/サラウンド半径。 ミキサーに切り替え view EQ タイプ。 ミキサーに切り替え view レベル。 丸めたマーカーを作成します。 ナッジ値: フォーマット F2 キーは、コンピューターのキーボード 2 キーと同等です。 スクリーンセットの呼び出し 3. イベント エディターを開くか閉じます。 スイッチをミキサーに貼り付け view チャンネル ストリップ モード。 ミキサーに切り替え view パン/サラウンド LFE。 ミキサーに切り替え view 周波数。 ミキサーに切り替え view ポジション。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

49

モーダル ダイアログのボタン: F4
モーダル ダイアログ: F5
モーダル ダイアログ: F6
モーダル ダイアログ: Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

モディファイヤ MARKER NUDGE
— SHIFT CMD/ALT トラックパン/サラウンド
EQセンドナッジ
— SHIFT CMD/ALT TRACK PAN/SURROUND EQ SEND NUDGE
— SHIFT CMD/ALT TRACK PAN/SURROUND EQ SEND NUDGE

機能・コメント マーカーを削除します。 ナッジ値: Beat F3 キーは、コンピューターのキーボードの 3 キーに相当します。 スクリーンセットを呼び出す 4. スコアエディタを開くか閉じます。 ミキサーへの切り替えをクリア view 入力。 ミキサーに切り替え view パン/サラウンドモード。 ミキサーに切り替え view 得。 ミキサーに切り替え view 無音。 ナッジ値: バーの F4 キーは、コンピューターのキーボードの 4 キーに相当します。 スクリーンセットの呼び出し 5. Step Editor を開くか閉じます。 すべて選択 ミキサーに切り替え view 出力。 チャンネルに切り替え view. ミキサーに切り替え view Qファクター。 チャンネルに切り替え view. ナッジ値: フレームの F5 キーは、コンピューターのキーボードの 5 キーに相当します。 スクリーンセットの呼び出し 6. ピアノロールエディタを開くか閉じます。 以下のすべてを選択します。 ミキサーに切り替え view オートメーション。 アングル/ダイバーシティに切り替え view. チャンネルに切り替え view. チャンネル ストリップ 2 に切り替える view. ナッジ値: 1/2 フレーム F6 キーはコンピュータ キーボードの 6 キーに相当します。
50

ボタンF7
モーダル ダイアログ: F8
モーダル ダイアログで:

修飾子 — SHIFT CMD/ALT TRACK
パン/サラウンド EQ センド
— SHIFT CMD/ALT トラック EQ
SEND

機能・コメント
スクリーンセット 7 を思い出してください。
コントロールバーを開閉します。
類似の地域/イベントを選択します。
ミキサーに切り替え view 表示されるパラメータ。
サラウンド X/Y に切り替え view.
周波数/ゲイン ミキサーに切り替える view.
宛先/レベル ミキサーに切り替える view.
F7 キーは、コンピューターのキーボードの 7 キーに相当します。
一番上のフローティング ウィンドウを閉じます。
プロジェクト オーディオ ブラウザを開くか閉じます。
内部ロケーターを選択します。
チャンネルストリップ設定に切り替え view.
周波数/ゲインチャンネルに切り替え view.
宛先/レベルチャンネルに切り替え view.
F8 キーは、コンピューターのキーボードの 8 キーに相当します。

マッキー コントロール グローバル View Logic Pro のボタン
この表は、グローバル view コントロールとその機能:

ボタン MIDI トラック
モーダル ダイアログ: INPUTS
モーダル ダイアログ: AUDIO TRACKS

修飾子 — SHIFT
- シフト
-

機能・コメント
すべてに切り替える view MIDI トラックを表示します。
フェーダーバンクNo.に設定1 (例: チャンネル ストリップ 1 ~ 8)ample)。
MIDI TRACKS ボタンは、コンピューターのキーボードの 9 キーに相当します。
すべてに切り替える view 入力チャンネルストリップを表示します。
フェーダーバンクNo.に設定2 (例: チャンネル ストリップ 9 ~ 16)ample)。
INPUTS ボタンは、コンピューターのキーボードの 0 キーに相当します。
すべてに切り替える view オーディオ チャンネル ストリップを表示します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

51

モーダル ダイアログのボタン: AUDIO INSTRUMENTS
モーダル ダイアログ: AUX
モーダル ダイアログ: BUSSES
モーダル ダイアログ: OUTPUTS
モーダル ダイアログ: USER

モディファイア SHIFT
- シフト
- シフト
- シフト
- シフト
- シフト

機能・コメント
フェーダーバンクNo.に設定3 (例: チャンネル ストリップ 17 ~ 24)ample)。
AUDIO TRACKS ボタンは、コンピューターのキーボードのピリオド キーに相当します。
すべてに切り替える view ソフトウェア音源チャンネルストリップを表示します。
フェーダーバンクNo.に設定4 (例: チャンネル ストリップ 25 ~ 32)ample)。
AUDIO INSTRUMENTS ボタンは、コンピューターのキーボード/キーに相当します。
すべてに切り替える view および Aux チャンネル ストリップを表示します。
フェーダーバンクNo.に設定5 (例: チャンネル ストリップ 33 ~ 40)ample)。
AUX ボタンは、コンピューターのキーボード * キーに相当します。
すべてに切り替える view バス チャンネル ストリップを表示します。
フェーダーバンクNo.に設定6 (例: チャンネル ストリップ 41 ~ 48)ample)。
BUSSES ボタンはコンピューターのキーボード – キーに相当します。
すべてに切り替える view 出力とマスター チャンネル ストリップを表示します。
フェーダーバンクNo.に設定7 (例: チャンネル ストリップ 49 ~ 56)ample)。
OUTPUTS ボタンは、コンピューターのキーボード + キーに相当します。
現在割り当てられていません。
フェーダーバンクNo.に設定8 (例: チャンネル ストリップ 57 ~ 64)ample)。

Logic Pro の Mackie Control モディファイア ボタン
次の表は、修飾子ボタン (押したままの状態) とその機能の概要を示しています。

ボタン SHIFT OPTION
コントロール コマンド/ALT

機能/コメント XNUMX 番目の機能に切り替えます。 機能をすべてのチャンネル ストリップに適用するか、パラメーターを最小値、デフォルト値、または最大値に設定します。 押している間、グループ機能を無効にします。 ファイン モードを有効にします。 ページの代わりに XNUMX つのパラメーターでパラメーター ページをシフトします。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

52

Logic Pro の Mackie Control オートメーション ボタン
以下の表は、オートメーション コントロールとその機能の概要を示しています。

Mackie コントロール READ/OFF
TOUCH
LATCH
レビューを
トリムグループ

修飾子 — オプション — オプション — オプション — オプション
— シフトトラックオプション

機能・コメント
選択したトラックのオートメーションを読み取りまたはオフに設定します。
すべてのトラックのオートメーションを読み取りまたはオフに設定します。
選択したトラックのオートメーションを Touch に設定します。
すべてのトラックのオートメーションを Touch に設定します。
選択したトラックのオートメーションをラッチに設定します。
すべてのトラックのオートメーションをラッチに設定します。
選択したトラックのオートメーションを書き込みに設定します。
すべてのトラックのオートメーションを書き込みに設定します。
現在割り当てられていません。
グループ編集モードに入ります。
新しいグループを作成し、グループ ウィンドウを開き、グループ編集モードに入ります。
ミキサーに切り替え view、グループ パラメータを表示しています。
シングルに切り替える view.

Logic Pro の Mackie Control ユーティリティ ボタン
次の表に、ユーティリティ コントロールとその機能の概要を示します。

ボタン SAVE UNDO
CANCEL

修飾子 — OPTION — SHIFT OPTION — 点滅する事前選択: —

機能/コメント プロジェクトを保存します。 プロジェクトを名前を付けて保存します。 元に戻す やり直し 元に戻す履歴を開きます。 フォルダを残します。
事前選択をキャンセルします。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

53

ボタン ENTER

修飾子 アラート内: — — アラート内: —

機能・コメント
キャンセルボタンを実行します。 選択したトラックのフォルダに入ります。
デフォルトボタンを実行します。

Logic Pro の Mackie Control トランスポート ボタン
次の表は、トランスポート コントロールとその機能の概要を示しています。

ボタン MARKER NUDGE
サイクル ドロップ 交換 クリック
ソロ巻き戻し <

モディファイア — SHIFT — SHIFT MARKER
- シフト -
シフト - -
SHIFT
-
SHIFT — マーカーナッジサイクル

機能・コメント
スモール マーカー モードのオン/オフを切り替えます。
ラージ マーカー モードのオン/オフを切り替えます。
Small Nudge モードのオン/オフを切り替えます。
ラージ ナッジ モードのオン/オフを切り替えます。
マーカーを作成します。 これにより、ラージ マーカー モードに入ることなく、片手でマーカーを作成できます。
サイクルモードを有効/無効にします。
サイクルに切り替え view.
オートパンチモードを有効/無効にします。
パンチに切り替え view.
置換モードをアクティブ化/非アクティブ化します。
メトロノームのクリックを有効/無効にします (再生と録音で別々に)。
内部/外部同期と MMC をアクティブ化/非アクティブ化します。
ソロロック機能を有効/無効にします。
ソロロック機能を有効にします。
シャトル巻き戻し。
前のマーカーに移動します。
選択した値だけ左にナッジします。
サイクル モードをオンにして、左ロケータを再生ヘッドに設定します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

54

ボタン
F.FWD >>
プレイ記録を停止

モディファイヤドロップ
マーカーモード: — ナッジモード: — — MARKER NUDGE CYCLE
DROP
マーカーモード: — ナッジモード: — — — SHIFT —

機能/コメント オートパンチ モードをオンにして、ロケーターにパンチを設定します。
前のマーカーに移動します。
選択した値だけ左にナッジします。 前方にシャトルします。 次のマーカーに移動します。 選択した値だけ右に微調整します。 サイクルモードに入り、右ロケーターを再生ヘッドに設定します。 オートパンチをオンにして、パンチアウトをロケーターに設定します。
前のマーカーに移動します。
選択した値だけ右に微調整します。 停止 再生 一時停止 記録

Logic Pro の Mackie Control カーソルキー
次の表に、カーソル コントロールとその機能の概要を示します。

Mackie コントロール カーソル左/右

変更

機能・コメント

ミキサーなら view:

-

の前/次のパラメータを選択

現在 view.

ZOOM

ウィンドウをページごとに水平にスクロールします。

チャンネル ストリップ EQ の場合、送信 view、またはプラグイン/インストゥルメント・エディット view:

-

現在のエディタ ページを XNUMX つシフトする

のページをご覧ください。

コマンド/ALT

現在のエディター ページを XNUMX つのパラメーターだけシフトします。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

55

Mackie Control カーソルアップ/ダウン ZOOM

変更

機能・コメント

ZOOM

ウィンドウをページごとに水平にスクロールします。

それ以外の場合 (常にナッジ モード):

-

コンピューターのキーボードを模倣する左/右

矢印キー。

ZOOM

ウィンドウをページごとに水平にスクロールします。

ズームモード:

-

水平ズーム レベルを変更します。

SHIFT

現在のトラック (カーソル左) または同じタイプのすべてのトラック (カーソル右) の個々のトラック ズームをリセットします。

Channel Strip EQ で、センド view、またはプラグイン/インストゥルメント エディター view:

-

前/次の EQ バンドの選択、送信、

またはスロットを挿入します。

ZOOM

ウィンドウをページ単位で垂直方向にスクロールします。

それ以外の場合 (常にナッジ モード):

-

コンピューターのキーボードのアップ/ダウンを模倣する

矢印キー。

ZOOM

ウィンドウをページ単位で垂直方向にスクロールします。

ズームモード:

-

垂直方向のズーム レベルを変更します。

SHIFT

現在のトラックの個々のトラック ズームを変更します。

-

デフォルトのカーソルを切り替える

ボタンの動作 (上記参照) および

ズームモード。

SHIFT

デフォルトのカーソル ボタンの動作と、コンピュータ キーボードの矢印キーを永続的に模倣する動作とを切り替えます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

56

Mackie Control Jog/Scrub wheel in Logic Pro
次の表は、ジョグ/スクラブ ホイール コントロールとその機能の概要を示しています。

コントロールジョグホイール

モディファイア — CYCLE

DROP

スクラブボタン

- シフト

関数
再生ヘッドを前後に移動します。
左ロケーターを現在の再生ヘッド位置に設定し、通常どおり再生ヘッドを進めてから、右ロケーターを再生ヘッド位置に設定します。 CYCLE を押したままジョグホイールをさらに回すと、再生ヘッドが進み、右ロケーターが再び設定されます。 ヒント: CYCLE を押しながらジョグホイールを反時計回りに回すと、スキップサイクル範囲が定義されます。
パンチインロケーターを現在の再生ヘッド位置に設定し、通常どおり再生ヘッドを進めてから、パンチアウトロケーターを再生ヘッド位置に設定します。 DROP を押したままジョグホイールをさらに回すと、再生ヘッドが進み、パンチアウトロケーターが再び設定されます。
スクラブ モードを有効/無効にします。
ジョグ ホイールでシャトル モードを有効にします (SCRUB ボタンの LED が点滅します)。

Mackie Logic Pro の外部入力を制御する
次の表に、外部入力コントロールとその機能の概要を示します。

入力 USER SWITCH A USER SWITCH B EXTERNAL CONTROL

修飾子 — — —

機能 再生/停止 録音 マスターボリューム

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

57

M-Audio iControl
オーバーview Logic Pro での M-Audio iControl の
Logic Pro で iControl を使用すると、GarageBand プロジェクトでの作業が簡単になります。 Logic Pro で GarageBand プロジェクトを開くと、iControl を使用して GarageBand と同じように編集できます。 フルアドバンも取れるtagLogic Pro が提供する優れたコントロール、編集、および処理能力の e。 GarageBand よりも Logic Pro の機能が大幅に拡張されているため、一部の iControl ボタンが期待どおりに割り当てられない場合があります。 ただし、[コントローラーの割り当て] ウィンドウで iControl ボタンを簡単に再割り当てできます。 Logic Pro ユーザーガイドを参照してください。 ボリューム、パン、その他のチャンネル ストリップ機能の編集に加えて、iControl を使用すると、Logic Pro で自動化できるプラグインを編集できます。 多くの Logic Pro エフェクトおよびインストゥルメント プラグイン、およびサードパーティ メーカーのプラグインには、多数のパラメータが用意されています。 iControl を使用して、これらの各パラメーターにアクセスできます。 注: 使用しているサードパーティのプラグインが、リモート編集やこのドキュメントに記載されているその他の機能をサポートしていない場合は、プラグインの製造元に連絡して、更新されたバージョンを入手してください。 iControl をコンピュータの USB ポートに接続すると、Logic Pro が自動的にデバイスを検出します。 現在のプロジェクトでいずれかのチャンネルがミュート、ソロ、または録音可能になっている場合、対応するチャンネル ストリップ コントロールの LED が点灯し、チャンネル ストリップの状態を反映します。 サイクル モードがアクティブな場合、点灯している LED もこれを示します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

58

Logic Pro の M-Audio iControl 割り当てボタン
iControl の左側にある [すべてのトラック] および [選択されたトラック] というラベルの付いた領域にあるボタンを使用して、チャンネル ストリップ領域の右端にあるロータリー エンコーダーのさまざまな機能を選択できます。 場合によっては、チャンネル ストリップ領域のコントロールによって、選択ボタンの機能が変わることがあります。
割り当てボタン
· 音量ボタン: 音量ボタンを押して、ロータリー エンコーダー (チャンネル ストリップ領域内) を XNUMX つのアクティブなチャンネルの音量を制御するように割り当てます。 チャンネル ストリップ ボタン (Select、Record Enable、Mute、Solo) は、iControl チャンネル ストリップ コントロールで説明されているように機能します。
· パン ボタン: パン ボタンを押して、アクティブな XNUMX つのチャンネルのパン/バランスを制御するロータリー エンコーダーを割り当てます。 チャンネルストリップボタンの機能はデフォルトのままです。
· トラック情報ボタン: トラック情報ボタンを押してチャンネルを有効にします view。この内 viewでは、選択 (Sel) ボタンとロータリー エンコーダを使用して、選択したチャンネル ストリップのグローバル パラメータを編集できます。 Record Enable、Mute、および Solo ボタンはデフォルトの機能を保持します。
· Sel ボタン 1 ~ 5: 最初の XNUMX つのインサートスロットのバイパス状態を切り替えます。
・Sel ボタン 6 と 7: XNUMX 番目と XNUMX 番目のセンドスロットのバイパス状態を切り替えます。
・Selボタン8:アサインなし
チャネル内 view、各選択ボタンは、それぞれのインサートまたはセンド スロットが有効な場合に点灯し、スロットがバイパスされると消灯します。
· エンコーダー 1: 選択したチャンネルがノイズ ゲート エフェクトのあるオーディオ チャンネル ストリップの場合、ノイズ ゲートのしきい値パラメーターを制御します (選択したチャンネル ストリップに挿入されている場合)。
· エンコーダー 2: 選択したチャンネルがコンプレッサー エフェクトのあるオーディオ チャンネル ストリップの場合、コンプレッサーのレシオを制御します。
注: Encoder 1 と 2 の割り当ては、デフォルトの Noise Gate と Compressor エフェクトが挿入されている GarageBand Real Instrument トラック用に最適化されています。
· エンコーダー 3: 割り当てられていません
· エンコーダー 4: 割り当てられていません
· Encoder 5: チャンネルの Pan ノブをコントロールします。
· エンコーダー 6: チャンネルの最初の送信の送信レベルを制御します。
· エンコーダー 7: チャンネルの XNUMX 番目のセンドのセンド レベルをコントロールします。
· エンコーダー 8: チャンネルのボリューム フェーダーをコントロールします。
· ジェネレーター ボタン: 選択したチャンネル ストリップがソフトウェア音源チャンネル ストリップの場合、ジェネレーター ボタンを押すと、音源のサウンド生成パラメーターを編集するロータリー エンコーダーが割り当てられます。 これらの割り当ては、XNUMX つのパラメーターのグループになっています。 上矢印および下矢印ボタンは、XNUMX つのパラメーターの前または次のページに切り替えます。 選択したチャンネルストリップがソフトウェア音源チャンネルストリップでない場合、ジェネレータボタンを使用しても効果はありません。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

59

· Effect 1 および Effect 2 ボタン: Effect 1 を押して、選択したチャンネル ストリップの 2 番目のインサート スロットのパラメーターを編集するロータリー エンコーダーを割り当てます。 Effect XNUMX を押して、XNUMX 番目のインサート スロットのパラメーターを編集するようにロータリー エンコーダーを割り当てます (XNUMX 番目のインサート スロットが存在する場合)。 上矢印および下矢印ボタンは、パラメーターの前または次のページに切り替えます。
Option を押しながら Effect 1 または Effect 2 ボタンを押すと、インサートスロット 3 と 4 のバイパス状態がそれぞれ切り替わります。
Generator、Effect 1、または Effect 2 ボタンを使用してアクセスするパラメーター ページ間で矢印ボタンを使用して切り替えると、パラメーターは XNUMX つのグループで変化します (最後のページのパラメーターが完全な XNUMX つのグループを作成しない場合を除きます)。 . 例えばampプラグインに 19 個のパラメーターがあり、iControl がパラメーター 1 から 8 を制御している場合:
・上矢印ボタンを押すとパラメータ9~16に移行します。
・もう一度上矢印ボタンを押すとパラメータ12~19に移行します。
· 下矢印ボタンを押すと、パラメータ 9 ~ 16 ではなく、パラメータ 4 ~ 11 に戻ります。
こうすることで、常に、見つけやすく快適なページ位置に戻ることができます。
· EQ ボタン: EQ ボタンを押して、選択したチャンネル ストリップの EQ パラメータを編集します。 選択したチャンネル ストリップに Channel EQ または Linear Phase EQ が挿入されている場合、EQ ボタンを押すと EQ プラグイン ウィンドウが開きます。 選択したチャンネル ストリップに Channel EQ または Linear Phase EQ が存在しない場合は、Channel EQ が自動的に挿入されます。 上向き矢印と下向き矢印ボタンは、次または前のパラメータ ページに切り替えます。
各割り当てボタンには、ミキサーの XNUMX つのモードがあります。 view とチャンネル view– ロータリー エンコーダー (場合によっては [選択] ボタン) が別々のチャンネルを編集するか、同じチャンネルを編集するかを決定します。 詳細については、iControl ミキサーとチャンネルを参照してください。 view.
Logic Pro の M-Audio iControl 矢印ボタン
iControl には 1 つのチャンネル ストリップ用のチャンネル ストリップ コントロールがあり、デフォルトではチャンネル ストリップ 8 ~ 9 です。さらにチャンネル ストリップにアクセスするには、上矢印ボタンを押します。 これにより、チャンネル ストリップ 16 ~ 17 を制御できます。もう一度上矢印ボタンを押すと、チャンネル ストリップ 24 ~ 1 が制御されます。下矢印ボタンを押すと、チャンネル ストリップ 8 ~ XNUMX が制御されます。
矢印ボタンを使用してチャンネル ストリップのグループを切り替えると、チャンネル ストリップの最後のグループが完全な 1 つのグループを形成しない限り、チャンネル ストリップは XNUMX つのグループ (チャンネル ストリップ XNUMX から開始) に従います。 例えばampプロジェクトに 19 個のチャンネル ストリップがあり、iControl がチャンネル ストリップ 1 ~ 8 を制御している場合:
· 上矢印ボタンを押すと、チャンネル ストリップ 9 ~ 16 に移動します。
· 上向き矢印ボタンをもう一度押すと、チャンネル ストリップ 12 ~ 19 に移動します。
· 下矢印ボタンを押すと、チャンネル ストリップ 9 ~ 16 ではなく、チャンネル ストリップ 4 ~ 11 に戻ります。
オプション ボタンを押しながら上矢印ボタンを押すと、プロジェクト内の最初の XNUMX つのチャンネル ストリップにジャンプします。 Option と下矢印ボタンを押して、プロジェクトの最後の XNUMX つのチャンネル ストリップにジャンプします。 例えばampプロジェクトに 64 個のチャンネル ストリップがある場合、OptionArrow Up を押すとチャンネル ストリップ 57 から 64 にジャンプし、OptionArrow Down を押すとチャンネル ストリップ 1 から 8 にジャンプします。
注: Generator、EQ、Effect 1、または Effect 2 ボタンが点灯している場合、上向き矢印ボタンと下向き矢印ボタンの機能は、iControl 割り当てボタンで説明されているとおりです。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

60

Logic Pro の M-Audio iControl チャンネル ストリップ コントロール
iControl の右側には、チャンネル ストリップの編集に使用できる XNUMX 列のコントロールがあります。 各行には、Select、Record Enable、Mute、Solo ボタンとロータリー エンコーダーが含まれています。
チャンネルストリップのコントロール
· 選択ボタン: 押して、チャンネルベースの編集または割り当てコマンドのチャンネルを選択します。 チャンネルが選択されると、ボタンの「Sel」が点灯します。
注: [トラック情報] ボタンが点灯している場合、[選択] ボタンの動作は異なります。 詳細については、iControl 割り当てボタンを参照してください。
· 録音有効化ボタン: 押すと、関連するチャンネル ストリップが録音用に準備されます。 チャンネルが録音用に準備されている場合、ドットが点灯します。 チャンネルの録音を無効にするには、録音有効化ボタンをもう一度押します。
Option ボタンを押したまま任意のチャンネルの Record Enable ボタンを押すと、すべてのチャンネル ストリップが解除されます。
· ミュート ボタン: 押してチャンネルをミュートします。 チャンネル ストリップがミュートされると、スピーカー アイコンが点灯します。 ミュート ボタンをもう一度押すと、チャンネル ストリップのミュートが解除されます。
Option ボタンを押したまま任意のチャンネルの Mute ボタンを押すと、すべてのチャンネル ストリップのミュートが解除されます。
· ソロ ボタン: このボタンを押すと、アプリケーション内の関連付けられたチャンネル ストリップがソロになります。 チャンネル ストリップがソロになると、ヘッドフォン アイコンが点灯します。 ソロ ボタンをもう一度押すと、チャンネル ストリップのソロ モードが終了します。
オプション ボタンを押したまま任意のチャンネルのソロ ボタンを押すと、すべてのチャンネル ストリップが聞こえます (ソロを解除)。
· ロータリー エンコーダー: 各チャンネルには、Solo ボタンの右にあるロータリー エンコーダーがあります。 異なる割り当てボタンを押すと、エンコーダーに割り当てられた機能が変わります。 iControl 割り当てボタンを参照してください。
オプション ボタンを押しながらロータリー エンコーダーを回すと、アクティブな割り当てモードに関係なく、パラメーターの最小値、デフォルト値、および最大値が切り替わります。
M-Audio iControl ミキサーとチャンネル view ロジックプロで
ロータリーエンコーダーは XNUMX 段階で動作します。 views: ミキサー view とチャンネル viewとして指定することができます。 view ロータリーエンコーダー (および場合によっては [選択] ボタン) が複数のチャンネルを編集するか、単一のチャンネルを編集するかを決定します。
・ミキサー view: パンやボリューム (通常はミキサー ウィンドウのセクション) など、XNUMX つのチャンネル ストリップの同じパラメーターにアクセスします。
・チャンネル view: 選択したチャンネル ストリップの XNUMX つのパラメーターにアクセスします。
割り当てボタンの XNUMX つを押して、ミキサーまたはチャンネルにアクセスします。 view. 割り当てボタンの使用方法の詳細については、iControl 割り当てボタンの機能を参照してください。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

61

Logic Pro で M-Audio iControl ジョグホイールを使用する
iControl の左下、トランスポート コントロールのすぐ上にあるジョグ ホイールを使用して、プロジェクトをナビゲートできます。
iControl ジョグ ホイールでナビゲートする · ホイールを右に回すと、再生ヘッドが前方に移動します。 · ホイールを左に回すと、再生ヘッドが後方に移動します。
Logic Pro の M-Audio iControl トランスポート コントロール
iControl の左下隅にあるトランスポート コントロールには、録音、ゼロに戻る、巻き戻し、再生、早送り、サイクルの XNUMX つの大きなボタンがあります。 これらのボタンを使用して、プロジェクトをナビゲートし、さまざまな記録および編集タスクを実行できます。
輸送管理
· 録音ボタン: 押して、現在録音用に準備されているチャンネル ストリップの録音を有効にします。 iControl 割り当てボタンを参照してください。
· Return to Zero ボタン: 押すと、再生ヘッドがプロジェクトの先頭に移動します。 · 巻き戻しボタン: すばやく押すと、再生ヘッドが XNUMX 小節分後方に移動します。 長押し
巻き戻しボタンを使用すると、再生ヘッドが XNUMX 小節ずつ後方に連続的に移動します。 また、Rewind ボタンと Cycle ボタンを同時に押して Cycle モードを有効にし、左のサイクル境界 (左ロケーター) を現在の再生ヘッド位置に設定することもできます。 · 再生/停止ボタン: 押すと、現在の再生ヘッド位置から再生を開始するか、プロジェクトが現在再生中または録音中の場合は再生を停止します。 · 早送りボタン: すばやく押すと、再生ヘッドが XNUMX 小節分進みます。 早送りボタンを押したままにすると、再生ヘッドが XNUMX 小節単位で連続的に前方に移動します。 また、早送りボタンとサイクル ボタンを同時に押してサイクル モードを有効にし、右サイクル境界 (右ロケーター) を現在の再生ヘッド位置に設定することもできます。 · サイクル ボタン: 押して、サイクル モードをオンまたはオフにします。 [巻き戻し] または [早送り] ボタンと [サイクル] ボタンを一緒に使用して、サイクル モードを有効にし、左右のサイクル ロケーターをそれぞれ設定できます。 サイクル モードの iControl ロケータを参照してください。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

62

Logic Pro の M-Audio iControl ロケータとサイクルモード
左右のロケーターは、Logic Pro プロジェクトのセクションをマークするために使用されます。 これらは、ロケーター間でプロジェクトのセクションを繰り返し再生するサイクル機能と組み合わせて使用​​されることがよくあります。
左右のロケーターを設定し、サイクル モードをオンにします。 1. ジョグ ホイールを使用して再生ヘッドを左ロケーターの位置に移動し、
循環および巻き戻しボタン。 2. 次のいずれかを実行します。
· ジョグ ホイールで右ロケーターを設定したい位置に移動し、Cycle ボタンと Fast Forward ボタンを同時に押します。
· サイクル ボタンを押したまま、ジョグ ホイールを使用して右ロケーターを設定する位置に移動し、サイクル ボタンを放します。
・Cycleを押しながらジョグホイールを反時計回り(左)に回すと、スキップサイクルの範囲が定義されます。
Logic Pro の M-Audio iControl マスター フェーダー
iControl のマスター フェーダーを動かして、Logic Pro ミキサーのマスター フェーダーのレベルを設定します。 マスター フェーダーはすべての出力チャンネルのレベルを変更しますが、信号パスでマスター フェーダーより前にあるチャンネルの相対的なレベルには影響しません。 フェーダーを左に動かすとマスター レベルが下がり、右に動かすとマスター レベルが上がります。
iControl の割り当て
オーバーview Logic Pro での M-Audio iControl の割り当て
割り当て表には、各コントロールのすべての割り当てが示されています。割り当てボタンとチャンネル ストリップ コントロールのオプション ボタン、およびジョグ ホイールとトランスポート ボタンのサイクル ボタンがある場合とない場合があります。
· iControl Assignment ボタン機能 · iControl チャンネル ストリップ機能 · iControl ジョグ ホイール機能 · iControl トランスポート機能

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

63

Logic Pro での M-Audio iControl Assignment ボタンの機能
[すべてのトラック] 領域と [選択されたトラック] 領域の割り当てボタンは、チャンネル ストリップ コントロールの動作を定義します。

iControl ボタン ボリューム パン ジェネレーター トラック情報 EQ エフェクト 1 エフェクト 2 オプション

修飾子 — — — — — — — —

上矢印/下矢印

- オプション

機能・コメント
エンコーダーは、チャンネルのレベル フェーダーを制御します。
エンコーダーは、チャンネルのパン/バランス コントロールを制御します。
エンコーダーは、ソフトウェア機器のパラメーターを制御します。
エンコーダーは、チャンネル ストリップのパラメーターを制御します。
エンコーダーは EQ パラメーターを制御します。
エンコーダーはインサート 3 パラメーターを制御します。
エンコーダーは Insert 4 パラメーターを制御します。
他のコントロールの修飾子。 押したままにしておくと、変更されたコントロールは機能をすべてのチャンネル ストリップに適用するか、パラメーターを最小値、デフォルト値、または最大値に設定します。
チャンネル ストリップの数だけフェーダー バンクを左右にシフトします。
フェーダー バンクをプロジェクトのチャンネルの最初または最後のグループにシフトします。

Logic Pro の M-Audio iControl チャンネルストリップ機能
次の表に、チャンネル ストリップのコントロールとその機能の概要を示します。

iControl エンコーダー
レコードの有効化
のみ

修飾子 — オプション — オプション —

機能・コメント
現在選択されているパラメータを変更します。
パラメータを最小値、デフォルト値、または最大値に設定します。
チャンネル ストリップの録音可能ボタンをオンまたはオフにします。
すべてのチャンネル ストリップの録音可能ボタンを無効にします。
チャンネルストリップのソロボタンをオンまたはオフにします。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

64

iControl ミュート選択

モディファイア オプション — オプション —

機能・コメント
すべてのチャンネル ストリップのソロ ボタンを無効にします。
チャンネルストリップのミュートボタンをオンまたはオフにします。
すべてのチャンネル ストリップのミュート ボタンを無効にします。
Channel 以外のチャンネル ストリップを選択します。 view.

Logic Pro での M-Audio iControl ジョグホイールの機能
次の表は、ジョグ ホイール コントロールとその機能の概要を示しています。

iControl ジョグホイール

モディファイア — サイクル

機能・コメント
再生ヘッドを移動します。
左ロケーターを現在の再生ヘッド位置に設定し、通常どおり再生ヘッドを進めてから、右ロケーターを新しい再生ヘッド位置に設定します。 サイクルボタンを押したままジョグホイールをさらに (右に) 回すと、再生ヘッドが進み、右ロケーターの位置がリセットされます。

Logic Pro の M-Audio iControl トランスポート機能
次の表は、トランスポート コントロールとその機能の概要を示しています。

iControl レコード ゼロに戻る 巻き戻し
早送り再生
サイクル

修飾子 — — —
サイクル — —
サイクル —

機能・コメント
USBレコーディング
プロジェクトの先頭に移動します。
再生ヘッドを XNUMX 小節後ろに移動します。 押し続けると、後方にスクロールし続けます。
サイクル機能を有効にし、左ロケーターを再生ヘッド位置に設定します。
再生または停止。
再生ヘッドを XNUMX 小節進めます。 押し続けると、前方にスクロールし続けます。
サイクル機能を有効にし、右ロケーターを再生ヘッド位置に設定します。
サイクル モードのオンとオフを切り替えます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

65

Euphonix デバイス

Logic Pro で Euphonix デバイスを設定する
Logic Pro は、Euphonix が開発した EuCon プロトコルをサポートしています。 このプロトコルにより、MC Pro、System 5-MC、MC Control、MC Mix、または MC Transport と Logic Pro の間の通信が強化されます。
注: Euphonix は 2010 年に Avid に買収されました。EuCon プロトコルを使用する新しいデバイスには、現在 Avid の名前が付いています。
Euphonix デバイスという用語は、Avid または Euphonix ブランドのユニットであるかどうかに関係なく、すべてのデバイスをグループとして説明するときに使用されます。 MC Pro と System 5-MC について話すときは、MC Professional デバイスが使用されます。 Avid または MC Artist デバイスは、Avid Artist シリーズ、MC Mix、MC Transport、および MC Control について話すときに使用されます。 上記の例外については、個々のデバイス名が使用されます。
注: これは、Avid または Euphonix のユーザー ドキュメントの補足であり、Logic Pro に固有の機能の説明に限定されています。 個々のコントロール サーフェスの詳細については、Avid または Euphonix のドキュメントを参照してください。
お使いの Euphonix デバイスによって、セットアップ プロセスは異なります。 Euphonix デバイスを Logic Pro で使用するには、以下の手順に従います。
注: Logic Pro での EuCon サポートは、サポートされている他のコントロール サーフェス デバイスとは異なる方法で機能します。 そのため、Controller Assignments ウィンドウを使用して割り当てを変更することはできません。 パラメータとデバイス機能の使用方法については、Euphonix デバイスに付属のドキュメントを参照してください。 EuCon デバイスが Control Surfaces Setup ウィンドウに表示されません。
MC Professional デバイスを Logic Pro で使用するようにセットアップします。 1. Euphonix のユーザー ドキュメントの説明に従って、デバイスをセットアップします。
2. 最新の EuCon ソフトウェアをコンピュータにインストールします。 (必要に応じて、Euphonix に移動します。 webサイトから最新バージョンをダウンロードしてください。)
注: MC Professional デバイスに EuCon ソフトウェアをインストールするには、MC Pro デバイス用 (EuConMC ソフトウェア) とコンピュータ用 (EuConWS クライアント) の XNUMX つのアプリケーションをインストールする必要があります。 詳細は、Euphonix のユーザー ドキュメントに記載されています。
3. Logic Pro を開きます。
起動画面で、Logic Pro が EuCon を起動中であることがわかります。
4. MC Pro で、コンピュータに関連付けられているワークステーション ボタンを押します。
MC Pro ディスプレイに、「Logic Pro に接続中」進行状況バーが表示されます。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

66

MC Artist デバイスを Logic Pro で使用するようにセットアップします。 1. Euphonix のユーザー ドキュメントの説明に従って、デバイスをセットアップします。 2. 最新の EuCon ソフトウェアをコンピュータにインストールします。 (必要に応じて、Euphonix に移動します。
web3. コンピュータで EuControl アプリケーションを実行した状態で、Logic Pro を開きます。
MC Artist デバイスは自動的にアプリケーションに接続します。
Logic Pro で Euphonix トラックの表示を変更する
デフォルトでは、ミキサーと Euphonix デバイスのディスプレイに表示されるトラックは、ミキサーのアレンジを反映しています。 View. これは、対応するトラック ウィンドウ トラックを含むすべてのチャンネル ストリップが同じ順序で表示されることを意味します。
注: 複数のトラックが同じチャンネル ストリップにルーティングされている冗長トラックにはアクセスできません。
ミキサーの切り替え view 別のモードへ ( view ボタンまたはチャンネル ストリップ フィルター ボタン) は、Euphonix デバイスの表示を更新しません。 ただし、デフォルトの動作をオーバーライドできます。
を切り替える view Euphonix デバイスのチャンネル ストリップの数 [Logic Pro] > [コントロール サーフェス] > [セットアップ] ウィンドウを選択し、チャンネル ストリップを変更します View コントロール サーフェス グループ 1 メニューにあります。
Logic Pro で Euphonix MC Pro ソフトキーの割り当てを設定する
「Logic Pro.xml」アプリケーション セット file– MC Professional デバイスに EuCon ソフトウェアとともにインストール – 多数の便利なソフト キー割り当てを備えています。 これらの割り当てを編集することができます。
MC Professional デバイスでソフト キーの割り当てを変更する EuCon デバイスを Logic Pro に接続した状態で、次の操作を行います。
1. デバイスのソフト キー セクションの右下隅にあるセットアップ ボタンを押します。 2. それぞれのソフトキーを押して選択します。 3. メニューから EuCon コマンドを選択します。 Logic Pro は、次の EuCon コマンドをサポートしています。
· キー コマンド: Logic Pro のすべてのキーボード ショートカット (トランスポート コマンドを除く) がここにあります。 タッチスクリーンは、キー コマンド ウィンドウと同じ階層を使用します。 これらのキーボード ショートカットの多くは、状態 (オン/オフなど) を切り替えます。ample) または値を設定します。 ほとんどの場合、ソフト キーに関するフィードバックも提供されます。 例えばampファイルでは、スコア エディタ ウィンドウが開いているときに、[スコア エディタを開く/閉じる] コマンドに割り当てられたソフト キーが点灯します。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

67

· 左ホイール/右ホイール: ここにあるコマンドを使用すると、左または右のホイールを回したときに特定のアクションを実行するように構成できます。 これには、水平または垂直ズーム、波形ズーム、個々のトラック ズーム、ロケーターの移動、左ロケーターの調整、右ロケーターの調整、パンチ ロケーターの移動、パンチ インまたはパンチ アウト ロケーターの調整、マーカーの移動、マーカーの長さの調整、選択したリージョンまたはイベントのナッジが含まれます。左/右パン (サラウンド X)、フロント/バック パン (サラウンド Y)。
· プロジェクト > マーカー: 開いているプロジェクトで定義されているすべてのマーカーがリストとして表示されます (そのプロジェクトで最初のマーカーを作成した場合にのみ表示されます)。 ソフト キーをマーカーに割り当てると、ソフト キーにマーカー タイトルが表示されますが、これはマーカー タイトルが 1 文字以下である場合に限られます。 XNUMX 文字を超えるマーカー名は、ソフト キー上でマーカー番号 (例: XNUMX) に置き換えられます。ampル)。 これと同じ制限があるため、Logic Pro でマーカーの名前を変更すると、関連付けられているソフト キーの表示も変更されます。 ソフトキーを押すと、再生ヘッドがマーカーの開始点に移動します。 再生ヘッドがマーカー境界内にある間、ソフトキーが点灯します。 マーカーを移動すると、ソフト キーがマーカーから切断されます。
注: マーカー ソフト キーは、プロジェクトではなく、アプリケーション セットの一部です。 マーカーソフトキーを定義した後、ユーザーセットを保存することを忘れないでください。
· トランスポート: トランスポート関連のキー コマンドはすべてここにあります。
Logic ProでEuphonixオートメーションモードを選択する
Euphonix デバイスは、読み取りおよび書き込みオートメーション モードのみをサポートします。 ただし、Logic Pro には、タッチ オートメーション モードとラッチ オートメーション モードも備わっています。 Euphonix デバイスを使用している場合、読み取り/書き込みモードを有効にすると、Logic Pro のタッチモードが有効になります。 これらのデバイスでは、ラッチ モードを有効にすることはできません。
MC Pro でオートメーション モードを選択する Logic Pro で使用する場合:
1. Wave キーと Select キーを同時に押します。
2. タッチスクリーンに表示されるポップアップ メニューから、必要な自動化モードを選択します。 次の中から選択できます。
· Isolate: 自動化モードはオフです。
· 読み取り: Logic Pro で読み取りモードを有効にします。
· 書き込み: Logic Pro で書き込みモードを有効にします。
· 読み取り/書き込み: Logic Pro でタッチ モードを有効にします。
Select キーを使用して、Logic Pro のオートメーション モードを切り替えることもできます。
· 自動化モードを Off または Read に設定すると、Select キーでこれら XNUMX つのモードが切り替わります。
· オートメーション モードを [読み取り] または [タッチ] に設定すると、[選択] キーでこれらのモードが切り替わります。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

68

CM408T チャンネルストリップでオートメーションモードを選択する CM408T が Logic Pro に接続されている場合:
1. Wave キーと Y キーを同時に押します。 使用可能なオートメーション モードは、CM408T ディスプレイのポップアップ メニューに表示されます。
2. チャンネル ストリップのフェーダーを使用して、次のオプションをスクロールします。 · Isolate: オートメーション モードはオフです。 · 読み取り: Logic Pro で読み取りモードを有効にします。 · 書き込み: Logic Pro で書き込みモードを有効にします。 · 読み取り/書き込み: Logic Pro でタッチ モードを有効にします。
3. Y キーを使用して選択を確定するか、N キーを使用して操作をキャンセルします。 注: 書き込みオートメーション モード (タッチ、ラッチ、書き込み) がアクティブな場合 (およびオートメーション パラメーターが [Logic Pro] > [環境設定] > [オートメーション] > [タッチ/ラッチ/書き込み消去] 設定で有効になっている)、赤色の「W」LED が点灯します。 読み取り自動化モードがアクティブな場合、緑色の LED が点灯します。 タッチ モードまたはラッチ モードがアクティブな場合、両方の LED が点灯します。
MC Artist デバイスでオートメーション モードを選択する MC Artist デバイスが Logic Pro に接続されている場合:
1. Shift キーを押したままにします。 2. 選択した自動化モードがディスプレイに表示されるまで、AUTO キーを繰り返し押します。
表示画面。 次の中から選択できます。 · 空白: 自動化モードはオフです。 · 読み取り (r): Logic Pro で読み取りモードを有効にします。 · 書き込み (w): Logic Pro で書き込みモードを有効にします。 · 読み取り/書き込み (rw): Logic Pro でタッチ モードを有効にします。
Logic Pro の Euphonix フェーダーストリップ
フェーダー ストリップの数は Euphonix デバイスごとに異なります。 このセクションでは、Logic Pro の一部のフェーダー ストリップ要素の動作について概説します。
注: このセクションでは、Logic Pro に固有の機能の説明に限定しています。 基本的なフェーダーの動作については、Euphonix のユーザー ドキュメントを参照してください。
· オン キー: オン キーは、Logic Pro の [ミュート] ボタンと同じ機能を提供しますが、予期しない動作をする場合があります。 · On キーが点灯している場合 (Logic Pro のミュート ボタンが点灯していない場合)、トラックはミュートされていません。 · On キーが消灯している場合 (Logic Pro のミュート ボタンが点灯している場合)、トラックはミュートされます。
· L LED: MC Professional デバイスでは、フェーダーによって制御されている Logic Pro チャンネル ストリップがオートメーション グループに属している場合、チャンネル ストリップの L LED が点灯します。
· フェーダーに触れるとトラックが選択される: Logic Pro の「フェーダーに触れるとトラックが選択される」環境設定は、EuCon プロトコルで使用されている Euphonix デバイスには適用されません。 この機能は、デバイスの「フェーダー/ジョイスティックに触れてチャンネルを選択する」または「タッチで選択する」一般設定を使用して、個々のデバイスによって提供されます。 これは Select/Sel キーを押すのと同じです。

Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド

69

Logic Pro での Euphonix デバイスによるプラグインの制御
Logic Pro は、Euphonix の「編集時にワークステーションでプラグインを開く」および「終了時にワークステーションでプラグインを閉じる」環境設定をサポートしています。
開いているプラ​​グイン ウィンドウで [リンク] ボタンが有効になっている場合:
· [編集時にワークステーションでプラグインを開く] は、新しいプラグインが選択されたときに新しいウィンドウを開かず、開いているウィンドウの内容を置き換えます。
· 「終了時にワークステーションのプラグインを閉じる」は何もしません。
開いているプラ​​グイン ウィンドウで [リンク] ボタンが無効になっている場合:
· [編集時にワークステーションでプラグインを開く] を選択すると、新しいプラグイン ウィンドウが開きます。
· [ワークステーションの終了時にプラグインを閉じる] は、プラグイン ウィンドウを閉じます。
Euphonixのノブセット
オーバーview Logic ProのEuphonixノブセットの
Logic Pro で Euphonix デバイスを使用する場合、ノブセットを使用してミキサーのチャンネル ストリップ機能にアクセスし、編集することができます。 ノブセットにはページが含まれており、それぞれが XNUMX つのパラメーターで構成されています。 ノブセットは階層的に編成されています。
最上位のノブセットは、次のノブセットにつながります。
· Inserts: Inserts ノブの上部を押すと、現在挿入されているすべてのエフェクト プラグインが表示されます。

ドキュメント/リソース

Apple 028-00548 Logic Pro のコントロール サーフェス サポート ガイド [pdf]ユーザーガイド
028-00548 コントロール サーフェス サポート ガイド for Logic Pro, 028-00548, コントロール サーフェス サポート ガイド for Logic Pro, サーフェス サポート ガイド for Logic Pro, サポート ガイド for Logic Pro

リファレンス

コメントを書く

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *